いざ!霧ヶ峰へ

暑いぜ~!  ついに、夏がやって来たぞ!

IMG_2501

しかし、夏は熱風が・・・空気が淀んでいる・・・うう。(>_<)

そんな時は、涼しい場所でサイクリングをしちゃうのだ。

天空のリゾート”KIRIGAMINE=霧ヶ峰へ、自転車でGO!

IMG_2534

あらためまして。皆様、信州の”霧ヶ峰”・・・行った事ありますか?

空気が美味いんです・・・。同じ信州の諏訪でも、諏訪湖周辺と比べたら違います。

標高が違えば、「ここまでかっ!」と誰もが思う大きな感動です!

ここの空気、そりゃあもう~冷たくて、美味いんです!本当だって!(^<^)

この空気をバンバン吸いながら、運動をする。どー考えたって、気持ちが良いっ!!

そんな事で、ぜひ、霧ヶ峰にサイクリングに出かけて下さい。

山岳サイクリングを張った証として、

冷たいトロフィー(アイスクリーム)とステッカーをプレゼントしますっ!

http://www.takayamacycle.com/?p=7747

アイス

 

さて、この霧ヶ峰高原サイクリングを楽しむ・・・と言っても

実際には、かなりの勇気(チャレンジ心)や体力と時間が必要になる・・・。

だって、山の上だもの。(-_-;) 雲の上だもの・・・

初心者や、勢いだけでは、ちょっと無理かもしれない。これが本当だよね。(^_^;)

「それでも行くんだ!」と考えた場合、3つの選択(手段)がある。

①住んでいる家から霧ヶ峰を目指して走る。(地元の人が多いかな?)

②諏訪湖周辺から、霧ヶ峰を目指す。(遠方、観光の方々など)

③霧ヶ峰の近くまで、別の何か(バス、クルマ)で移動し、その地点から走る。

達成感を一番に望むならば、①か②でしょう~。

私(店長)ていどの体力でも、2時間あれば、なんとか行けますので、

(参考コース http://www.takayamacycle.com/?p=1002 )

初めての方でも、3~4時間のサイクリングタイムで、ゴール出来ます。

霧ヶ峰お薦め情報 http://www.takayamacycle.com/?p=6199

 

しかし、今は「霧ヶ峰を自転車で走行する!」という行為を夢見ている人は、

③の方法が良いでしょう~。

例えば、

蓼の海から、霧ヶ峰を目指す・・・とか、

白樺湖や車山からとか、八島湿原から・・・というものでも、良いのです。

高原サイクリングの醍醐味は、非日常空間の面白さだ。

14011004_2

スカイブルーの下でニッコウキスゲを見ながら、ペダルを回す事・・・。

美しい景色を見ながら、写真を撮ったり、虫を捕まえたり・・・。

クルマじゃ出来ない楽しみが、自転車にはあるのだ。

カップルや家族で高原サイクリングを楽しむ・・・

たとえ、15分程度だっていい。新鮮さが違います。

もちろん、諏訪湖周辺から上って来る(行く)挑戦者やファイター達の情熱には、

感銘を受けるし、憧れも抱くし、明日の自分がそうありたいと願うのだが、

まずは、「高原に行き、霧ヶ峰を走った!」これを一打としませんか?

私は、初心者の味方です。心から応援します。

 

ご提案!こんなモデル(コース)はどうでしょうか。

朝、輪行袋に自転車を包み、上諏訪駅発のバスに乗る・・・

霧ヶ峰へ向かう途中にあるバス亭(大曲)で下車。

自転車を組み立てて、いざ出発!(サイクリング~ヤッホ~)

青空には、白いグライダーが飛んでいる・・・空気も美味い!

霧ヶ峰を通過し、車山に向かうのだ。ビーナスラインを爽快に走る!

ペンション街のテラスにて、アイスハーブティーを飲む・・・。

リゾートを満喫するのさ。(笑) さて、再出発。

白樺湖から、女神湖へヒルクライムを楽しもう!

