FIZIK

FIZIKのバーテープ。今年は大きくモデルチェンジしましたね。

種類もカラーも、豊富になり過ぎて、「何を選べば良いのか?」解らなくなった・・・。

”悩ませる事”を、”選ぶ楽しさ”というエンターテイメントだと考えれば、

これは正しい進化と変化ですけど、表現の仕方も難しくて、頭ゴチャゴチャ・・・。(>_<)

そんな皆様に、FIZIKバーテープの選び方をお伝え致します。

 

①シリーズ ~~~~~~~~~~~~~~ 

VENTO(ベント):競技用

特徴=軽量で究極のコントロール性を提供するレーシングバーテープ。

TENPO(テンポ):競技&ツーリング

特徴=高い耐久性で、どんな用途にも対応するオールマイティな性能。

TERRA(テラ):グラベル&MTB

特徴=グラベルロード向けにデザインされたバーテープ。

 

②テクノロジー(機能性) ~~~~~~~~~~~~~~~

MICROTEX(マイクロテックス)2.0mm

鋭いハンドリングと、コントロールの為に、最も薄く巻けるテープ

SOLOCUCH(ソロカッシュ)2.7mm

重量増加にならず、ロングライドへの快適性を追求したテープ

BONDCUCH(ボンドカッシュ)3.0mm

マイクロテックスに衝撃緩和材料(ポリマーパッド)を重ね入れた(接着した)もの。

快適性、耐久性、多用途性に優れ、あらゆる状況下でも使えるテープ

(※”カッシュ”とは”クッション”と思っていただけたら解り易いです。)

 

③タッチ(触り心地)~~~~~~~~~~~~~~~~~

*TACKY(タッキー)

どんなコンディションでも最高のグリップ性(ペッタペッタ)で、滑りにくい凸凹しあげ。

*CLASSIC(クラシック)

スムーズで通気性の良い革のような質感。サラっとして滑りが良いので、グリップポジションの変更もスムーズに出来ます。(グリップ力は低い?とも言えます。)

*SOFT(ソフト)

つや消しカラーで、吸湿性に優れたシルキータッチな表面しあげ。(汚れが目立つ)

なんと

これだけの言葉(用語)が使われている、FIZIK。(解らないのが普通です

~~~~ 選び方のポイント ~~~~~~~~~

表面のデザインと触り心地、厚さ(クッション)、機能性 を考えて選びます。

例えば・・・

競技志向の人は、 ベント+マイクロテックス+タッキー

または、少し厚い感じが好みならば ベント+ソロカッシュ+タッキー

ツーリング派の人は、テンポ+ボンドカッシュ+クラシック

または、表面にこだわるなら、テンポ+ボンドカッシュ+ソフト

グラベル派の人は、テラ+マイクロテックス+ボンドカッシュ

 

・・・などなど、こんな感じで、選んで下されば良いでしょう・・・。

在庫は少ないですが、一応…各種ありますので、

カラーサンプルを参考にして、お好きな物を選んで下さい。

敏速にお取り寄せ致します。 (店長)

 

~~~ 連休のお知らせ ~~~~~~~

5月7日(火)8日(水)

連休させていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

新、ヘルメット入荷!

新型のヘルメットが、入荷しました。

OGKカブト社から、新発売されたシールド付きの廉価版モデル。

シールドは顔に当たる風を防ぐ事が出来て、とても良いですな。

メガネやサングラスを使用している方々も、これなら”目が痒くならない”です。

このシールドは、別売りで様々な色(ミラー系、調光系)が出ているので、

メガネユーザーの方も、眩しさやカッコ良さにこだわっていただけると思います。

 

さて、

皆様の中には、このシールドが、なんとなく”大袈裟”とか、”かまえ過ぎ”とか、

ネガティブな思いをお持ちの方も、居るのではないでしょうか・・・?

