タカヤマサイクルホームページ

男のGT


 GT。この「ジーティー」という発音に、私の心が躍るのだ…

japan jpg

”GT”とは、クルマの種類をいうもので、

Grand Tourer グランドツアラー。 または、

Gran Turismo グランツーリスモ である。

長距離ドライブを心行くまで愉しむ為の、”特級な快適”さを持つクルマである。

内装は、ラグジュアリーあったり、スパルタンでスポーティーなものであったり、

車種ごとに、個性が出され、ドライバーを楽しませる、演出がされている。

そして、スポーツカーと同等、もしくは、それ以上の動力性能運動能力を持ち、

「その気になれば…」という、闇の顔が見え隠れするのだ。

魅惑的な容姿は、ワンクラス上の風格を持ち、色気気品高級感のオーラを放つ。

大人の欲張りなクルマ。 それが、GT

 

誰にも流されない、孤高の者や、群れを嫌う”一匹狼”と呼ばれる、

獣の心を持つ大人の男には、問答無用に似合うのが、GTだ!

余るほどのパワーと高級感を、”我が配下に置く事”を喜びとし、

時に優しく、時に激しく、真っ直ぐな目と心を持つ者にこそ、相応しい。

GT・・・。実にエキゾチックなワードである。

 

さて、本題に入ります。(前置きナゲ~よ!)

GTと言えば、

マウンテンバイクメーカーの、GTですよねえ~! (^_-)-☆

IMG_5254

GT(アメリカ)社の2018年のマウンテンバイク、

NEW・アグレッサーCOMPが、入荷しました。

IMG_5257

独自のフレームデザイン”トリプル・トライアングル”が、同社の大きな特徴である。

旧型に比べ、低重心化されたフレーム(寸法・測定値)を採用。

これをGT社は、”プログレッシブ・ジオメトリー”(P・Geo)といい、

全てのGTマシンに、この”P・Geo”を取り入れているのである。

具体的に言えば、BBハイト・TOP長など細かく変更され、

現代レベルでの”乗り易さと使い易さ”を目指したのである。

また、MTBは、オフロードや山岳道だけではなく、街乗りも当然のものだから、

”新しい走行形態”に合わせて来た…という事も、うかがえる。

IMG_5255

メカニカル・DISCブレーキを搭載!制動力も、バッチグ~!

IMG_5256

カラーセンスも良いねえ~!

GTのイメージ色である「ブルー」を、何気なく入れて来る辺りは、

”アメリカンMTB”としての個性を引き出していると思う。

 

ケーブル類は、流行りの内装式にせず、同社の上級機に倣い、

フレームに沿わせ、外留めする”フルアウター方式”を採用。

(このワイルドさが、男心をクスグリます。!(^^)! )

コンポはシマノアルタス 3×7スピード。

気になる販売価格は、53.800円

使用している部品などは、マニア目線からは見劣りするが、

このクラスは、街乗りとしてMTBを選ぶ方々も多いため、

価格の安さをはじめ、使い易さや気楽さも、重要なポイントである。

しか~し、使っているフレームは、上級機同様の、

6061-T6という、熱処理されたアルミ合金である。

「強度と、耐食性(さび難さ)に優れているのだあ!」どーだ。(^<^)

と、このくらい知っていれば、とりあえず自慢は出来ると思います。

 

男のGT・・・。いかがだろうか。

 

GT アグレッサー コンプ

カラー2色 ブルーシルバー / ブラック

サイズ4種 355(XS) 380(S) 430(M) 485(L)

販売価格 53.800円

 

”男のGT”

昔読んだ、クルマ雑誌で、「特集、男のGT」というタイトルがありました。

それを、強烈に覚えているので、GTというと、

ついつい出て来てしまう、店長でした。(^_^;)