足の置き場所

自転車の”足の置き場所”と言えば・・・ペダルである。

このペダルが、しっかりしているかどうか?で、操作性能が大きく異なるのだ。

そんなことで今日は、大きて踏みやすいペダルを、紹介します。

 

TIOGA

 

”TIOGA”から販売中の、プラスチック製の軽量ペダル。

横幅も大きく、とても踏みやすい。

この突起物が、靴底に食い込み、グリップ力を高めている。

樹脂製品だから、靴底を痛めることもないし、

万が一、踏み外しても、足へのダメージ(ケガや傷)が受け難いのもいいね。

価格が安いっていうのも良い。

このペダルの最大の特徴は、大きさ(面積)。特に横幅に注目!

裏から見ると、シューズの底がしっかりと隠れている。

横の長さがしっかりあるため、踏み込んだ時に力が逃げることはない。

小さいペダルでは、小指側が外れているため、体重が抜けてしまうのだ。

最近のスニーカーは、靴底が肥大化したデザインも多く、

特に、このような状態になってしまう・・・。

これでは、愉快なペダリング=サイクリングは出来ないです。

ペダル全体に体重を乗せて走れば、味わいも世界も変わるのだ。

すぐにでも走り方を上手くしたいならば、足元(ペダル)を見直そう~。

MKS

スカッとする、オレンジ色が、カッコいい~ !(^^)!

こちらは、三ヶ島(MKS)から販売中の”GAUSS(ガウス)”

最大の特徴は、軽量な樹脂製ボディに、金属製のスパイクピンがある事。

MTBやBMXライダーには、お勧めしたいペダルがこれ。(^_-)-☆

ピンが靴底に食い込み、絶対に足を踏み外すことはない。

悪く言えば、ずらしたくてもズレない…。そのくらい食い込む。

つぶれても、交換可能なネジ式の為、破損を気にせず、ガンガン攻め込めるね。

鋭く突っ込み、岩場にヒットしたって、ブルーにならずに済む。笑って次のセクションにGO~GO~!!

回転部は、シールドベアリング&ブッシュ式を採用し、強度と使い勝手が高められているのもグッド。

 

上で紹介した”TIOGA”と同じく、横幅がある。

見なければならないポイントはここ!

クランクから、どれくらい離れているのか?

また、取付部からの、横幅(寸法)も大事。

 

店長のロードレーサーも、MTBも、現在は大きな樹脂ペダルが付いている。

「スニーカーで走る機会が多くなった為。」なのだが、

結果的には、これがとっても楽しいのだ。

「ペダルを蹴飛ばしてこそ自転車」を再発見することが出来た。

もちろん、ビンディングペダルは高性能&高効率も実現できるし、

引き足を駆使したヒルクライムは、最高に気持ちが良いことも知っている。

速く走る事を目指している方には、専用シューズとビンディングをお勧めしたい。

 

じゃあ、どっちなんだよ???」と、つっこまれそうな、

なんともアマノジャク(天邪鬼)のような発言で、申し訳ないが、

改めて、楽しさの再発見をご提案したいのです。

型からはみ出すのではなく、型(過多)から抜け出すのです。

”もっと気楽に、もっと楽しく!”です。(^_-)-☆

 

外出禁止の中、サイクリングを提案することは、”最悪”なのかもしれませんが、

コロナが落ち着いた頃を想像し、元気にお過ごしください。

晴れた日曜日、早起きをして、人の居ない場所へワープする事の面白さは、

自転車ならではだと、私は思います・・・。

パオパオ・ウエア

緊急ニュースです!

パオパオ・ウエアが発売されるんだって!

(マンガ”茄子”の主人公ペペが着てるウエアだよ。)

パンツも同時発売。

帽子も、販売しちゃいます。

 

只今、注文の受付中です。※(締め切りは4月26日

★ウエア  13.000円(XS・S・M・L・XL・3L)

★パンツ  12.000円(同上 5サイズ)

★キャップ  3.800円(フリーサイズ)

 

欲しい人は、喉から手が出るほど欲しい”パオパオ・ウエア”だものね。

ご注文、お待ちしております。

「締め切りが短いから、急いでね」(^_-)-☆

ボトルゲージ

丸い月。見ましたか? 優しい光が、癒してくれますね。

「未来は明るく、楽しいことばかりだよ。」と月より励まされました。

皆さんも、そう感じたのではないでしょうか…。

(脳内BGM♪ それが大事)

さあ、今日も元気よく、明るくまいりましょう~。(#^.^#)

 

本日、ご紹介したい商品は、こちら。

超軽量のカーボン製ボトルゲージに、ミックス・ラメカラーを採用。

角度により色が変わる、不思議なペイントを施した”BC-22”

あなたの自転車にも、必ず似合うはずです。

BOMA:BC-22

カラー:5色

販売価格:4800円

(全色、展示中です!)

 

 

レッド・カスタム

まだまだ寒い日が、続いていますが、皆様お元気でしょうか?