でも…、おそらく、ここ数年で、このスタイルが普通になると思いますよ。

なんて言ったって、メガネ(コンタクト、老眼鏡も含む)をしたまま使えるんです。

風の影響で、目が痒くなる、くすぐったくなる事を、防いでくれるんです。

サングラス愛好家の方も、長い下り時には、このシールドが欲しいと思っているはず。

欲しい機能が”防風”ならば、シールドは必然であり、受け入れられる機能です。

ですから、決して大袈裟でもないし、かまえ過ぎでもない とお考え下さい。

このシールドは、マグネットで簡単に着脱出来ます。

特記すべきは、マグネットの場所や跡が無いって事。

普段はシールドを付けず、必要な時だけ着けるというスタイルの提案だ

そんな事で、やはりネガティブに考える事はありませんね。うん。>^_^<

このモデルは、コンパクト設計で、小さめのシェルが魅力なモデル。

しかも、空気穴が、たくさんあって、低速時にも、涼しさを提供してくれるのだ。

兄貴分の 同社”エアロR1”は、15km/h以上だと、風がビュンビュン巻き込み涼しさを感じるが、ヒルクライム時などの低速では、やや暑さを感じてしまう。

それに比べて、穴の多いこのモデルは、初心者や、街乗り、のんびりサイクリングの速度でも、熱がこもらず、不快感を覚える事は無いはず。

そんな事で、今期、実に、お薦めしたいヘルメットが、この”VITT”(ヴィット)だ。

 

先ほど、この製品を”廉価版”とお伝えしましたが、

決して、”安い物”や”下級品”と言う意味ではございません。(キッパリ)

”この金額でもシールドを付けて来ている時代” であり、

”だれもが手を出し易くなったのだ”という私なりのメッセージでございます。

そいう意味でも、シールド付きはこれからのスタンダードだと確信して下さいませ。

OGKカブト:VITT(ヴィット)

カラー:5色展開

サイズ:3種類 S/M L XL/XXL

販売価格:13.000円

カッコイイ~!

カッコイイ自転車です!

マングース(USA)のストリートバイク。

タイヤは、650B(27.5)を採用。乗り心地もグッドです。

サイド部がナチュラルカラーで、クラシックテイストをプラス。

ブルホーンハンドルが、クールです!

一度は乗ってみたい、“ブルホーン” 使い易さは「・・・」だが、

「カッコイイ」は”最優先”の選択ポイントですヨ。そうでしょ?

シングルギヤ&DISCブレーキが、またク~ル!

TOPチューブはヘッド部近くで、ドロップ(ベント)するデザインだ。

これがまたカッコイイじゃないですかァ~!?

このドロップするスタイルは、これからの流行になるだろう!(予測)

フレームバッグも、標準装備。デニム調のカラーが、似合うね。

さて・・・、

実はこのマングース、少しだけ改造=”思いやりカスタム”を施しています。

DISCブレーキを、シマノ製品(ロード用)に交換しました。

さらに、ブレーキワイヤーもSLR用を使い、レバータッチも良くしています。

メーカー純正品では、満足が得られない物が使用されていた為、

「これではタカヤマサイクルの商品では無いっ!」と判断し、勝手に交換したのです。

ブレーキレバーと、ブレーキ本体(キャリパー)の相性は、絶対に大切な条件。

それが乱れているのは、どう考えたって、ダメダメだ。

握った力と、制動力は、比例すべき絶対条件である。

デザインやカタチとしては、成立しても、”道路を走る自転車”にはならない。

必ず、”安全・丈夫・快適”の、三大要素が必要なのだ。

もちろん、純正品のまま使用しても、問題は起きないだろうが、

タカヤマサイクル(店長)は、容赦できないのです。

 

「え~、だったら、販売しなけりゃいいじゃん!?」と言う方も居るだろう。

当然だ。それが正解だと私も思います。ハイ。

しかし、「店長は、マングースが好きなのです。」(キッパリ)

メーカーを越える事。カタログ数値より、もっともっと高い性能を出す事。

「ダメなら、直せばいい。もっと良くすれば良い。」

当店から販売する物は、最高でなくてはなりません。

カッコイイ自転車を、もっとすごい自転車にする。それだけです。

自転車の持つ、最大の能力を引き出す事。それがタカヤマ品質。

そして、誰が使うのか?乗るのか? その人に合わせたチューニングと手段。

 

子供車も、通学車も、電動アシストも、スポーツ自転車も、魂が入っているのです!

