Eバイク入荷

コラテック(ドイツ)のEバイクが入荷しました。

MTB型の最先端の電動アシストスポーツ自転車です。

バッテリーは、フレーム内部に搭載される「インチューブ型」を採用。

外観はスッキリし、かなりスタイリッシュですね。!(^^)!

モーターユニットは、ボッシュ(BOSCH)。

小型で高性能なパワーユニットです。Performance Line CX

モーターの力(アシスト力)を四段階(ECO/TOUR/EMTB/TURBO)に切り替えが出来ます。

最も力強く、暴力的な加速を誇るのが、このTURBOモード。

急斜面の上りでは、サドルからお尻が滑り落ちるほど、

「ギュンッ」と加速します。この感覚は実にオモシロいです。!(^^)!

自分に限らず、Eバイクを買ったなら、ハイパワーを使って走りたいのが本音だと思う。

そもそも力を弱くして走るのはダルい感じがしてツマラナイ。

どうせなら元気よく走るTURBOで良いじゃんっ!と思うし、

Eバイクは強い力こそ魅力的というものですよね。

そして、特記したいのがこれ。EMTB”

搭載されているモーターユニット(Performance Line CX)の大きな特徴として、アシストモードにEMTBがある事。

これは特別な走行モードで、

各アシストモード(ECO/TOUR/TURBO)のような一律のアシスト力ではなく

ライダーの踏力に応じた最適なアシスト力を提供する為に用意された、究極の走行を実現するスペシャルモードです。

往来Eバイクの苦手とする、滑る斜面や、狭いスペースでの折り返しなどでも、意のままにバイクをコントロールできるのだ。

実際に、電動マウンテンバイク(メーカー問わず)に乗った事のあるライダーならば、経験したことがあるだろう…。

オフロード(シングルトラックなど)の、鋭角な登りコーナーを回ろうとする時には、

往来のEバイクではペダルを踏みこむと、「ブワ~ッ!」っと想像以上のパワーが出てしまい、

結果、外に膨らみ、狙ったタイヤライン(コース)を描けない事があり「おっとっと…」となります。

また濡れた落ち葉や、泥道走行時はタイヤが滑り易く、パワー伝達が上手に出来ません。

その為、走行中にアシストモードを、ECOやTOUR(弱)にしてモーターの力を抑え、

直進時や乾いた路面では改めてTOURやTURBO(強)に戻したりと、切り替え作業が忙しい思いをしておりました。※(店長経験談)

