散策サイクリング

「そこに、何があるのかな・・・?」

「この先はどうなっているのかな・・・??」

小さな冒険両行・・と言えば、恥ずかしいほどメルヘンチックに聞こえるが、

散策サイクリング」は、やはり楽しいものです。

「おお~栗だあ!」 たかが栗ですが、その発見は感動だ・・・。

赤い橋。それだけで、なんだかいい。(#^.^#)

あれれ、カタツムリが、いましたよ~。!(^^)!

ついつい、緑を求めて、

また、ついつい、寂しい場所(怪しく神秘な場所)に?行ってしまうのだが、

そこに、小さな発見やオドロキがあったりなんかして、オモシロいのです。

私は、そういうサイクリングが、大好きです。(#^.^#)

目的地は決めず、時間が許す範囲を走る。♪ふらふら~っとネ。

ぜひ、皆様も、気が向くままの、ふわ~っとしたサイクリングを、してみて下さい。

楽しみ方は、人それぞれ。無理をせず安全に。GO~GO~!

 

9月22日()は営業いたします。

今日も♪ガタゴト

お客様がお困りならば、私は早急に対応します。

一般車の修理も、素早く、シャッシャッシャ!

オーバーホールも、タッタッタ。

BBフェイシングも、シュリシュリシュリ~♪

内部でボルトが折れちゃった~~~。

大丈夫!、ポンポンポ~ン

旧い特殊な自転車も、ド~ンと来いっ!

的確にポイントを押さえて、素早く修理をします。

 

今日も、明日も、明後日も、いつでも元気に、♪ガタゴト、ガタゴト・・・。

あなたの街の自転車屋、タカヤマサイクルです。(#^.^#)

お困り事がございましたら、お声をかけて下さい。(店長)

 

※9月22日()は営業いたします。

 

「人が使う」を目指す。

季節のバトンは渡り、秋が走り出していますね。

見渡せば、その気配を感じるようになりました。

朝晩は涼しく、気温からも、一つ季節が変わったのが感じられます。

四季に限らず、日々、変わる事ばかり耳にし、またその要求も多々ありますが、

それは、それとして、

「変わらず地味に行く事」も、また善しです・・・。

さあ、今日も地面に足を付けて、まいりましょう。

 

さて、

人により、「使い易さ」は違うものです。

また、各事情により「使い勝手」の良し悪しも大きく異なる。

 

子供用の自転車ならば、広すぎるハンドル幅が問題・・・。

な・ら・ば、

両サイドを数センチ切って、子供の肩幅に合わせます。

一般車(ママチャリ)の後ギヤ。

どうも坂道に合わない、重い、踏みにくい・・・。

な・ら・ば、

ギヤ歯数を変える事で、踏み易くなり、軽快な走りが可能になります。

手の小さい、女性が操作するならば

握り幅を少なくする調整(加工)をし、扱い易くします。

これは、店長のMTBです。変速レバーの位置に注目。

通常は、下側に付くはずのレバーなのだが、上側に付けています。

人差指と中指で、変速機(DI2)を操作しているのだ・・・。

これ、一般的には、この位置での取り付けは推奨していないし、

そもそも使い難い。しかし、

個人的に「親指を使わず操作したい」という理由で、このような位置で仕上げてます。

これは”DI2″という、電子式変速機の特徴を生かした方法です。

子供用の自転車。 このブレーキレバーも・・・。

 

事情があり、片手のみで操作したい・・・。

な・ら・ば、

一つのレバーで、前後のブレーキを掛けられるように、加工します。

 

「人が使う」ということは、そういう事です。

その人に合わせ、調整や工夫を施し、使い易さを追求すれば、

結果、自転車を楽しく乗っていただけるのだと、私は思います。

タカヤマサイクルは、あなたの”メカニック”です。

メカニックとは、「問題を解決するヒト」でもあります。

お客様のお悩みや、問題を取り除くために、働きます。

今日も、人とのつながりを大事にし、皆様と共に明日へ進みます。

地味な当店ですが、

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

愛の自転車伝道師 タカヤマサイクル店長:高山

 

 

朝サイクリング

皆様、お元気でしょうか?