当店を選んで、購入していただくお客様に対して、お返し出来る事は、

こんな小さな事だけです・・・。

これからも、タカヤマサイクルを、よろしくお願い致します。

 

マングース:MAURICE・PLUS

カラー:ブラック

サイズ:54(適正身長170CM~)

販売価格:67.000円

 

ナイスなグローブ

”なるほどっ!”」のグローブが、入荷しております。

「これでもかっ!」というほど、掌に厚いクッションが付いています。

長距離サイクリングを好むライダーには、モッテコイの一品だぞ。

手の甲(横)まで回り込んでいるクッションが、有難い。

親指と人差し指にあるクッションは、3つに分かれている。

この折り目が動き易さ(曲げ安さ)の助けるのと同時に、

一方にクッション素材がズレる事を防いでいるのだ。

さらに注目したいのは、人差し指の根元に付く白いクッション。

ブレーキ(シフト)ブラケット部下にある可動部分に触れるのだ。

ここ、普段は…というか、まったく気にならない人も多いだろうが、

長距離を走っていると、手癖?などで当たっている事がある。

皮膚が赤くなっている人、居るんじゃないかい???

長距離を、一人(ソロ)で走行していると、気が付く事が多々ある。

痛い場所、かゆい場所、「ここが、こうなら良いのに・・・」

そういう気持ちを、凝縮したグローブが、この”ソルジャー4”という訳だ。

 

もちろん、ロードレーサーに使われている”ドロップハンドル”だけでなく、

MTBやクロスバイク等のフラットハンドルにも、実に相性が良い。

 

昨今、”グローブは薄くパッドの無い物”が、一部で高評価されているが、

それを鵜呑みにしてはいけません。

やはり、「自身の使い勝手」を考慮して、選ぶ事をお薦めいたします。

・・・という事で、まずはお試しいただき、その感触を味わい下さい。

ご来店、お待ちしております。

 

イントロ ソルジャー4

サイズ :M/L/XL

カラー:2色 ブラック/ホワイト

販売価格:4.500円

 

 

ミニベロ

細身のスチール素材で作られた、ミニベロです。

ミヤタ:パビア (※タカヤマ改)

Fギヤは、シングルで、アルミガード付きだぞ。高級感があるね!

この自転車には、タカヤマサイクルの”思いやりカスタム”を施工。

ハンドルを、高めにセットアップ。(プラス24センチ)

メーカー標準のハンドル高さでは、大袈裟な前傾姿勢になり過ぎてしまう・・・。

確かに、見た目はカッコイイが、「実際に一般道路を走る」を考えると、かなりキツイ。

そこで、「タカヤマの一つの答え」として、新車時からハンドルアップ。

地面から計測して”103センチ”です。

これは、一般的なクロスバイクとほぼ同じですから、実にナイスな高さです。

ミニベロの魅力は、一生懸命走らず、フワッと粋に走るのが良いのです・・。

ハンドルが低過ぎれば、ツラ過ぎてフワッとラクには走れませんからね。

また「姿勢が良い」スタイルは、誰が見ても、心地よく感じるものです。

肩ひじ張らずに愉快に走る事。速度は低く、姿勢は良く、笑顔もいっぱい。

休日のひと時を、カッコ良く、気持ち良く走ろうぜ~。

 

ミヤタ:パベア 7段ギヤ

重量:12.0kg

販売価格:43.000円