シェイプ

コラテック(ドイツ)のクロスバイク の紹介です。

SHAPE・SPORT(シェイプ・スポーツ)

このフォークの角度に注目!

他社に比べて、傾斜がある。直進安定性能が高いのだ。

このフレームも、カッコイイ~!

トップチューブがグニャリと曲がり、個性をアピール。>^_^<

見た目が似ている自転車が溢れている中で、このシェイプは他社との違いをはっきり主張しているね!

ブレーキは、シンプルにリムブレーキ=”Vブレーキ”を採用。

サドル(イス)には、”corratec”の文字が型押しされている。

柔らかめのクッションも、ナイスです! (^。^)y

前ギヤは、48×38×28のトリプル仕様だ。

大きめのギヤは、最高速度に貢献するし、

28Tの小さなギヤは、どんな坂道だって、挑戦出来るぞっ!

タイヤはちょっと太めの700×32Cを標準装備。

街中の段差や、道路の継ぎ目なんて、気にしない!

コンポーネント(ギヤ・変速機)は、シマノ製品が使われているから、

トラブルなんて無いに等しい。あなたは走る事だけに、夢中になれるぞ。

びゅんびゅん走ろう~。

 

さて・・・、

この自転車の使い方として、通勤・通学、サイクリングなど、

ストリート走行が主流になる事は、当然だが、

峠を攻撃&攻略する「パスハンター」としたらオモシロいかも。

トップチューブが曲がったデザインや、リムブレーキ、高級過ぎない部品類。

こういうところが、良いのだ。

言い換えれば、”気楽さ”であり、「安さの、易さです(^_-)-☆

さらに、耐パンク性の高い凸凹タイヤに交換すれば、ベストですな。

この、パスハンター・シェイプ号を駆って、

各地の山や峠にある、横道や棒道(軍用道路)を、冒険したら楽しそうだ。

※棒道について:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%92%E9%81%93

やり過ぎない自転車、だからこその使い方と、アイデアで走ってみようか。

 

リュックサックに、お弁当と水筒とおやつを入れて、身軽に出かけよう~!

テクニックなんかどうでも良いし、体力が無くても良いんだよ。

坂道がイヤだったり、疲れちゃったら、降りて押せばいいしさ。(^<^)

時間がどのくらいかかろうが、かまわない。心の目と、感覚だけで遊びたい。

山道には、遺跡や古墳、大きな穴とか、苔の匂いとか、

色々あるから、ワクワクしちゃうぞ。(店長の経験談)

作られた遊びは一旦やめて、自分を遊ばせる事に、夢中になろう!

昨日までの自分をリセット&リセット。

空を見上げて、素直に大きいなあ~と感じた自分に、戻ろうか。

 

コラテック:シェイプスポーツ

シマノ3×8段変速

カラー:3色 レッド ブラック ホワイト

販売価格:59.000円

 

※パスハンターについて・・・。

「パスハンターとは?」という定義は、様々ありますが、

私は単に「山道を攻略出来るもの」であれば、それがパスハンターだと思っています。

付け加えるのであれば、「こうでなくてはいけない」という頭の固い事は抜いて、「もっと気楽に、易く!」です。

 

自転車の種類において、現在は、MTBやグラベル、シクロクロスなど、細かいカテゴリーに分かれ、

その用途に合わせた物を入手し、シーンに合った走行を楽しめます。

でも何となく、決めつけられた感じがあり、人マネのようで、窮屈なのです・・・。

感じたままに走らせる。押したり、担いだり、時には放り投げたり・・・。

異色風ではありますが、パスハンのカテゴリーこそ、風土に合っている気がしています。

 

私を含め、旧い物事が好きな方々がパスハンを語れば、定義も含め、素材やら部品やらと、ついついマニア風を吹かしてしまいますし、

安いクロスバイクを、その用途に使う事は、「違う」と意見するでしょう。

それらを受け止めた上で、

私は、パスハンターという使い方を、ご提案したいと思います。

Jr・BMX

体の小さなお子様(ジュニア)用の、BMX。

マングース LEGION・18

タイヤサイズは、小径の18インチ。

 