それが、この新機能のEMTBの誕生により、この辺りの悩みが解消されたという訳だ。

先日、このユニットを搭載したバイクに乗る機会があったので、ご報告します。

まず思ったのが「全てこのEMTBモードで良いのではないか??」と思うほど優秀だったこと。

街中では、「走って止まって、また走って、また止まって、人を避けて、Uターンして…」この繰り返しとなる。

人や生活と共存する(交差点、信号、歩行者、看板、急な工事個所、クルマなど、)街中では、無駄な加速とコントロールのシビアさは、いささか問題だ。

だから、普通にラクに走れることこそ、性能が高いと言える。

その筋から見ると(考えると)このEMTBモードは良い。

Eバイクに慣れている自分でも、普段「おっとっと」となる事はあるが、

このEMTBモード時ではそれが一度も無かった…。

「それじゃ、ダルい走りなのか?」と言えば、そうじゃない。

しかも、そこそこの加速感もあり、その演出効果?も実にヒューマンだ。

オフロード走行もやってみた。

試した道は人工的に作られたスキルアップコースの為、いつもと勝手は違ったが、連続するカーブや適度なバンクでも、普通のMTBのように走行できた。

Eバイクにおいて、「この普通に…」の感覚は大事で、モードの切り替えをせずに走れることは、実に喜ばしいのです。

これはEMTBモードにある、ライダーの踏力の強弱に応じて、最適なアシスト力を自動で提供してくれている機能が働いている為だと言えるだろう。

その結果として、ペダルを漕ぐこと(乗ること)に集中できたし、

上り返しの急な坂があっても、ガンっと踏み込めば、TURBO同等の力を発揮してくれるため、

MTBにおいて楽しいだけでなく、Eバイクとしての魅力は増していくばかりだ

そのような事から、「EMTBモード、これだけで良いのでは?」と思いました。

もちろん

アスファルトの坂道だけで言えば、TURBOモードのギュンギュンとした加速はヤンチャでオモシロいし、

オンオフ限らず、一気に駆け上がりたい上り坂では、TURBOパワーが炸裂し、実に愉快で快感だ。

ジャリジャリ♪と、ホイールスピンしながら登るのは、逞しく、ワイルドな優越感がありました。

以上、実際に乗った感想でした。( `ー´)ノ

話は変わって、

メーカー出荷段階では、ケーブルの通し方、長さもグチャグチャです…。

このコラテックも同じく、醜い状態です…。

これを、そのまま販売しても、「そういうもの」として、何も問題は無いし、咎められませんでしょうけれど、私(店長)は大嫌いです。

Eバイクの場合、特に内装するバッテリー(インチューブ型)の場合、

様々な部品を外す必要もある事から、簡単には出来ませんし、正直なかなかややこしい事が多いのです…。それでも、やります。


ジャ~ン♪ どうですか。通し方を変え、長さをそろえると、

ここまでスッキリ、カッコ良くなるのです。!(^^)!

私はカッコイイ自転車を、さらにカッコ良くする事にこだわりたいですね。

自転車の持つ最大の能力を引き出す。それがタカヤマサイクル・スピリット

回転部分、ブレーキ性能、変速性能、バッテリーの装着感etc…全てです。

 

しかし、昨今こんな事柄は、技術とは言わないし、ただの自己満足…として、笑わそうですね。(-_-;)

こだわりは小さなことばかりで、言わなければ気が付かず、評価もされず、だれの目にも止まらないでしょう…。

けれど、こういう所が、専門店である本来の良さとセンスだと思いますし、私はここを永遠に貫きたいです。

コラテック Eバイク すごく良く出来た自転車です。

良く出来た自転車だからこそ、もっと良くして差し上げたいのです。

Bosch Performance Line CX”EMTB”モードは、現在MTBにしか採用されておりません。

クロスやロードにも有っても良さそうなものですが、まずはMTBからという事でしょう。

似たような機構では、パナソニックなど他社にもありますし、

各社その性能を発揮するために、様々なアイデアを投入しており、接戦状態です。

どれが一番なのか?は、なかなか答えが出ませんが、

進化したBoschユニットは、とても優れたものですので、ぜひ興味をお持ちいただけたら幸いです。

 

コラテック E-POWER X VERT CX

販売価格:528.000円(税込み)

http://www.corratec-bikes.jp/corner711060/detail/2023_CORRATEC_E-POWER-X-VERT-CX.html

BMX

BMXが入荷しました。

GT(アメリカ)のSLAMMER(スラマー)です。

このピンクっぽいカラー※メルカド(ラズベリー)がお洒落ですな。

従来(以前)のGTスラマーと言えば、ハンドルがクルクル回るジャイロシステムが付いていたが、

今季のモデルはそれが無くなり、ノーマルのブレーキに変わりました。

しかし、ジャイロを希望されるライダーの為に、後からでも簡単に付けられるように専用のネジ山が用意されているので安心して下さい。

拡張性(発展性)があるのは良い事ですし、これはありがたいですね。

クランクはクロモリ製3ピース。170mm。

ギヤ歯数は25T。(リアギヤは9T)

この溶接個所がカッコいい~!(*’▽’)

焦げ目を生かして塗装をするのが粋で良いですね~!

改めまして、GTスラマーの説明です。

どんなパフォーマンスにも対応する応答性と耐久性を持つ優等生で、

フリースタイルBMX入門機が、このスラマーだ。

フレームは、コストパフォーマンスに優れて耐久性の高い、ハイテンスチール素材を使用。転倒時の変形?を防止します。

ハンドルは、しなやかなスチール製2ピースハンドルを採用し、空中から着地する時などには、大きな衝撃を逃がし、腕の疲労を軽減するのだ。車体に合わせた色使いもスタイリッシュでクールです!

ハンドルをクルクル回したいライダーには、ジャイロシステムを後から付けられる親切な設計もGOOD~!👍

荒っぽい扱いでもメンテナンスも気にせず走る、遊ぶだけに徹していけるのも、良いですね。

さあ!この冬はBMXにチャレンジだ。

廃材などでジャンプ台を作って、バビュ~ンと飛んで、空中の浮遊感を味わうのも楽しい~楽しい~っ!

めちゃくちゃに、思い切り遊んでみようぜ~!

GT:SLAMMER

カラー:2色 ラズベリー(メルカド)/ガン(コンウエイ)

販売価格:55.000円

試乗会(DAVOS)

寒い毎日ですが、皆様お元気ですか?

