パオパオ・ウエア

茄子の主人公”ぺぺ”が着るパオパオウエア

『監督、あんたに教えてやりてぇ…。

プロっていうのは、仕事以上の事をやっちまう奴だって…』

茄子・・・いい物語なんだよね~。ステキなんだよね~。

少量ですが、店頭在庫ございます。

ぜひ、ご利用くださいませ。

 

新・エスケープ

GIANT社からも、2021モデルが続々と発表されております。

エスケープR DISC

ブルーとグレーのグラデーションが美しい~。

台座も美しいデザインです。しっかりと溶接されています。

制動能力が高い”油圧式のディスクブレーキ”を装備。

剛性を高めたフォークは太く、ストレートデザインで歪みはない。

サイド(キック)スタンドは、専用の台座部分に取り付ける設計で、美しさと実用性にこだわる。

ドロヨケやキャリアなどが装着できる、ネジ穴も在る。

 

「エスケープR3(Vブレーキ仕様)に、ディスクブレーキを付けただけなの?」と思われがちだが、いやいや全く違います。

ジオメトリー(寸法)は、同じですし、使用しているコンポ(変速機など)は、ほぼ同じで、名前も同じ”エスケープ”なのですが、

ディスクブレーキ専用設計(剛性UP)のフレームが与えられたこれは、全く違うマシーンに仕上がっているのだ。

ぜひ、この完成度の高さを見て(感じて)いただきたいと思います。

ご来店、お待ちしております。

 

エスケープR/DISC

シマノ 3×8(24段変速)

テクトロ製 ディスクブレーキ

カラー3色 ブルー/ グリーン/ グレー

重量 11.5kg

販売価格 61.000円

https://www.giant.co.jp/giant20/bike_datail.php?p_id=00000096

 

 

新生ジーティー(GT)

2021年モデルが動き始めました。

GT社(アメリカ)入門用のMTB”アグレッサー”

同シリーズ中、最上級モデルが、この”EXPERT”(エキスパート)

油圧式ディスクブレーキが標準装備されている。

GTと言えば、フレーム作りに”トリプルトライアングル”という工法が有名で、

剛性”こそ一番と謳っていた。

しかし、近年のGTは、少々考え方を変え、剛性云々よりも、”乗り心地”を重要視している。

上の写真(黄色いフレーム)は縦パイプと横パイプが溶接されているが、

下の写真(銀フレーム)は、溶接されていないのが判る。

その結果、横パイプ(正しくはシートステー)がより長くなるため、

”積極的にしならせる”という仕事をさせているのだ。

この工法を、”フローティングステー・トリプルトライアングル”と言うそうです。

どのくらいのクッションが効いているのか???

20センチの段差を降りた時(落ちた時)の衝撃で語るならば、

旧型は、「ドカンッッ!」

新型は、「パタンッ!」 である・・・。(#^.^#)

これがもし、悪路であったり、連続する凸凹であれば、

体感では劇的に違うことが、誰もが判るはずでしょう。

GT アグレッサー エキスパート

販売価格:60800円

 

こちらはGT AGGRESSOR RIGID(アグレッサー・リジッド)

最大の特徴は、フロントサスペンションではなく、

ノーマルフォーク(リジッドフォーク)が付く。

左右に”ネジ穴”が3コずつ(計6コ)あり、キャリアやグッズなどを装着できる。

この角度にも注目! 寝ているフォークが、直進安定性を高めるのだ。!(^^)!

 

クッション性や悪路走破性では、圧倒的に優位なサスペンション…。しかし、

一般走行時や、ツーリング時には、逆に邪魔な存在でもある。

だったら、いっそ外してしまえっ!と言わんばかりに、潔く?登場したのが、このモデルだ。

重量軽減と、メンテナンスゼロの優位性は、大歓迎である。

メカニカルディスクブレーキ(ワイヤー式)が装着されている。

カッコいい~!

さて、

世の中のMTB全般に言えることだが、

廉価版のサスペンションフォークは、重い。

また、きがく、ガタも出やすい・・・。

価格を抑えれば、仕方がない事情であるし、残念ながら、受け入れるしかない。

自転車を愉しむ上で、不必要なものを取り払い、さらに良くなるのであれば、

私はそれを歓迎したいと、いつでも思っているし、それこそが真の性能アップと言える。

一見、レベルダウンしたと思われがちだが、そうではないのだな・・・。

 

実際に、このバイクを走らせてみると、キビキビと走り、実に軽快だ。

前部が軽い(重くない)というのは、体感的にはものすごく大きいものです。

販売価格:51800円 

 

コロナ、大雨、不況 などなど、呼吸が苦しい状況下ではありますが、

今日の私たちに出来ることは、とにかく下を向かない事。

辛くても、少しだけ目線を上げて、まいりましょう・・・。

 

タカヤマサイクル 店長:高山真

サブクロスJ2

皆様、お元気ですか?

