タカヤマサイクルホームページ

やはり、ピナレロです。


 

当店が扱う、各種メーカー、ブランドは国内外、様々ある・・・。

その中でも、ずっと”TOPブランド”として「丁寧にお薦めしている」ものが、

ピナレロ(伊太利)であります。

IMG_5089

なんと言っても、イタリアらしい、グラマラスなフレームデザインは、

一目で「おお!ピナレロだっ!」と判る。この説得力は、大きいし、気持ちが良い。

IMG_2670

以前にも、ここで紹介したが、

スポーツカーのルーフに、ピナレロ・・・。カッコ良過ぎます!

最上級モデルの”ドグマ”をはじめ、全てのラインナップに、妥協はない。

ここが、ブランドであり、本物であり、世界で指示されている大きな理由だろう。

IMG_2673

よく耳にする、安っぽい意味での「コストパファーマンス」は、

ピナレロには「ない」。

そんなもの、このバイクには必要無いのだっ!

媒体などで、文章を埋める為だけに使う”コスパうんぬん”は、

夢が無く、現実味を通り越して、「大安売りのバーゲンです」としか聞こえない。

まあ、それは時代が許しているので、仕方が無いのだが、

どうにも、”自転車”を、特に高級スポーツバイクを語る上では、スッキリしない。

だから、夢の象徴あるピナレロには、全く必要のない事柄であると、私は思っている。

憧れのバイク。憧れのイタリア車。それだけでいい。

いつの、どの年式でも、色褪せない格好良さは、他社には出せない何かがある。

世界のレースでは、大活躍し、勝利という偉大なるシンボルを掴んでいるし、

僕らの世界(生活)では、サイクリングのパートナーとして、日々活躍をする。

どちらにも、”伊達さ”という、特別なカッコ良さと、色気と、粋な感じがある。

背伸びをし、無理をしてでも乗りたいバイク。 それが、ピナレロなのだ。

 

という訳で、

IMG_5595

本日紹介するモノは、ピナレロブランドの中でも、

グランドツーリング位置の”ANGLIRU=アングリル” 243.000円

前身は”ロク”やラズハK”というネーミングで、販売(展開)しておりましたが、

今期は、”解り易さ”を出し、ここに改名。

IMG_5596

先日紹介した、レーシングモデル=”RAZHA”や”GUN”とは、

少し違う性格が与えられている、”ピナレロ”であり、

「気安さ・快適さ」を徹底的に追求した、カーボンバイクであるのだ。

大きな特徴としては、シートステーが、弓状にデザインされ、

振動吸収性能を高め、快適さに振ったチューニングが施されている。

IMG_5598

タイヤと、フレームのクリアランス(隙間)も大きい。ここも大きな特徴だ。

写真は700×25Cですが、指一本分の隙間がある。

つまり、さらに太い幅のタイヤを付けても、全く問題が無いという事。

太いタイヤのメリットは、ふんわりとして、グニャリと凹むクッション性。

タイヤの空気圧力加減により、快適で気軽な走行も楽しめる、という訳です。

 太めで耐パンク性能の高いタイヤを付けたら、通勤もラクに、愉しくなるぞ!

 

さて、このような自転車を、

業界用語では、総合して”コンフォート”と呼ばれている。

当店としても、今まで何種類か、ここで紹介とお薦めをして来たのだが、

本日ご案内している、このピナレロ=”アングリル”は、他社(車)とは少し違う。

造語になってしまうが、「レーシング・コンフォート」と言えるだろう。

数年前、このコンセプトは”ドグマK”として、

同社最上級のポジションに、並んでいた経緯がある・・・。

それは、なぜか?

鍛え上げられたトップ選手でも、長距離や、コースの路面によっては、

疲労の軽減」という性能も、時には欲しいのである。

実際に、コースの2割はダートというレースも多い。

とうぜん、雪や雨もある訳で、その時の荒れた道となれば、

想像するだけで「辛く過酷」なのだ。

その解決策として、

・凸凹に強い、太いタイヤ。

・ドロや葉っぱが詰らない、広いクリアランス。

・振動吸収を高くし、集中力を高める快適なフレーム。

つまり、この設計思想は「トップ選手の為」であった…という訳だ。

現在は、ドグマ・グレードからは離れ、カタログ上はアンダークラスとなったが、

その特化した性能は、今でも目を見張るものがる。

レーシングな魂を込めた、身体にソフトなロードレーサー。

それが、アングリルだ。

 

と、まあ~、いろいろな事を言ってみたが、

快適で、買い易いモデルは、私達一般ライダーには、

「心から、ようこそ!」なのですよ。

特に、私のような人生半分、体力減退を感じる「叔父さん」には、

快適というものは、真に”必要な性能”、でもあるのだなあ~。(*^_^*)

力のある若者や、”レーシング人間”とは異なり、

無理をする必要のない?”ナイス・ミドル世代”としては、

カッコ良くて気楽で快適 が良いのだ。(^_-)-☆

「家から60km離れた♨露天風呂に行く」なんていう使い方も、

「美味い蕎麦を食べに行く」ことも、

「奇麗な景色の写真を撮りに行く」ことも、

ピナレロという、ちょっと高級な”伊達自転車”だから、なおさら似合っちゃう。

(洒落たシューズを履いて、お出かけする雰囲気と一緒だ。)

 

軽量なカーボンフレームと、踏み易いギヤで、どこまでも走るのだ。

景色を眺める…。疲れたら、堂々と休む…。美味いコーヒー屋で、一服する…。

自転車を駆って、ちょっとしたトリップを楽しむ。

時には、タイムレースにも、参加する!(若者にも負けないぜっ!なんてネ。)

 

この、孤高な、「一人で愉しむ」という時間を知ってしまうと、

人生が、もっと楽しくなるかもしれない。

「大げさ?」 いえいえ、本当です。

大人の男達へ。

ピナレロ・アングリル お薦めです。

 

ピナレロ・アングリル

T600UDカーボンフレーム

メインコンポ シマノ105

販売価格:243.000円

 

 ※アングリルは、軟弱なバイクではありませんし、

弱い人向けとして、お薦めしている訳ではありません。

様々な考え方があり、思い描ける”可能性”に満ちた、一級品です。(店長)