耳の痛いニュースばかりが聞こえ、心が痛む、この頃です。

公園も、少し寂しい感じが漂っています・・・。

現在、大変な病気が流行っており、何かと心配な毎日ですが、

あまり塞ぎ込まずに、どうぞ、明るくお過ごし下さいませ。

私たちに出来ることは、予防と笑顔です。(#^.^#)

 

さて、本日ご紹介するのは、これ。

FULCRUM(伊太利)から、かっこいいホイールが発売されます。

レーシングゼロ・コンペティション”レッドカスタム”

ディスクブレーキ&アクスル仕様です。

スポークが赤いタイプと・・・

スポークが黒いタイプがあります。

回転部は、ノーマルより9倍も優れた回転性能を持つ”CULT”が搭載される。

DISCブレーキ対応、φ12mmアクスルで、さらに剛性を上げているのも嬉しい。

 

レーシングゼロといえは、アルミ製のホイールとしては、最高峰のモデル。

強度と回転性能は、ライバルを寄せ付けないほど素晴らしいのである。

他に見られる、ただ軽量なホイールにありがちなフニャフニャ感はない。

ガッチリとした剛性は、高速時のコーナーリングにも安心だ。

現実的に言うならば、峠の下り坂などで、その性能を発揮する。

自分の描きたいラインを、きっちり走行できる。ヒラリヒラリと操れる。

この安心感こそ、レーシングゼロであり、その真髄である。

その凄いホイールに、超高速回転のCULTベアリングを仕込んだ、”Rゼロ・カスタム”

凄くない訳がないのである。そんな事で、今回も強力にリコメンド。

この、レーシングゼロ・カスタムはフルクラムホイールの販売代理店が、国内限定のモデルとして、販売いたします。

今までも、”レッドカスタムモデル”は何種か販売されてきたが、

今回のモデルは時代に合わせ進化した”DISC・12mmアクスル”専用です。

「攻めてるね~。レーシングゼロ!」(^_-)-☆

ご予約、受けたまります。

 

RACING ZERO CMPTZN DB CUSTOM
レーシング ゼロ コンペッティツィオーネ DB カスタム
タイヤタイプ:2Way-Fit (クリンチャー/チューブレス)
リムマテリアル:6082-T6アルミニウム、トリプル切削加工
リムハイト:30mm
リム幅:23.8mm(インナーリム幅:19mm)
タイヤ幅:23~50mm
ブレーキ規格:AFS(センターロック)
アクスル:HH12-100(F)/HH12-142(R)
スポーク:レッドアルマイトアルミ or ブラックアルマイトアルミ
フロントハブ:カーボン製、アルミオーバーサイズ・フランジ
リアハブ:アルミ製、アルミオーバーサイズ・フランジ
ベアリング:CULTセラミック
その他:プラズマ HG-FWボディー、アルミ製アクスル
重量:1,570g
税抜定価:¥178,000-

ピナレロGAN

ピナレロ”GAN”の紹介です。

”ドグマF8”のエアロダイナミクスを受け継いだ、純レーシングマシン。

それが、”GAN”

ヘッド部は最も”空気の壁”に、影響を受ける場所。

この「空気を切り裂く挑戦的なデザイン」は、さすがです!

”GAN”の、最も美しく見える角度がここ。

整流効果を生み出す設計=”フラットバックデザイン”が実にカッコイイ。

また、一目で「あっ!ピナレロだ~!」と解るポイントでもあるね。

ドグマF8のテクノロジーを受け継いだ、GANは、伊達じゃない。

 

ハンドル部もカッコイイ!

MOSTデザインのエアロ・ステム&ハンドルの存在が目立つのも良い。

乗車時には、危険で魅惑な「戦闘的なやる気」を感じさせ、

レーシングピナレロを駆っている意味を感じるのだ

マシンを所有する魅力を見せるのも、さすが王者ピナレロだ。

 

改めまして、GANの魅力を語るならば、

エアロ型のレーシングバイクとして設計された、”ドグマF8”のテクニカルソリューションを受け継いだマシンが”GAN”である。

マテリアルは、T600UDカーボンを使い、表記上では見劣りはするが、

その性能は、ハイエンドバイクにも見劣りしないポテンシャルを持つ。

ピナレロバイクの魅力は何と言っても、ハンドリング。

外に膨らみ易い場所、特に連続コーナーでは、

吸い付くようなハンドリングと安定した性能を感じられるぞ。

 

今期のGANは、リムブレーキ仕様だけ、の販売となり、

DISCファンや、検討中の方には、いささか淋しい発表となるが、

良い意味で、古典的なロードレーサーと考えれば、それはそれで、魅力だ。

完成車には、シマノ105コンポが付いているけど、

パーツを変えて自分仕様にカスタマイズするのも、いいね。

カンパニョーロやスラムなどに替えるのも王道だし、

あえて、旧型のパーツで組み直すのも、これまたマニアックだ。

最新でありながら、旧型パーツとも相性がいいというのも、

GAN魅力のひとつだと、私は思います。

長く付き合える自転車・・・ステキです。

 

2020 ピナレロ GAN

カラー:3色 ネイビー レッド マットブラック

販売価格:298.000円

 

~~~ 臨時休業のお知らせ ~~~

2月22日(土)

都合により、休業致します。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

店主