収納スタンド

玄関先や、ガレージ内。家のリビングや自分の部屋で、

”スマートに、カッコ良く自転車を置く事”を目指した物がこれだ。

自転車を、真上に立てるという仕組み。

下部のタイヤは、2ヵ所にあるレールで、しっかりとホールドされる。

上部には、フックが付く。

ヘルメットやグローブ&ウエアなど小物をかける事が可能。

自転車を収納する場合、どうしても、面積が必要になるが、

このラックならば、半畳のスペースでも、問題無いという訳だ。

 

そこで、これを使った提案をひとつ・・・。

縦長のラティス(ガーデニングなどに使う木で出来たアミの枠)を、2枚組み合わせ、L字型にして使い、後と横の背面部を飾るのは、どうだろうか。

思い出のウエアや、サングラス、写真やゼッケンをかけたり・・・、

MTBなら、大自然のポスターや、流木などを飾ったり・・・、

”半畳の展示ガレージ”を製作するのも愉しいかもね。(^-^)

自分の部屋で、カッコ良く、愛車を眺める事が出来るのは、マニアにとって至福の時だ。

「今度のお休みは、何処に行こうか・・・」とか、

「どこをカスタムしようか・・・。」なんて、考えたり・・・、それはワクワクの時間だよね。

 

ミノウラ:DS-2200 ディスプレイスタンド(NEW

販売価格:13.800円(税抜き)