気が付けば、夜明けが早くなり、AM5時でも明るく不自由はありません。

また、夕暮れ時は実に気持ちよく、快適に過ごすことが出来ます。

ぜひとも、この素晴らしい優雅な時間を堪能し、

心身ともに健康で、愉しんで(楽しんで)いただきたいと思います。

その素晴らしい時間に「一人でサイクリング」はいかがですか?

本日、お勧めしたいモデルはこちら。

前回に引き続き、スコットのクロスバイク=”サブクロス”を紹介します。

こちらのモデルは、ワイヤー式(メカニカル)のディスクブレーキを採用した、

サブクロス・J2(ジェイツー)

変速段数は、前3×後8の24段変速で登坂でもへっちゃらだ。

シマノ製のコンポーネントを採用した、実用性の高いマシンがこれ。

タイヤは700×35C(35mm幅)を装着。多少の凸凹や車道と歩道の段差など、気にせずバンバン走ることが可能。

そのサブクロスJ2に、この春、新色=マットブルーが追加されました。

このブルー、すごく綺麗なのです。 (^_-)-☆

 

サブクロス J2

カラー:3色 ブルー(艶消し)・ブラック(艶有り)・ホワイト(艶有り)

販売価格 58.000円

 

「どっちなの???」

オイル式(油圧)のディスクブレーキと、メカニカル式(ワイヤー引き)では、

どちらが良いのか?と、質問を受ける事があります・・・。

結論を、先に言うならば、

やはり、オイルのほうが、制動能力も、引きの軽さも優れています。

触った感じ=タッチ感はダイレクトで、「さすが!」と言いたくなるほどです。

大人としては、この質感の高さに、目を向けるべきですよ。(^_-)-☆

では、「メカニカルは悪いのか?」といえば、そんなことはありません。

オイル漏れは絶対にないし、金額も安いし、セッティング次第では、

下手なオイルディスクブレーキより、数段上の実力を発揮します!

また、冬場になれば、特にこの地域は氷点下の気温になることもあり、

油圧式の物は、内部のゴムが固くなり、ピストン動きが悪くなります。

するとまれに、オイルが滲んだり、漏れたりする事もあります。

それに比べて、

構造のシンプルなメカニカルタイプは、トラブルもなく、とても安心と言えます。

メカニカルの欠点と言えば、

構造上、時々、左右のブレーキパッドの位置を調整しなければならない事と、

ワイヤーの動きが悪くならないように、内部に時々注油をするなど、

この時々が、時々だけに面倒臭いなあ~」ということだけです。(-_-;)

でもまあ~それは、販売店やメカニックがやればいいだけの事。

皆様は、空気を入れる等、店に行った時に、確認や調整をしてもらえばいい。

ただそれだけだ。

「店に足を運ぶ。それだけで完璧に安心が手に入る。」♪ルルル(#^.^#)

そう。面倒な調整やセッティングは、店任せでいいんです…。

もちろん、「技術・スキルを持つ販売店やメカニックから購入すれば

という条件付き、で・す・け・ど ね。

きちんとした店で買っているユーザー様には、大きな問題はないのです。

今日も元気に、まいりましょう!

スコット・クロス

 

スコットのクロスバイクを紹介します。

サブクロス・J1

マットグリーンが、渋くて、カッコいい~! !(^^)!

ブレーキは、シマノ製のオイルディスクだぞ。

メンテナンスもラクで、安心だ。

 

スコットから発売中のクロスバイク=”サブクロス・J1”

この度、新色の『ブリティッシュ・ダークグリーン』が追加されました。

”大人の色”って感じで、すごく素敵なのです。

マッドガードや、リヤキャリアをつけても似合う。

どうですか!?なんか、カッコいいでしょ。

ジャケットを着て、街を流す。う~ん、なんて優雅なのでしょう。

休日には、自転車に乗って出かけよう!

散髪屋さんに行って、本屋に行って、喫茶店にも行きたいね…。

自分の時間を、ゆっくり過ごす。愉しむ。

こんなクロスバイクの使い方、とてもステキだと思います。

 

スコット サブクロス・J1

カラー:3色 ブラック、ガンメタ、グリーン

サイズ:S・M・L・XL

販売価格:68.000円

不安や心配事がたくさんありますが、

どうぞ、心身ともにお元気でお過ごしください。

「心、優しく穏やかに。」

タカヤマサイクル店長:高山真