タカヤマサイクルホームページ

王者・カンパニョーロ

  • 投稿日:2017年07月27日
  • 記事カテゴリー:ブログ

IMG_4910

いよいよ、伊太利のカンパニョーロ社から、

ロードレーサー用のDISCブレーキが発表されましたね~。

旧くから・・・というか、以前から、

「ブレーキの考え方」という課題においては、

カンパニョーロ社の捉え方と設計は実に素晴らしいものであった。(大共感)

他社のように、「効けば良い」という話ではなく、

速度コントロール」という、操作性能を重要視しているところは、

私は共感していますし、大絶賛しております。

ブレーキの魔術師であるカンパニョーロ。

老舗ブランドとはいえ、この”DISCブレーキ”は後発ですから、

ある意味、勝たなければなりません。

この”勝つ”という意味は、サマザマで、

また「誰に何に対して?」という話になるのだが、

まあ、そんな小さな事はさて置き、

「カンパニョーロ社がDISCを出して来た!」という事実だけが、

私達を、ワクワクさせているのだから、それが価値ですし、勝ちの要因なのだ。

 (なにを、小難しい事を言ってやがる・・・)(^_^;)

 

とは言うものの、

店長の性格上、新しい物に対しては、まず疑いを持つ。すぐに信じない。(-_-メ)

大好きなカンパニョーロだからと言って、速攻で「良いです!」なんて絶対にない。

・・・ない。・・・けど、やっぱり良いかもしれない!

・・・だって、

カンパだもん! どこかで期待しちゃうぜえ~。

 

(そんな考えと期待を持ちつつ、カンパニョーロのセミナーにて、初の御対面。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 GOOD! (^^)!

このブレーキを触った瞬間から、「おおおっ~!」と思った。

そして、構造を見て、驚いた。

これは、良い!(^_-)-☆

IMG_4912

構造が、実にシンプルだ。

IMG_4914

 

実際には、走行中のブレーキを試していないので、

最終結論と感覚を、この場でお伝えする事は出来ないが、

カンパニョーロ独自の「フィーリング」は、指では伝わって来た・・・。

第一印象は、「かたい」 (良かった~)

この「かたい」は「堅い・固い・硬い・難い」などあり、

どれも当てはまるのが、カンパニョーロ製品だ。

質実剛健の機械として、金属として、気難しさもあり、敷居の高さもあり、

この辺りが、カンパニョーロの魅力である。・・・と私は考えている。

DISCに話を戻すと、

・カチっとしたブレーキタッチ。(指に伝わる、無駄の無さ)

・Fブレーキと、Rブレーキ、各自に与えられた効き具合の仕上げ(チューニング)。

・細部にわたり、スキの無い作り込み。そして完成度の高さ。

DISCの発表は、後発である為の有利性もあるだろうが、

私は、このブレーキを支持したいし、応援したいと思う。

 

カンパニョーロは、裏切らないのだ。

機械の、機械としたところを、上手く表現している。

使い手を選ぶ、カンパニョーロ。今日も健在です!

カンパニョーロファンの皆さん、安心して、DISCブレーキを選んで下さい。

 

リムブレーキの制動力も格段にアップしている昨今、

「DISCブレーキを選択する意味と理由はあるのだろうか?」と、

考える人や悩む人も多いだろう。

その答えとしては、

・軽さとシンプルさを好みなら、リムブレーキ。

・メカニカルで、安定性能を好むなら、DISCブレーキ。

 

選択肢が広がったことで、趣味の世界がより愉しくなったのだから、

歓迎すべき事だと、私は思う。

ロードバイクの歴史として、このブレーキ革命は”大事件”なのだ。

あなたが、この”目撃者”となり、”先駆者”であれば、

素晴らしい事かと思います。

 

今週末は、富士見パノラマスキー場にて、

シマノバイカーズフェスティバルが行われるが、

この時、カンパニョーロがブース(店?)を出す。

そこで、DISCブレーキ付きロードレーサーが、試乗出来るらしいので、

興味のある方も無い方も、足を運んで、試乗していただきたいと思います。

イタリアの王者カンパニョーロの味付けを、あなたの心で味わって下さい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

さて、(ここからは、店長の個人的な意見を・・・)

”王者のカンパニョーロ”ですから、最上級のレコードをはじめ、全てのコンポには、

ユーザーに媚びないイメージと、その商品構成は、唸るものがある。(私感)

使い手を考えて、「優しく、易しく、柔らかに・・・」ではなく、

使い手を選び、「強く、勇ましく、逞しく・・・」というメッセージが伝わって来る。

例えるならば、

春夏秋冬、TPOを考えず、

「これが、当店の美味いコーヒーです。熱いうちに飲んで下さい!」

ずっしりと重いカップを持ち、緊張していただくのがカンパニューロならば、

暑い時には、冷たいおしぼりと、冷たい水を用意してくれ、エアコンも冷え冷えで、

「アイスコーヒーです。ごゆっくりどうぞ・・・❤」と、行き届いたサービス?が、

他社?のような感じだ。

もちろん、どちらが悪い訳でもなく、お客様が好むものを用意する事が、

商売としても、正しい訳なのだが、趣向品の世界では、

各社の、目線が違う事も、コンポ(部品)を選ぶ、面白さかもしれない・・・。

 

①まずは基本。

②時代に合った物事。

③自身の自信作(物事)。

④ユーザー(お客様)に合わせられる柔軟さ。

 

上の4つは、店長のルールである。

この順番が狂っていると、全てが台無しになる。

自分の技術やお薦め出来る物事がなければ、

お客様の希望には、叶えられないからだ・・・。

 

カンパ社は、私の思っている上記のルールを進んでいる。

不器用ゆえに、時には悪いレッテルを貼られる時もある・・・。

我が強すぎて、柔軟さが無いと呆れられる時もある・・・。

”王者”と言ってしまうのは、この辺りを思うからだ。

 

単なる言葉遊びでしか過ぎないかもしれないが、

今の時代にこそ必要な、”かたさ” を、指示したいと私は思います。

皆さまは、どう考えますか?

 

 

~~~ 臨時休業のお知らせ ~~~~~~~~~~~~~

7月29日(土)30日(日)

シマノバイカーズ参加の為、休業いたします。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。