リスやタヌキが道路を横断したりして、ちょっぴりドキドキ。

女神湖のショップで、彼女への土産を買うのだ。

小さな木彫りのお守りが良いかな?

もう一度、白樺湖へ戻り、今度は茅野市を目指す。

長いダウンヒルは汗を吹き飛ばします。

よし、今から諏訪湖の日帰り温泉にて、疲れを癒し、

その後は、美味い蕎麦を食べよう・・・。

こうして、夏の一日を満喫するのであった。

 

「霧ヶ峰へ向かう

天空のサイクリングロード

100人チャレンジ!」

参加証(アイスクリーム・チケット)配布中です。

お気軽に声をかけて下さいませ。

アイスのプレゼント!

 

じゃじゃ~ン♪

今年もやります。

   真夏のアイスプレゼント。

アイス

 

「霧ヶ峰に自転車で登って、上手いアイスを食べよう~!」

と提案したのが昨年の事・・・。タカヤマサイクルの思い付きでやったのだが、

今年は 規模が大きくなって、

主催者が”諏訪魅力UP委員会”様となりました。

 

♪じゃーん! (今年のタイトル)

「霧ヶ峰へ向かう

天空のサイクリングロード

100人チャレンジ!」

IMG_2533

 ゴール地点では、美味しいアイスと登頂証明証(ステッカー)がプレゼントされます。

有効期間も長くなりました。(約1カ月間)

夏休みや帰省などで諏訪地方に来られる皆様、

ぜひ、”自然のクーラー”が効いている、霧ヶ峰へ行ってみませんか!?

さわやかな汗をかいて、サイクリングをしましょう!

 

さて、7月26日(日)は、”信州山の日”です。(知ってた?)

山と言えば、やはり霧ヶ峰! この山の日に、

「なんと、100人の自転車愛好者が”霧ヶ峰”に集結!」

「聖地に夢とロマンを描き、銀輪の風をなびかせ全国から訪れる。」

・・・な~んて、勝手に妄想してみましたが、なかなか都合もつかないのが、

現実である。(-_-;)

そこで、

”夏は、いつでも信州山の日” 

100人以上のサイクリング愛好者が走る。

これを目標にしたいと思います。どうぞ、よろしく。(*^_^*)

(霧ヶ峰ビーナスライン地図  http://www.venus-line.net/pdf/kiri_map.pdf

 

皆さんもご存じのように、

霧ヶ峰はスポーツ自転車で走るコースとしては、最高の条件が整っています。

路面、傾斜、交通量、リゾート性、それに、夏は涼しい。

その、夏の避暑地の代表”霧ヶ峰”に向かう山道を、

自分にムチ打って、”大汗”かいて、照り付ける太陽の下、我武者羅に走る姿は、

誰が何と言おうと、 「・・・カッコイイ!」のである。

その姿を、クルマで来ている観光客の皆様に見ていただきたいし、

いやいや、走る事が魅力である事を知っていただきたいと思うのです。

霧ヶ峰を走る。目指す。それを観光と娯楽の目的にしても良いのではないか、

さらに、願うところは、

この霧ヶ峰が、サイクリングの聖地になればと考えています・・・。

「全国の皆さんが、頭の隅で、霧ヶ峰に行くのが夢だ・・・」となれば最高です。

いえいえ、決して難しい事ではありません。

皆様が、走っていただくだけで、良いのです。

走れば、「足跡と足音」が残ります・・・。情熱も残ります。

そこです!そこを大事にしたいのです。

地元のスポーツ自転車愛好者様。遠方の自転車愛好者様。

諏訪が好きな、自転車愛好者の皆様。

ぜひ、一緒に盛り上げていきましょう。

よろしくお願い致します。

IMG_2534

話を元に戻して、

今年はアイスチケットを、2店舗で受け取ることが可能になりました。

①諏訪市にある、”ウエハラ・サイクル”と

 http://www.ueharacycle.com/

②岡谷市にある、タカヤマサイクル(当店)です。

”地域”や”販売店”や”チーム”など、一切関係ありません。

「霧ヶ峰の熱い思いと、日本一美味いソフトクリームを食べたい人」は、

ぜひ、ご来店いただき、

「100人チャレンジの”参加証”を下さい」と言ってね。

もしくは

「”霧ヶ峰ビーナス”のソフト券下さいな!」でもOKです。

条件は、

①自転車で行く事。

②交通安全と、法規、ルールを守る事。

③8月16日まで有効 ※期間が短いので要注意!)