このBMXは、ジュニア(子供)専用という所がポイント。

体格の小さな低学年でも、扱い易いように作られているのだ。

※キッズ(幼児)用ではなく、ジュニア(低学年)用。

子供用とはいえ、大人車顔負けの、本物です! (^。^)y

 

改めて、少々解説を・・・。

往来の子供用BMXといえば、

タイヤは大人と同じ20インチで、各寸法の小さなフレームで作られていた。

しかし、この自転車は、タイヤも小さくして、扱い易さを向上させているのだ。

タイヤが小さい事により、前後の体重移動がし易くなる為

ジャックナイフや、ウィリーなど、小技とテクニックが、発揮できるという訳。

小学生低学年でも、「飛んで・跳ねて」が、バンバン出来るぞ。>^_^<

 

「キッズとジュニアの違い」、「タイヤのサイズが」・・・など、

少々理屈っぽくなってしまったが、・・・とにかく、

”子供が乗り易いBMXがある”と、ご理解いただければと思います。

 

マングース LEGION・18

カラー:シルバー

トップチューブ長:425mm

販売価格:25.000円

リラックス

スポーツ自転車を語る時、ついつい、速度や距離など、

数字で表現してしまう事が多々ある。 まあ、それはそれとして、

今、改めて、趣味として”自転車のある生活”を取り入れたい方々には、

そのような”数字”に捉われず、たっぷりと時間を使い、

優雅に、楽しく乗っていただきたいと、思っています。>^_^<

そこで、リラックスをテーマにした、こんな自転車はいかがだろうか。

マングース(亜米利加)のトレッキングバイク。”ROGUE”

フレームと一体化したされた”リアキャリア”も良いセンスです。

ここに蓋付きのボックスやトランクを付けたら、カッコイイぞ。

 

タイヤにも、注目!

700Cではなく、あえて650Bホイールを採用しているのだ。

47mmの幅広タイヤは、乗り心地も、安定性も、抜群に良いですし、

そもそも、道を選ばず、多少の凸凹道でも走れちゃうのがGOODです。

歩道と道路の段差なんて、へのカッパですぞ。

ハンドルは、手首がラクになるようなデザインなっていて、ナイスです!

この角度は、ゆったりと、リラックスして乗る事ができちゃうのだ。

 

ブレーキシステムは、もちろんオイルDISCを採用!

オ・イ・ル」・・・この3文字の響きに酔ってしまいますね~。

オトナとしては、この高級感こそ、大切な要素です。(^_-)-☆

GELが入った柔らかな物を採用し、お尻にフレンドリーですなあ~。

デニムでも、レーパンでもOK!って訳。

 

”ROGUE”は、大人がのんびりとサイクリングを愉しむ自転車です

マニアのような小難しい事柄?は、見ない・聞かない・覚えない。

ただ、「この自転車が私の物ですっ!」という事実だけがあればいいのです。

 

晴れた日には、スーツ姿で会社に行こう。

キャリアに縛ったビジネスバッグも、似合うだろ!?。

休日には、長い時間を使い、汗をかいて、心の疲れを取り除く・・・。

御洒落をして、素敵なコーヒーショップに行くのもいいね。

時には気取って、ワインとパスタが楽しめる、バルなんかも、どうかな?

嗜む程度に陽気に、明るく、そして渋く。それがキザ男なのだ。(^<^)

「足を組んで、片手で小説…」このオールドスタイルを貫くのさ。

なんてね・・・。(*^_^*)

 

マニアも羨む、カジュアルな自転車、”ROUGE”。

洒落た気持ちと、時間旅行を大切にするあなたこそ、

オーナーになるべきです!

 

マングース ROUGE

変速段数 2×9段 シマノ・アルタス

カラー ブラック

販売価格:65.000円

ホイール

フルクラムから、素晴らしいホイールが発売されました。

RACING ZERO CMPTZN DB

(レーシング・ゼロ コンペッティツィオーネ  DB)

回転部は CULT(カルト)ベアリングを採用し、究極の回転性能を誇る!