 

~~~ 臨時休業のお知らせ ~~~~~~~~

2月27日(水)

講習会の為、お休みいたします。 店主

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スコット・クロス

マウンテンバイクでは、世界をリードする”SCOTT”(米)

実に、素晴らしい自転車を、提供してくれています。

そのスコット社、”クロスバイク”も販売しているのです。

”SUB CROSS”(サブクロス)

 

独自のデザインがGOOD! オール・マットブラックがクールです。

シマノ社の、OIL式DISCブレーキを採用。

スパイスの効いた、ブレーキングを約束!

DEOREのディレーラーが付く。(3×9速)

タイヤは700×35mm幅の、若干太めを装着しているため、

多少の凸凹や、ストリートの段差なんか、へのカッパ だぜっ!

 

自転車での通勤や、通学をお考えの皆様、

クールでイカす、スコット・サブクロスはいかがだろうか?

カッコイイ。それだけで良い。うん。

 

さあ、春が、間もなくやって来ますよ!

何だか、ワクワクしますね~。(^-^)

 

スコット:サブクロス J1

販売価格:68.000円

新・BOMA

高性能カーボンロードレーサーを手掛ける”BOMA”社から、

2019年の新型モデルが発売されました。

”Sai”(サイ)

T800カーボンを使用した軽量フレームだ。(1300g F/F)

後部デザインも美しいですな~。

シートステーは、とても薄く作られている。

振動吸収性能に、大いに貢献している事だろう。

BB取付部はBAS(JIS ネジ切り) 異音がしなくて良い。

DI2のコードも通し易いように、内部の穴が大きいのもグッド!

フルアウター仕様時にも、対応し、ユーザーの思い通りの施工が可能だ。

 

この新型”SAI”は、昨年発売されたTOPモデルのCIEL(28万円)の

セカンドグレードだと思っていただければ、解りやすいと思います。

↓・・・・・(CIELの説明)・・・・・・・・↓

CIELは、新テクノロジー”DM2”(フレームの強度を上げる技)を採用した上に、

さらに究極の軽量にこだわり、BB部は圧入タイプを選択。

フレーム表面すら、あえて飾らないUDカーボンを使用し、

「闘うバイクとは、こういうものだ!」と、次世代ロードレーサーを目指したもの。

ダッシュも、ダンシングも、ブレーキング時も、振動吸収も、次元が違うのだ

それが、ザ・スーパーマシン”CIEL” 販売価格は28万円。

※(CIEL 2017年9月10日 紹介)

 

うん。良い事は解った。しかし

「28万円か~良いんだけど…、金銭的にもう少し手が出し易いのが欲しいな~」

という人も多いだろう…と思われる。

そこで、出て来たのが、今日紹介している、”Sai”18万円という訳だ。

”CIEL”と比べた時、気になる数字的な所としては、金額の差10万円。そして、

①重量差+180g ②TOP長-5mm ③リアセンター+5mm である。

 

・・・解り易く伝えるならば

「ちょっぴり重く、ハンドルまでが短くてラクで、後が長く安定していて…」と言う事だ。

この、新モデル”Sai”を、メカニックとして見るならば、

・”BB部にネジ切りを採用した事”は、多少の重量増加になったとしても、問題発生率が少ないという理由で、大変良い事だと思う。

・リアセンターを5mm伸ばし、28Cタイヤまで装着可能とした事も良い。

・TOP長の5mmに関しては、フォークの長さや角度などから出て来たものなのだろうから、深く気にする数字ではない。と思っている・・・。

究極のレーサー”CIEL”に近いコンセプトで、しかも、お安いというならば、

”究極”を目指さなくても良いライダーには、うってつけ ではないかっ!

という事で、

お手頃な価格で、次世代カーボン車に乗りたいなあ~」という人に、

ぜひ、お薦めしたい”Sai”です。

ピナレロ・プリンス

イタリアンバイクの王者”ピナレロ”の、プリンスが入荷しました。

ピナレロバイクらしい、流線形のデザインは、実にカッコイイですね。

最上級機のドグマも、中堅機のGANも、このプリンスも、シルエットはそっくりで、また一見、同じように見えるけれど、細かい所が、違うのであります。

バックのパイプは角ばっていて、中間からフニャっと変化している。

(イエロー部からカーボンカラー部にかけて変化しているのが解るかな)

こちらは、GAN。パイプは丸く、プリンスのような変化は無い。

この場所が、凹んでいます。ボトル装着時に、空気抵抗に貢献しているんだって。

上部の場所には、DI2のスイッチ(ジャンクション)が付けられる。

スッキリとして良いですね~。

店長の乗っているGANは、ハンドルエンド部にスイッチをつけているが、

やはり、「この場所にこそ!」と思ってしまうのだ。羨ましい~。

さて、

今年のピナレロ社の、大きなトピックスとして、”プリンス”の復活が上げられた。(詳しくは省略します)

このプリンス、内容的に見ると、もうほとんど、最上級機のドグマと一緒である。

中堅機種なのに、ここまで良いと、最上級との差や違いを問う方が難しくなる。

購入する人も、また、ユーザーにとっても、迷ってしまうのではないか??

・・・いや、そうではない。

ここが、王者ピナレロ社からの、提案であるのだ。

レディ・メイドの最上級が、プリンス。

 

名機として、歴史を背負った”プリンス”の何に恥じない物を、堂々と既製品として送り出す。

そして、最高のプリンスがあるからこそ、上級機種ドグマの価値が、あるのです。

ドグマは、”別格”。

 

”いかなるレースでも、絶対に勝つをスローガンに、アイデアや工夫を惜しみなく導入していく、究極のマシン、それがドグマである。

だからその時、その年式に、オーダーメイドにより作られる(生まれる)ドグマは、いつだって最先端であり特級品である訳だ。

「何年式のだから、どーのこーの・・・」とか、

「オークションで、いくらで売買・・・」なんてチープな話は、無縁の宝物なのである。

”ドグマ”という存在は、ピナレロ社のツッパリであり、血みどろの結晶なのであると、私は思っている。

その”絶対王ドグマ”があるからこそ、プリンスの価値が大切な事に気が付く。

レディメイド最高峰としてのプライドと、その性能を誰にでも伝える柔軟さ。

現実的に、購入し易い金額であることも、大事だろう。

最高と別格、似てはいるが、大きく違う。

 

改めて、優等生プリンスの偉大さを想うのです。

この美しさ。妖しさ。素晴らしいのです。見守りたいのです。

脳内BGM♪ さらば宇宙戦艦ヤマト by沢田研二

 

ぜひ一度、現物を見ていただきたいと思います。

手が出し易い・・・と言っても、なかなかポンポンと購入出来る訳ではないけれど、

素直な目で、「良い物は良いね」と、感じていただきたいと思います。

 

ピナレロ:プリンス/T700

販売価格:

フレームセット(3カラー)275.000円

シマノ・アルテグラ完成車 435.000円 展示車両

カンパ・ポテンツァ完成車 435.000円

シマノ・新型105完成車 385.000円

コーヒーを販売します。

♪ジャ~ン。美味しくて、珍しい”コーヒーパック”を販売します。

この絵のようにから、コーヒーが出て来ます。

これがあれば、場所を選ばず、淹れたてのコーヒーを楽しむ事が出来るのだ。

販売価格:370円(税込) 味は5種類

グアテマラ:やや強めのミディアムローストに、甘いキャラメルとダークチョコレートのような味わい豊かなコーヒー。

エチオピア:柑橘系の爽やかな甘みと酸味、程よい苦みが調和したクリーミーなフルボディのコーヒー。

ホンジュラス:ミディアムローストの焙煎により、さっぱりとした爽やかでフルーティな味わいを楽しむことができます。

コロンビア:柑橘系の生き生きとした香りと、アーモンドの様な風味があります。新鮮な酸味とザクロやサクランボのような石果のはっきりとした甘味があります。

ブラジル:非常に強いボディ感が特徴で、ローストの強いコーヒーが好きな方におすすめです。ナッツとダークチョコレートのようなリッチな風味が漂います。

飲み方(作り方)は、袋にお湯を入れて、数分で完成~!

実に簡単で実にオモシロくて旨いのだ!

サイクリングの途中、自分だけの一杯を楽しむのに、実に良いので~す!

※(アツアツのお湯(ポット)とカップを忘れずにネ~)

 

店長のお薦めコーヒーはコロンビア。普段は飲めない(飲まない?)味が、

特別感を演出し、贅沢な時間を味わう事が出来る。(かもしれない。)

そして、なによりも「この変わったオモシロい袋から、コーヒーを淹れる」というエンターテイメント性が、良いのだなあ~。>^_^<

もちろん、お湯が確保出来る所なら、何処でだってOK。

家ではもちろん、オフィスや作業場でも、至福の一杯が頂けます。

家で飲むなら、カップの底に、ザラメ糖を少々入れ、ゆっくりとコーヒーを注ぐ…。かき混ぜないのが、旨さのポイントだぞ!じわじわっと来る甘さの提案をじっくりと受け止めよう。

いかがでしょう・・・。この5種類のオモシロ珈琲。ぜひお試しくださいませ。

そうそう! この袋は、何度も使えるから、すぐに捨ててはダメです!

中味(コーヒー豆)を、市販のレギュラーコーヒー(新しい物)に入れ替えれば、”珍品のコーヒーメーカー”として使えちゃうのだっ!

どうですか?オモシロいでしょ!?

販売価格:370円(税込)