季節柄、「外に出て活発で愉快なサイクリングを~」とはいかないですが、

冬の匂いもまた乙なものですし、私は大好きです。(^_-)-☆

皆様もぜひ、寒さ対策をして、外に飛び出し、この冬の味をお楽しみ下さいませ。

さあ!今日も元気にまいりましょう~。

さて、本日のお話はこちら。

ダボス=グラベル風バイクの、試乗会を行います。

場所:タカヤマサイクル店頭

期間:本日~12月18日()まで

料金:無料

 

DAVOS スポルティーフ D-309 NEO・SPORTIF

試乗車1号機 フレームサイズは520mm(M)

シマノ105(DI2) にカーボンホイールを装着。

50mmハイトのセミディープホイールが存在感を大きくしますね。

タイヤはIRC ボウケン・プラス 32㎜幅

バッグも、こんな感じに付いてます。

試乗車2号機 フレームサイズ490mm(s)もあります。

同じく、新型105(DI2)が付いてます。

同じくカーボンホイールが付いてます。こちらは35mmハイト

タイヤはパナレーサー グラベルキング 32㎜幅

105・DI2の性能を味わいながら、

高品質のカーボンバイクのポテンシャルをお楽しみください。

試乗は当店の周辺(ご提案コース)だけではなく、お客様のホームコースに持ち込んでいただいても結構です。

ぜひ、短い期間ではありますが、この機会に試乗してみて下さい。

購入を考えている方も、全く考えていない方もOKです!

まずは、乗ってみる…そして何かを感じていただけたら、幸いです。

皆様のご来店とご試乗を、お待ちしております。

※この自転車は、メーカー様より試乗会用にお借りしました。

その為、~18日)までの短い期間となります。ご了承下さい。

さあ!今期の冬も、元気にまいりましょう!

Jr・MTB

ハロウィン🎃ですね…。

この”ハロウィン”を調べると、なにやらヨーロッパ発祥のもので、

「秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするとともに、悪霊を追い払う祭り。」という事です…。

店長世代には、ハロウィン🎃という行事には、馴染みが無いので、個人的には特別な気持ちは入りませんが、「世の中が明るくなる」という意味では、盛り上がりますし、大歓迎です。

「👻オバケが出て来て大騒ぎ~」っていうのは、浮かれた感じがして、好きです。

文化的な事はともかく、秋の一大行事として、キレイに定着すると良いですね。

それでは今日も明るく、愉快にまいりましょう!

さて、今日紹介するのは、こちら。

MongooseのジュニアMTB

24インチの本格的なマウンテンバイクです。

販売価格は、38500円。

ワイヤー引きのリムブレーキ=Vブレーキが付く。

フレーム素材はアルミ。サイズは300mm(C-T)

低重心で、子供が乗り易い設計は、運動性能抜群です!!

変速機は、グリップシフト。3×7変速。

Mongooseジュニアは、前3段ギヤ仕様。

フロントサスペンションが付いた、本格的なJr・MTB。

3×7段=21段ギヤを使って、ガンガン走れちゃうぞ!

イベントやレースに参加したり、お父さんと山道を走るにはBESTなマシンだ。

しかも、買い易い金額っていうのも、嬉しいですね。

ぜひ、現物を見て下さい。貴方のお子様に、きっと似合うと思います。

ご来店、お待ちしております。

 

マングース:ロッカダイル24

カラー:2色 ブラック グリーン

販売価格38500円

 

驚くほど、急激に寒くなりました。

皆様、お風邪などひかないように、お過ごし下さいませ。

暖かくして、今年の秋を楽しんでまいりましょう~!

入荷情報

今日は20日。気が付けば、10月も半分過ぎてました。あれれ!?って感じです。

外を見れば、すっかり秋の景色です。じっくり眺めて、楽しんでまいりましょう~。

本日は、入荷商品情報です。

MKS ALLWAYS(オールウェイズ) ブラック

ず~っと品切れしておりましたが、やっと入荷しました。(7920円)

MKS RAMBDA(ラムダ) シルバー(5720円)

回転部(軸)が、気持ち良いくらいクルクル回ります。

個性的なデザインも、GOODです!👍👍👍

クロモリロードや、クラシックなMTBには、見事に決まるぞっ!

サイクルコンピューター各種

お薦めのブライトンキャットアイ(GPS)あります。

「う~ん…何を選んで良いのかな~?」という方、ぜひご相談下さい。

ご安心下さい。とても簡単に使える、新時代コンピューターですから~。

その他、各完成車も、続々と入荷中です。

ぜひ、ご来店いただき、実車を見ていただきたいと思います。

AM8時~PM8時まで、エネルギッシュに営業中です。(^_-)-☆👍

さあ、秋の空気を纏いに、外にお出かけしましょう~!

「リンりんリン~♪」🚴

しばらく寒い日が続きそうです。

お風邪などひかないように、お気を付けくださいませ。