コロナ、自然災害…。また世の変わり方、付き合い方、考え方などの変化で、

身動きが取り難く、戸惑いや、心が苦しい方々も、居られると思いますが、

明るく、元気にまいりましょう!

雨上がりの朝は、山が気持ちよいです。

緑の木、草の呼吸する空気=匂いが、私は大好きです。(*^^)v

川(水)の流れを見ていると、吸い込まれそうな思いをします…。

いえ、「幽霊の怖い話」ではなく、

嫌な事柄や想いを、綺麗に洗い流してくれるような、吸い取ってもらえるような感じがして、

何ともすがすがしくなるから不思議。

Eバイクで、山坂道を愉しむのも一興。

モーターの力を借りて、「ラクに楽しく」です!(^_-)-☆

スポーツ走行だって得意なEバイクは、

トルクバンドを上手く使う事で、想像を超える加速と力強さが得られ、

激坂道もへっちゃら!←「これこそEバイクを駆う理由だね!

写真のEバイクは、ミヤタ”EXクロス”

 

(過去の記事より)http://www.takayamacycle.com/?p=13901

私の書いた記事、(ファーストインプレッション文中)にある、

「パワーダウン」とか、「伸び感が…」は、可能であれば訂正したい。(>_<)

走行テクニックを身に着けると、そのトルク乗りが楽しい愉しい~

これで、16万円は破格値だ。カタログ数字なんて、どーでも良いね。

Eバイクに乗れば、上り坂道と向かい風こそが楽しいので、

全く別の世界を見る(感じる)ことが出来るぞ!

そんなことで(どんなことで?)

どんな状況下であれ、愉しみ方を模索し、

笑顔を保つようにいたしましょう!

私は、朝のサイクリングをお勧めします。

ラザ・ディスク

ピナレロ(2021)入荷!

マットブラックに、赤い文字がカッコいい。新RAZHA

こちらは”GAN” ドグマ直系のエアロデザインがカッコいいです!

RAZHA・DISK(ラザ・ディスク) マットブルー

リアの、グニャリと曲がったデザイン(ONDA)が特徴のラザ。

”ASYMMETRICAL” 左右非対称のメッセージ(デカール)がクール。

ディスク、専用のフォークで剛性バッチグ~!

”ONDA DISK”  DNA PINARELLO 

ラザは、左右非対称のカーボンフレームに、ディスクブレーキ仕様のレーシングマシン。

GANやプリンスなどのエアロデザインとは異なり、曲線的なデザイン=ONDAが特徴であり、持ち味だ。

この前後に与えらえた”ONDA”デザインの効果は大きく、

振動吸収性能と乗りやすさ(操り易さ)はブランド内で最高だと私は思う。

事実、このフレーム(旧型プリンス)で、山道(狭く曲がりくねった道)を走った時、面白いほど思い通りにラインを狙えたし、コーナリング中に出現する障害に対しても、見事に逃げられ、対応出来たことは、店長の中では、かなりの衝撃な体験だった。

もうその後は「コーナーは綺麗にクリアする・・・」なんて、もうどうでも良いくらい、

無駄なハンドル操作を、繰り返していたほどだ。これこそ、スポーツレーサー!

「ハンドリング・バイ・ピナレロ」の一説は、伊達じゃない。

今期も、人々を魅了するピナレロだぞ。

 

魅了するといえば、

このクルマのCMはカッコいい!

「上等じゃねえか、逆境なんて。 さぁ行くぞ、もういちど。」

後半で言われるこの一文は、沁みる。

店長は、そういう姿勢が好きだ。

綺麗な答えや、市場一番の王者になるよりも、

進み続ける事や、逃げない事に、美を想う・・・。

「だめだ~終わりだ~」と言って、辞めてしまう事より、

「自分は、こうだろう!」と言い、歯を食いしばることが、カッコいいのだ。

な~んて言えば、

実に青臭く、甘っちょろい考えだと、ご指摘を受けそうだが、

「人ですから。」

辛いことや、嫌なこと、つまずいたり、泣きそうになった時、

「上等じゃねえか、逆境なんて。 さぁ行くぞ、もういちど。」

これを口に出して、前に動きましょう!

嘘と偽りでまとめた輩に、負けるわけがありません。

真面目な心と姿勢は、最高の武器で能力です。(^_-)-☆

さあ、今日も元気に行こうぜ!