 

teian-5-kirigamine-servis1-300x225

以前にも、このブログで紹介しましたが、

霧ヶ峰の”ビーナス”という売店で販売されているソフトクリームは美味いのです!

特に、”かりんソフト”は、酸味が効いて、

自転車乗りには嬉しい「もてなし」である。

ビーナスさんでは、”自家製のかりんエキス”に、ヨーグルトを加えて、

”酸味”と”美味さ”と”食感”をバランスよく配合しています。

(あの♪シャリシャリ感は、渇いた喉に、染み込むね~~~。)

とにかく、ソフトクリームの職人が

こだわって、こだわって・・・こだわって作ったスーパーソフトクリームです。

大盛りもOK! トッピングもOK!

かりん、ミルク、ミックス、限定スペシャル、どれでもOKです!

今年も皆さんに、大いに振る舞いますっ!ご期待下さいませ。

  アイス

信州の夏を、美味い空気を、そしてソフトクリームを

”最高の条件”で味わってみませんか。

さらに、今回は、

登頂証明証(ステッカー)もプレゼント!

 

002

時々、自分の影と、対話をしましょう・・・。

「おい、お前、頑張っているのか・・・?」

『ふん。頑張ってなんかいねえよ。ただ、楽しんでいるだけさ・・・』

アゴから落ちた、大きな汗が、焼けたアスファルトに沁みて行くのが、心地よい・・・。

 

014

店長お薦めコースにて、天空の避暑地”霧ヶ峰”を目指してみませんか?

 

012

蓼の海から望む・・・。「・・・行くぜっ!」

ここ、お薦めです!

 

店長の『早朝・ふらふらサイクリング』。

場所は決めずに気が向くまま・・・なのですが、

結局は、いつもの場所に行ってしまうのだな。「がははは」(笑)

飽きないのかって? ぜ~んぜん。  楽しくて仕方がありません。

IMG_1819

諏訪湖を望むのだ。 街灯が良い雰囲気なんだよね~(諏訪市上川大橋にて)

IMG_1785

カモさんが、泳いでいます。

「さあ、みんな~あの太陽に向かって行くぞっ!オレに付いて来いっ ガ~ガ~」

IMG_1781

ここは、岡谷市の湖畔公園です。この湖の畔(ほとり)が良いんですよ。

お薦め:その1(公園の一番隅っこ)

IMG_1780

何でも無いような、小川ですけど雰囲気が良いんですよ~。

それもそのはず・・・

IMG_1775

この場所は、

”サギノー・チップワ・インディアン・トライブ”の「日の出の儀式」の地です。

皆さん、ここ知ってましたか??

 

アメリカ合衆国ミシガン州”マウントプレザント市”と、”岡谷市”は海外姉妹都市である。

両市の更なる発展を願い、文化交流の一環として行われたイベント地なのだ。

なんでも、

2002年11月2日の早朝~11月5日の日没までの4日間を通して、

サギノー・チップワ 部族の伝統儀式である

「日の出の儀式」や「パイプの儀式」が日本で初めて行われた場所だそうです。

※(サギノー・チップワ・インディアン・トライブはアメリカ先住民です)

という事です・・・。

 

朝陽(朝日)が登る時に、ぜひ見に行って下さい。なかなか良いですぞ。

※碑がありますから、すぐに解ると思います。

IMG_1783

そのまま、諏訪湖を眺めながら、水門へ向かって走ります。芝生と、小石の道です。

(店長は、ロードレーサーでそのまま走ってます。ガタガタだけど、気にしなーい!)

