バシッと。

毎度ありがとうございます。タカヤマサイクルです。

GWも後わずか。残り少ないですが、楽しい時間をお過ごしください。

 

さて、(話は変わって)

新旧、様々な自転車に触れている毎日でございます。

文字通り、最新型から、旧いものまで手掛けております。

名車の”PRO・MIYATA”(とても旧い)

このヘッドパーツ。波打つデザインが懐かしい・・・。

専用工具でバシッと作業をします。

入庫した”プロ・ミヤタ”には、旧い”DURA-ACE”が付いていました。

これは6段ギヤ用で、最近の大きな歯数のスプロケットには対応しません。

逆に小さなギヤにも対応しない為、現行の部品を組み合わせる時には、注意が必要です。

ユーザー様の自転車には、新型(現行)のホイールを使い、8段ギヤ(12-28T)が組み合わせてありましたが、残念ながら、これでは、本来の性能を発揮させる事は、不可能なのです。

そういう旧い事を知らなければ、8段全部動かしたくなる(使いたくなる)ものです。事実、実際に、”無理やり”ですが、使えてしまうから、困っちゃう。(^_^;)

しかし、Rディレーラーは、正常の可動域を超えていて、悲鳴を上げているのが解るほど動き方が(変形の仕方が)異常でした。※(分解してみたら、内部のバネが巻き潰れていましたから、やはり許容範囲の限界を超えていたのでしょう。)

では、どうするか?

一番小さい(High)ギヤと、一番大きなギヤ(Low)を使わないように調整すればOK! 13-25Tの6段ギヤとして使用すれば、問題解決です。

たったこれだけの事ですが、”知っている”という事は、ユーザー様(お客様)の為に、役立ちます。

本来ならば、ホイール(ハブ)と、ギヤを、正しい組み合わせで用いれば良いのですが、

ユーザー様は、きっと何かの事情で、このホイールセットを使う選択をしたのでしょう・・・。

私は、旧い自転車をレストアする時に、いつも考える事がある。

フレーム(プロミヤタ)を生かす修理(整備など)をする事が正しいのか?

旧型のパーツ(DURA-ACE)を使う事を優先する修理が正しいのか?

どちらも活かす(生かす)事が正しいですし、また、その方法や手段も良く知っておりますが、新型のパーツを使う事(アップデート)も、また正しいやり方です。

ちょっと間違えてしまうと、少し違う方向(意図としない思い)へと行ってしまいます。

気を付けたいポイントです。そんなアドバイスもさせていただきます。

私は、メカニック。役に立つ事が使命です。(^。^)y

こちらは最新型のブレーキシステムの話。

DISCブレーキの取り付け台座の修正中。(専用工具で作業)

この部分が垂直&平行が出ていないと、ブレーキが「バシッ」っとしません。

「♪バキバキ」みたいな変な音が出たり、タッチが悪かったりします・・・。

削らずに、不具合を解消する秘技もありますが、修正の方が良い結果になります。

だったら、バシッと仕上げるのが、やはり、お客様の役に立つ訳です。

 

旧い、新しいを問わず、知っている事は、重要です。

そして、速やかに施す事は、もっと大切です。

 

