タカヤマサイクルホームページ

店長のNEWマシン

  • 投稿日:2017年08月12日
  • 記事カテゴリー:何でもNews

 この度、気分を新たに、”最先端ロードバイク”を作りました。

ベースは、イタリアの名門、ピナレロ

 ”GAN・DISC”

IMG_4997

 

そう!話題の”DISCブレーキ付き、ロードレーサー”です。

IMG_5000

コンポは、新型のシマノ:DURA-ACEをチョイス!ローターΦは140mm

IMG_4998

DI2仕様(電子式変速機)です。

このレバー内部にオイルタンクもあるのだ~。

油圧式でも、この小さなブラケットが出来るんだね~。技術の進歩だなあ~。

IMG_5002

ハンドルの先端に「ジャンクション」を付けて、ハンドル回りはスッキリさせました。

 

IMG_5003

 

中央部から、一本の電線だけが出ています。

IMG_5006

フレーム内部への侵入口も、スッキリとしてるでしょ!

IMG_5005

 

コンセプトは、

DISCブレーキ付きロードレーサーの可能性と追求。

そして、

リラックス出来る、快適なサイクリング車。

 

店長は、KOGA、アンカー、ボーマ、LOOK・・・など、

さまざまな、話題のある自転車に乗って来た。

どれも、スバラシイし、飛び出る性能と特徴を感じて、面白かった。

でも、

レース(競争)をする訳じゃなく、毎日のサイクリングに使う程度である…。

 

にもかかわらず、

最高峰の純なレーシングバイクを好む傾向と性格であるのだ。(^_^;)

もちろん、「ショップの主人として、常に新型に触れていなければならない」

という大義名分もあるが、

心のどこかで、「カッコつけていたい!」が、本心である・・・。(^<^)

 

それで、この度、選んだ車体は、イタリア老舗のブランド”ピナレロ”

世界のレースシーンで、常勝マシンであるピナレロの自転車は、

誰もが憧れるし、そのシルエットも個性的で、カッコいい。

高級感、色気、歴史、など、誰もが頷く特級のブランドであり、王者なのだ。

伊達男=イタリア男である・・・。伊達な自転車はカッコいいのだ。

ここがまた憧れる要因なのだ~。

IMG_2670スポーツカーに、ピナレロ載せて…て、どこまでカッコいいのですか!?

 

レーシング機材を、いかにラクに、愉快に、カッコ良く乗るのか?

これが今回のテーマで、店長としても、今やるべき課題です。

速いとか、軽いとか、そーいう数字はどこにも持たせない!

もう一度言うが、「ラクに、愉快に、カッコ良く」 これである。

そして、

ドグマじゃなく、GANである」という事。

※(ピナレロの最高峰マシンは、ドグマという名称で展開中)

 

カーボン繊維や、シートの織り方が違うという事で、

GANに使われているような、”UDカーボン”が見劣りされる風潮があるが、

乗った時に気が付く人は、限られた人だけだ。(あー言いきっちゃった)

スペック的な”高級”と、その意味不明な性能表記などは、媒体の世界だけでいい・・・。

カーボンシートがどーこー、マテリアルがどーこー言うより、

手が届く(購入し易い)ピナレロで、愉快にガンガン乗る!

GANだって、ピナレロです。十分、高級ですし、高価です。!(^^)!

量産型だからと言って、決して、偽物(にせもの)ではないのだから、

堂々と乗り回したいね。

もちろん、

ドグマの高級な理由は、良く解るし、手作りの良さと、戦闘能力の高さも、

理解出来る。というか、「ドグマでなくてはならない!」と思う事も多々ある。

F10なんて、凄いね。写真見てるだけで、ドキドキするもの・・・。

F10_DISK_BLACK

ショップの主人として、というより、私個人としても、

可能ならば入手したいものだが、

今の自分には、GANが良いのだ。

全てにおいて、扱い易い事が、課題であり追及すべき事ですからね。(^_-)-☆

 

という事で、

新型の、オイルDISCブレーキや、フレームの乗り心地、各部品の使い勝手など、

さまざまな感想や意見を、今後お伝えしてまいります。

 

 

「試乗して下さい!」

DISCブレーキのロードって、ど~なの?と思ってる人。

DI2の性能に、触れてみたいと思ってる人。

店長の”快適ピナレロ”に乗りたい人は、ぜひご来店下さいませ。

諏訪湖をヒュ~ンと走って来て下さい!\(^o^)/

 

~~~ 夏休み ~~~~~~~~~~

8月15日(火) 16日(水)