ツーリングって素晴らし~い!

自転車に乗って、旅に出かける…。感じますか?胸の鼓動・・・。見た事のない風景。普段と違う温度や空気の匂い。
これからどうなるのかな…?というドキドキする気持ち。やはりツーリングって楽しいですよね!
自分専用の自転車を相棒に、時間を共有する素晴らしさは、一度味わったら、病み付きになってしまいます。

先日、お客様(Sさま)より、ツーリング(輪行)に行った記念写真を頂きました。(お顔を載せちゃいました・・・)
瀬戸内のしまなみ海道です。こういう景色は、自転車ファンには涙ものです。「海、空、橋」にロマンを感じてしまうのだ…。
島から島へのサイクリング・・・一度は体験してみたいですよね。(あ~行きてえ~まじ行きてえ~~~!)
お客様の愛車は”ランドナー”という旅専用の自転車です。これは分解が比較的簡単で、袋に収納出来る
優れモノなのだ。今回その機能を生かし、電車を利用した「輪行」にて、遠いこの地まで行き、走りたい所を楽しむという、
実にすばらしい旅を体験されたのです。この行為がカッコイイのですよ!
(駅のホームや改札口で輪行袋を持っている姿を見かけると、すげーカッコイイと思ってしまう高山です・・・。)
もちろん、折り畳み自転車とは異なり、関節部が無い為、がっちりとした乗り味で、荷物などもしっかり積む事も出来るのだ。

オイラ(店長)も、学生時代はこのランドナーという旅自転車で、あっちこっち走り回っていたのだあ。(ああ思い出)
通称”ランドナー小僧”だったのだ。イエイ!!
26インチアメタイヤ、亀甲型ドロヨケと大きめのフロントバック、革サドルがポイントでした。
服装は、綿のシャツにニッカポッカ、バンダナとメッシュのグローブという、「あの時代少年」だったのだ。
だからと言って、何も、26インチとか、ランドナーとか、決め着けなくても良かったし、自転車や服装が何であれ、
自転車を楽しむ上では、まったくどうでも良い事なのだが、個人的にはこの”ランドナー”が大好きでしたねえ~。
布製のカバンを前後左右にビシッと付けたシルエットが、何とも言ないドラマを想像させたのだ。

そんな事で、今年のテーマは「旅に出かけよう!」です。
ロードレーサーでも、マウンテンバイクでも、一般車でも構いません!!
自分が「旅」だと言える、サイクリングを楽しんでみてはいかがだろうか??
お手伝いさせていただきます。

モグラさん、おはよう~!

モゾモゾ動くモグラさんです
モゾモゾ動くモグラさんです

横川山で、ゆっくり動く小動物に出会いました。体調10センチくらいのモグラさんです。
写真を撮れるくらいに、ゆっくりゆっくり歩いていました。かわいいね。

リスやタヌキ、シカやヘビにも出会うのですが、カメラを向ける時間が無いくらいにスウ~っと逃げて行ってしまうので、
こういう機会はなんだか嬉しかったりします。

あの、オタマジャクシは??

3週間ほど前見た、水たまりのオタマジャクシ・・・その後どうなったと思いますか??
横川山を走るたびに確認していましたが、大雨が降った後でも、流されずに居ました・・・。
水が乾いたりして、ドロ状態になった時でも、泥の中に動く姿が見えていました・・・。
でもやはり、オタマジャクシの数は、だんだん少なくなっている事は事実です。
今日確認したところ、数えられる程度しか居なかったです。
雨で流された仲間もいたでしょうし、ドロの中で動けなくなった仲間もいたでしょう。それが自然なのかな?

早く足が生えて、蛙になって、ここから巣立ってほしいものです・・・。
こういう時、なんて声をかければ良いのか??「がんばれ!」でもないし、「ファイト!」でもないし、
あーだこーだと考えた結果、力いっぱいコブシを握りしめ、
「また見に来るからな!それまで元気で夢見ろよ!」
と彼らに言って、その場をあとにした店長でした・・・。

へえ~~~~。

またまた横川ネタです・・・。左写真中央の石の前に水たまりがあります。(判るかな?)
なんと、その中にはたくさんのオタマジャクシが泳いでいるのですよ!
池でも川でもなく、水たまりですよ!! これが自然か・・・???

最近の横川上流コース

う~ん 自然だなあ~
コースの横にはこの黄色い花がズラリと並んでます。

最近の店長は、またまたマウンテンバイクの楽しみに目覚め、マイコースの横川山に行ってます。
タイヤの細いロードバイクでは、走れない凸凹道と滑りやすい路面との対話が実に楽しいのだ。
サスペンションのセッティングや、ポジションも改めて調整し直すと、劇的に走りやすくなっていきますね。
毎日走っていたら、体力も少しだけアップしたような気がします。
(でも痩せない・・・お腹ポチャポチャ。やはりビール大瓶2本やめた方が良いかな?)
山の動物にも出会います。シカやタヌキ、イノシシやヘビなど、毎回遭遇します。その時いつも思う事は、
「動物さん達、驚かせてゴメンネ~。ちょっとだけこの山道を貸してね~」ってさ・・・。

さてさて、
改めてマナーの事をお話します。自称「横川山自転車番長」のオイラとしては、挨拶とゴミには煩いです。
まず、歩行者がいたら、ニッコリと挨拶をして下さい。人が居たら、速度はゆっくり・安全に、そしてスマートに、
見ている側にも安心を提供しましょう。それが努めです。
ゴミ・・・これは問題だ。悲しいけれど、実際腹が立つほど、沢山ある・・。ビールやジュースの缶、
スナック菓子や弁当の空き箱、粗大ゴミまで・・・実にひどいものだ。
大切な自然、水源の森なのに、心が痛みますね・・・。

グロテスクな写真ですが シカの足です。 
完全に白骨化した動物の死骸です・・・。

そうなんです。こういう動物が居る場所に、私達が入って行く訳です・・・。山でゴミを出すという問題は、
「この空間を今だけお借りする・・」という謙虚さがあれば、絶対にあり得ない訳だ・・・。
自転車は楽しい。マウンテンバイクに限らず、ロードバイクも実に速いし気持ちが良い!うん。しかし、
必ずマナーが存在し、ムチャクチャな暴走行為や自分勝手な思いを持つと、一瞬にして悪い方へ行ってしまう。
今からでも良いから、きちんとしたベクトルを掲げ、素晴らしいスポーツを楽しもうではありませんかっ!

高山(店長)は かなりのツッパリ(意地っ張り?)だと思います。(自称)
クソまじめに正義を口にし、クソクソまじめに社会を睨みつけています・・・。もう、逃げないぞ!
さあ、明るい希望を持ち、手を組んで行きましょう!  おおお~~~~!(叫び)