IMG_1789

水門に近い場所です。このベンチ、ここが好きなんです。

お薦め:その2(石で出来た湖畔のベンチ)

IMG_1788

このベンチに座って、の~んびりして下さい。

もっとも水辺に近いところのベンチ。水が押し寄せる音♪が、心地良いです。

ちょっと「もの思いにふける時」なんて、最高です。

夕暮れ時は、特に良いです。ゆっくりと太陽が落ちて行くのを見ると、感動するぞ!

上の遊歩道からは、ちょっと見えない場所にあるっていうのも…イイね!(*^_^*)

 

IMG_1790

店長は、勝手気ままに、好きな所に身を置く為に、自転車を走らせています。

自転車に乗る面白味は、そこだと私は思っています・・・。

皆様はいかがでしょうか?

 

仕事柄、「どこを、どう走れば楽しいのか?」・・・と聞かれる事が多いです。

「好き勝手に走る事が目的」という私から見ると、

その質問には、答える事が難しいです・・・。

皆さんも、その辺りのことは、何となく解っているけど

漠然と大き過ぎて、判らないんでしょうね・・・。

 

競技やイベントに参加する為に・・・とか、

”弱虫ペダル”に出て来る●●●君のように走りたいとか、

そういう目標みたいなものはあっても、

結局のところ、楽しみに出会えて無い人って、多いかもしれません。

「形から入る」からダメだ・・・という事でしょうか?

 

いえいえ、それだって良いんです。きっかけなんて、そんなもんですよ。

意味だとか意義だとか、そんなもの必要無いですね・・・まったく。

楽しみが何であるかは、十人十色。なんだっていい。

ただ、一つ提案させていただくならば、

あなたの好きな場所に、行ってみませんか?

 

A「ここの、どこが好きなの?」

B『いや、何となく、好きだから・・・』

A「意味解んな~い」

B『そっか、そうかそうか、あははは・・・』

 

それで良いんだと思います。(^_-)-☆

好きな場所に、好きな自転車で行けたら、それはもう、最高ですよね。

 

皆様の自転車のある生活を応援します。

 

 

 

 

アイスを目指して・・・

アイスを目指して、山道に挑戦します!

この冷たくて、美味しいものを手に入れる為に、頑張ります・・・。

 

もう乗れない。その時は押す・・・降りて、押す・・・。

「もう~やだよぉ~~」って言っていそうだな~(>_<)

この気持ち、解ります。うん・・・。「・・・頑張れ!」

 

そもそも、山道サイクリングって、ラクじゃないんだよ。

「登り坂が好きっ!」とか、「ヒルクライムが好き!」って人の方が普通じゃないんだ。

(ここで、何が普通で、普通じゃないのか?は、スルーします)

全部、乗れなくて良いんだよ。疲れたり、辛かったら、押せばいいんだっ!うん。

店長の薦める”山道サイクリング”は、降りて押す事も、休憩する事も正しい走り方です。

タイム(時間)なんて、それこそ、どーでも良いただの結果だ。

2時間で行く人も居れば、6時間で行く人も居る。

1回目は、途中で挫折したけど、5回目でやっとゴールした人も居る。

去年は無理だったけど、今年は行けた!という人も居る。

そんなもんだよ。

走った人は、みな同じ気持ちになる・・・・

「やったぜっ!」\(^o^)/

その時の”トロフィー”が、このアイスってわけさ!

初めて登った人から「美味さを通り越して、涙が出ちゃた」という感想をいただきました。

 

引き続き、無料交換券をお配りしています。ぜひ、ご利用下さい。

「”霧ヶ峰ビーナス”のソフト券下さいな!」と言って下さいね。

真夏のプレゼントです

タカヤマサイクルから、自転車愛好家の皆様へ

この夏

ちょっとしたプレゼントをしま~すっ!

夏と言えば・・・暑い。(そりゃ、そうだっ!)

だから、日本で一番美味いアイスクリーム(ソフトクリーム)を食べましょう!

