タカヤマサイクルホームページ

つや消しワックス


本日 紹介するのは、

流行りのマット(つや消し)仕上げのフレームや、部品に適した、

メンテナンス用品です。

IMG_5610

   マットフィニッシャー

IMG_5611

砂、ドロ、油汚れ、指紋などを、安全に取り除きます。

IMG_5612

使い方は簡単。汚れた場所に、このスプレーを「♪シュ~」と吹きつけ、

拭き取るだけで、OK!  奇麗に、ピカピカになります。 \(^o^)/

IMG_5606

特記したいのは、その仕上がり。 マットが、”ザ・マット”に変身するのだ。(^_-)-☆

ムラの無い、一枚のツヤ消しになります。これは本当に気持ちが良いのです。(しみじみ)

IMG_5608

クリーナーなのですが、表面仕上げ効果=”ワックス効果”としての性能も高く、

つや消しの表面が、もっと、”品の良い、つや消し”に変わるのです!

他のワックス類を使うと、ピカッと、輝くつや消し?になるのですが、

この”マットフィニッシャー”は、マット(つや消し)専用に開発された為、

”つや消し”独特の、高級感と怪しい魅力、美しさを、最大に引き出してくれるのである。

さらに、これを塗布しておけば、汚れも付き難くなり、

つや消しの美しさが、長く保たれるという訳だ。

 

「つや消しの光沢」を維持する事は、正直なところ、なかなか面倒な事でもあった。

特に、MTBなどは、土や埃が目立ちやすく、また、汚れが落とし難くい。

拭いても、どんどん白っぽくなり、古びた感じになってしまうのだ…。

流行りの、”蛍光色のマットカラー”なんて、「どーすりゃ良いんだ?」と悩み、

通常のワックスを使って、磨いていた人も多いはず。

しかし、フラットな感じは無くなり、「光ったつや消し」として、輝いてしまう。

それはそれで、決して、悪くは無いが、・・・可能であれば、

やはり、「マットの持つ怪しさ」は出したいものだ。

このジレンマを、一発解決するのが、この、”マットフィニッシャー”である。

マットカラーの自転車を所有しているユーザーの皆様、

ぜひ、この一本を、お試し下さいませ。

 

カーボン、アルミ、チタンでもOK!

フレームだけでなく、ホイールや、ハンドル、ステム、クランクなど、

様々な所に、使用可能です!

 

ホワイトライトニング:マット フィニッシャー

560ml スプレー式

販売価格:1.620円