お困りの事がございましたら、お声をかけて下さいませ。

ご依頼を、お待ちしております。

 

~~~ 臨時休業のお知らせ ~~~~~~~~~~

5月7日(火) 8日(水)

連休させていただきます。 店長

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

楽しんでますか?

長いお休み、ゴールデンウイーク。皆様、楽しんでいますか?

タカヤマサイクルは、GW中はずっと営業しております。

何かお困りの事がございましたら、ぜひお声をかけて下さい。

お待ちしております。

ツーリング中の、シフトレバーのトラブル。

内部でワイヤーが切れてしまった・・・。(>_<)

早速、分解しワイヤーを取り除く・・・。しかし、簡単には抜けない~。

そこで、ワイヤーの頭を直接押す為に、白い部分に小さな穴を空けて、対応。

おお~!抜けたぜ~。\(^o^)/ しかし、まだ問題がある。

ちぎれたワイヤーが何本か、シフトレバーの内部に残っているのだ・・・。

マグネットで吸い寄せること数回。破片は完全に取り除きます。

作業開始から数十分。修理完了~! ♪パンッ(手を合わせる音)

「こうして旅人は、再出発するのであった。心の星を見つめて・・・。」

※脳内BGM♪ 釣りキチ三平”若き旅人” (ユーチューブより勝手に流用)

 

 

あちゃちゃ~・・。

春を感じる今日この頃・・・。

シーズンに向けての整備や、オーバーホールの依頼も増えて来ました。

皆様も、ぜひ当店の”技術力”を、御利用下さいませ。

ロードレーサーのオーバーホール。

ヘッドパーツ部分、汗によるトラブルが起きています。

汗水が侵入した後、乾いて塩だらけ・・・。

ステム下のスぺーサーが抜けない(外れない)ので、壊しながら分解中~。

「あちゃちゃ~~~・・・。」

内部もしっかり錆びてます。

当然ですが、ベアリングは完全にアウト! 交換が必要です。

乗っているご本人は、何も気が付かないのだが、

分解してみると、大変な事になってたりするものです・・・。

定期的な整備と、オーバーホールの必要性を感じて下さい。

 

基本料金 25.000円~

分解・洗浄・ケーブル交換 込み

預かり期間 1週間~2週間

ご依頼お待ちしております。

レストア終了~!

ランドナーのレストアが、終わりました。

これが、作業前のもの。

傷みが、激しいです・・・。

それを、タカヤマ・マジックで、「♪チチンプイプイ~」

どーだ~! バシッと仕上がりました!

テールランプも点灯します!(ダイナモ)

ヘッドランプも、きちんと点きます。(^。^)y-.。o○

サビも全部取りました。

”年式相応のヤレ具合”を残しつつ、”きちんとした整備品”のランドナーです。

さあ、この自転車に乗って、何処に行こうか!?

 

少年だった頃のボク…山から見る夕日を、手掴みしていたあの日…。

何を考えて、何を夢見ていたのか、今はボヤけて解らない。

大人になったボクは、素直に夕日を掴めるのだろうか…、

正直な行動や、夢を、応援出来ているのあろうか…。

触られたくない思い出もあるだろう。しかし、それも自身だ。

半ズボンの少年に、もう一度戻ろう。

自転車に乗って、まぶたの裏を、見に行こう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

すわようバザー

諏訪養護学校 バザーのお知らせ

2月8日(金) 茅野市 べルビア

2月9日(土) 茅野市 メリーパーク

        岡谷市 レイクウオーク

開催時間 10:00~11:30

あるんだよね…。

「成功は、失敗の積み重ね。いや、知恵と反省の積み重ねである。」

 

販売店や、メカニックにより、アイデアや施工技術は違う・・・。

機械に対して、向き合う店は、様々な知恵をドンドン投入して行くものだ。

しかし、その時は「絶対良いぞっ!」と思った方法ではあったが、

結果は「ダメだったか…」という事も、残念ながら多々あるもの。

古今東西、成功は、知恵と反省の積み重ねである。

これは、自転車の裏側(BB下)の写真です。

ワイヤーガイドという樹脂のレール部分に、ケーブルが走る仕組みなのだが、

さらに滑りが良くする為、ホースを流用し、性能を上げるという施工です。

全国のショップでも、メーカーでも採用した、素晴らしいアイデアでした。

たぶん、皆様の自転車にも、付いていると思われます。(=^・^=)

もちろん、私もそれを、良いと思い、堂々と自慢げに施工していました

しかし・・・。

動きが悪くなる事もあります・・・。

ホース内部に、砂が入ってしまうのだ。

※(写真は、ホースを裂き開いたもの)

右のホースに、ビッシリ砂が入っているのが、解りますか?

(これだけの砂が、入っていました・・・。)(>_<)

ホースの中には、ジャミジャミした異物が入っている訳ですから、

ケーブルが、正常に動くはずがありません!

机上の理論」としては、実に素晴らしいアイデアであったが、

”自転車は外で使う乗り物”である為、結果はダメだったという、理解し易い失敗例だ。

でも、だからと言って、「これがダメだ。」とは言いきれないのです。

走る条件は、人により様々で、上のような施工が良い事だってある。

一部のカーボンフレームなど、「絶対にホースが必要!」という物もある。

砂が入らないように、もっと長いものを先端から使うという方法もあるし、

マシンにより、ユーザー様の使い方により、施工も改造方法も変わるというものだ。

自転車の持つ最大の能力を引き出す事への執着、こだわり。

その為に、思考錯誤(しこうさくご)を繰り返していますが、

無駄な努力に終わる事も、多いです・・・。(^_^;)

失敗を言い訳するつもりはありませんし、恥ずかしい話だとも思いません。

これからも、気が付く事があれば、どんどん投入して行きます。

当店が販売する物、携わるものは、”最高”でなくてはなりません。

他店との違いは、こんな小さな気持ちだけです。(^_^)

「これからも、あなたの為に、全力で働きます。」

皆様はライダー。私はメカニック。

これからも、よろしくお願い致します。

 

”愛の自転車伝道師”タカヤマサイクル店長:高山真