・・・題して、

この夏、

一番美味しいソフトクリームを、

”霧ヶ峰”で食べよう~!」

 

店長が、大好きな ”霧ヶ峰”・・・。

スポーツ自転車で走るコースとしては、最高の条件が整っているのだ。

路面、傾斜、交通量、リゾート性、それに、夏は涼しい~。

その、夏の避暑地の代表”霧ヶ峰”に向かう山道を、

自分にムチ打って、”大汗”かいて、照り付ける太陽の下で我武者羅に走る姿は、

誰が何と言おうと、 「・・・カッコイイ!」のである。

 

私はそんな、皆様に、心からのプレゼントをしたい・・・。

それは、「走った後の、美味いアイスっ!」

自ら汗かいて、熱くなって、・・・そんな体でアイスを食べる。

それって「最高ぉ~!」

以前にも、このブログで紹介したが、

霧ヶ峰の”ビーナス”という売店で販売されているソフトクリームは美味い!

 

特に、”かりんソフト”は、酸味が効いて、

自転車乗りには嬉しい「おもてなし」である。

 

その美味いソフトクリームを、

タカヤマが無料で提供致します!

 

ビーナスさんでは、”自家製のかりんエキス”に、ヨーグルトを加えて、

”酸味”と”美味さ”と”食感”をバランスよく配合しています。

(あの♪シャリシャリ感は、渇いた喉に、染み込むね~~~。)

とにかく、ソフトクリームの職人が

こだわって、こだわって・・・こだわって作ったスーパーソフトクリームです。

大盛りもOK! トッピングもOK!

かりん、ミルク、ミックス、限定スペシャル、どれでもOKです!

「タカヤマサイクル & 霧ヶ峰ビーナス」が皆さんに、大いに振る舞いますっ!

 

地元の自転車愛好家の皆様・・・

都会や、遠方の自転車愛好家の皆様・・・

この夏は、”霧ヶ峰”を、自転車で目指して(乗って)みませんか!?

安全で、素晴らしいコースを、タカヤマサイクルが、ご提案いたします!

信州諏訪へサイクリングに来られるサイクリストの皆様。

また、この地へ帰省される皆様。

ぜひ当店に立ち寄り下さい。

 

いえいえ、

決して「ご褒美がソフトクリーム・・・」なんて言う、

安易な”目の前の欲”で、吊るつもりはありません。

ビーナスさんのアイスが(ソフトクリームが)美味いから・・・、

それを、皆さんに、

”最高の条件”で食べてもらいたいのです。

 

”ソフトクリームの交換券”は、タカヤマサイクルの店頭にて、お渡しいたします。

”地域”や”販売店”や”チーム”など、一切関係ありません。

「霧ヶ峰の、日本一美味いソフトクリームを食べたい人」は、

ぜひ、当店にご来店いただき、

「”霧ヶ峰ビーナス”のソフト券下さいな!」と言って下さい。

条件は、

①自転車で行く事。

②交通安全と、法規、ルールを守る事。

③8月17日まで有効 ※期間が短いので要注意!)

皆さんの、霧ヶ峰への思いと気持ち、お待ちしております。

http://hotel.ikenotaira-resort.co.jp/kirigamine/

 

※当店は、”信州ファンクラブ”の特典提供施設に登録しており、

http://www.nagano-tabi.net/rakuen/

「諏訪の楽しいサイクリングコース紹介」がその仕事(特典)です。

特に”夏の霧ヶ峰”は、非常にお薦めのサイクリングコースで、

いままで紹介した方からは、喜びの声を多く頂戴しております。

また、霧ヶ峰に到着し、食べたソフトクリームの感動話も良く聞きます。

走った感動は、全身で感じればもっと嬉しいはず!

アイスの冷たさは、自身への最高のプレゼントではないか?

と、思いビーナス様の協力のもと、この企画を立ち上げさせていただきました。

その他、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

素晴らしい景色、美味い空気、美味いアイスで、皆さんを感動させます。