タカヤマサイクルホームページ

速いMTB


マウンテンバイク・・・と言えば、

タイヤが太く、車体が丈夫で、山道や凸凹道を走破出来る、ジープみたいな自転車。

IMG_4291(店長の、ストーク・オーガニック号)

 マウンテンバイク(MTB)には、

前後にサスペンションが付いていたり、極端に太いタイヤが付いていたり、

下り専用のダウンヒルバイクや、オールマウンテン、クロスカントリーなど、

何種類ものスタイルとデザインがある。

また、この力強いルックスと性能から、街乗りバイクとして人気があるのも頷ける。

そんな事で、「何がしたいのか?」により、選ぶ機種が違ってくるので、

お悩みの方は、ぜひ、ご相談下さいませ。

 

今日紹介する自転車は、”クロスカントリー用”のMTBです。

IMG_5619

”SCOTT SCALE(スケール)900 ELITE”

カーボンフレーム&大口径29erの、「速いMTB」です。

IMG_5621

斜めに走る、シートステーは、極薄に加工され、

振動吸収性能を高めているのがスバラシイ。

さらに、縦パイプ(イスの下)は、カーブを描き、後方に座れるようになっている。

29インチという大口径バイクは、どうしても、ホイールベースが長くなる傾向があり、

若干、大きく感じたものであるが、

このような、カーブを描く設計をする事で、解決させているのだ。(^<^)

IMG_5622

サスペンションは、ロックショックス”JUDY” エアー式で、100mmトラベルだ。

ロックアウト機構も付く。

 

このスケール900は、”速く走る”が出来る、スーパーマシンなのだ。

29インチという大口径タイヤの為、

加速も、巡航速度も、轍(わだち)越えも、凸凹道の安定性も、

数段上の性能が得られる。

さらに、軽量カーボンフレームと、特殊な設計を持たせた事で、

振動吸収も、乗り易さも、高次元である。

各地で行われている、「MTBクロスカントリーレース」では、

抜群の相性を魅せるだろう。

富士見パノラマスキー場で行われる、”シマノバイカーズ”のようなイベントには、

まさにピッタリのマウンテンバイクである。

イエイエ、決して、”レース専用車”という訳ではありませんヨ。

「速く走れる」・・・つまり、「ラクに、軽く走破できる」という言い方も出来るのだ。

機材スポーツですから、『高性能は、ラクをする為に使う』 という考え方は、

マシンを所有する上で、最も大切なポイントでありますからね。

少なくとも、私はそういう人です。

 

一部の方から、”29er”は、「大き過ぎて扱い難い」と指摘されているが、

それは過去の話。 時は流れ、現在「第3次形態の29er」であるため、

乗ってみれば、性能差の違いに、驚くだろう!

私は、大口径”29er”を、すごくお薦めしたいです。(*^_^*)

 

「そろそろ、MTBを買い替えたいけど・・・」とお考えのあなた。

ぜひ、このスコット・スケール900エリートを、候補の一つに入れて下さい。

 

SCOTT:スケール900 エリート

フレーム:カーボンフレーム

コンポ:シマノ DEORE/XT ミックス 2×11速

販売価格:229.000円

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 臨時休業のお知らせ

 ・2月15日(木) 技術講習会の為、お休みします。

 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。