レーシングゼロと言えば、”レッドカスタム”が話題になる等、

皆様も見たこと(聞いた事)が、あるかも?しれませんね。

リムもスポークも全てアルミ製で作られる、強度抜群のホイールなのです。

 

その”レーシング・ゼロ”シリーズに、今期は、

コンペッティツィオーネ DB(ディスクブレーキ専用) が追加されました。

赤とは真逆の黒いクールなデザインが特徴の、コンペッティツィオーネ DB

どんな自転車にも、必ず似合うはずだ。

φ12mmアクスル+ディスクブレーキ専用。

ハブ本体はカーボン。フランジ部は強度抜群のアルミ製。

スポークもアルミ製で、引っ張り強度が高く、ホイールの剛性はTOPクラスだ。

回転部は、スタンダードなカップ&コーンという、調整式を採用。

全て分解でき、ベアリングの球まで判る構造は、素晴らしいと思う。

レーシング・ゼロ は、「強度、耐久性、整備性」 全てにおいて、

最高のホイールです。

アルミという金属から放たれる、冷たさと鋭気も、魅力的です。

”質”と”らしさ”を求める方に、お薦めしたいレーシングゼロです。

 

レーシング・ゼロ コンペッティツィオーネ  DB

700C ロード&グラベル&シクロ&クロス

DISCブレーキ専用 φ12mmアクスル専用

重量:1570g(ペア)

販売価格 163.000円(シマノHG/カンパニョーロ)

     164.000円(スラムXDR)

・・・・・・・・・・・・・

年末年始の営業

年内は、12月31日(火) 12時まで営業します。

年始は、1月4日(土) より営業します。

冬用パンツ

「これは!」というサイクリング専用ショーツを紹介します。

上半身まで覆う、ビブタイツです。

足首まで頬出来るように、ひっかけタイプになっているのも良いね。

冷気をシャットダウンする”ウインドブレーク機能”を持つ素材で、

胸元までポカポカ♨です。(すごく温かいぞ!)

背中は、メッシュになっていて、通気性を確保。

ヒルクライム時やガムシャラ走行時の、汗問題にも対応しております。

このパンツの優れている事は、上下が分かれる事

これ”トイレ”の時に、最大の能力を発揮するのだ!

ライディングにおいては、肩まであるビブショーツは体全体で纏う為、

ズレ落ちが無く、最高の利点があるが、

逆に最大の欠点は(…店長の経験で言うならば、)

座ってする時のトイレ使用では、上半身をほとんど脱がなくてはいけない。

サイクリング中のトイレは、ほとんど外にある場合が多い。

これは寒くてダメだし、慌てている時などは、「助けて~」となっちゃう。

だからと言って、腹部までの”普通のショーツ”では嫌だし~・・・。

という方にこそ、このセパレートタイプパンツはお薦めなのだ。

ファスナーで、クルんと一周(正確には2/3周)すれば、着脱が可能だ。

前部には、フックが付いているので、垂れ下がることなく、

ファスナーの操作=着脱作業も容易です。(^-^)

 

前部は、冷気を遮断するウインドブレーク素材を使い、完全バリアー。

肌に触る内部は、特殊な素材(スーパーサーマフリーズ)で、

とっても、ぬっくぬく♨なのです。

この諏訪地域の零下気温だって、ヘッチャラですよ~。\(^o^)/

 

冬は、様々に、またそれなりに“寒さ対策品”が必要です。

少々高価ですが、温かさという性能別格です!

ぜひ、このビブショーツをお薦めします!

パールイズミ:ウインドブレーク・クイックビブサーモタイツ

販売価格:22.000円

 

さて、

自転車に乗る時の、服装を、ちょっと考えてみましょう。

タンスやクローゼットを見渡すと、いろいろな物があるのでないかな?

自転車専用ではなく、一般的な、普通の服装でいいのです。

そういうものを上手く組み合わせて、使っていただく事は、素晴らしいです。

くれぐれも、”自転車専用”という訳ではなく、流用出来る物を使う

インナーを始め、トレーナーやジャンバー、帽子に手袋など、

お手持ちの物をセンス良く身にまとえば、楽しいサイクリングが出来ます。

ぜひ、カッコ良く、冬の外走りを愉しんで下さい。

もちろん、

今日紹介したような”専用品”というものは、特別に優れていますので、

機会がございましたら、ぜひお試しいただきたいと思います。