変身っ!

IMG_1709

クロスバイクです。これを「あらよっと カチャッ・・カチャ・・ビシ、バシ・・」

 

「変身っ!」

 

IMG_1711

 

ドロップハンドル仕様になりました~。イエイ(^。^)y-.。o○

 

IMG_1712

どうですか、ドロップハンドルですよ。カッコイイでしょ~~~~。

ハンドルが変わったからと言って、何がどうなる訳ではないが、

この中途半端さが、良い意味で愉しいのだ。

そして、自転車に乗る意味が生まれるのだな。それは、

そうです。 ”走りたい” ”走らせたい” という気持ちだ。

お客様の希望がここに在るならば、私は全力でお手伝いさせていただきます。

 

どんな小さなことでも構いません。ご相談下さいませ。

 

仕事は、全力です!

店長は、ほぼ毎日、工作をしている・・・。(使いなれた電動工具)

お客様から受けた”改造や修理”に、この道具は大活躍!

状況により切ったり空けたり、削ったりと、

”部品”を、「ひらめきと、思い付き!」だけで作リ上げるのだ。(大げさかな?)

アルミ材を切って、ヤスリで削って、一品モノの”部品”を作る・・・。

実に、地味に・・・地味で孤独な作業をする・・・。それが、

一発で、完成(成功)すれば良いが、そんなに上手くいかないのが、普通。

2~3回作りなおして、やっと、それっぽい形になるのが、ほとんどです。

それが、店長の”工作”なのだ。  不器用ってことだな~(笑)

この時間を、”お金”で計算したら・・・。(-_-;)

(いやいや、ここは、考えてはいけません。)

この小さな部品を作るのに、なんと5時間も費やしてます。(失敗品も含めて・・・)

つまり、「割に合わない」という事です。言い換えれば、大きな損とも言います。

 

「だったら、やらなければ良いじゃんっ!」   ・・・うん。

しかし、私は、この”部品を作る事が、仕事(目的)では無く、

この部品を使って、「自転車としての形にしたい」のです。

お客様の依頼に、応えること、それが私の仕事なのです

 

部品を作る(加工する)なんて事は、「大変な手間=無駄=損」である事は知っています。

ボルトオンで取り付ける事が出来れば、簡単ですし、それが良いに決まっていますが、

それが出来ないから、やるしかないんです。

それを無駄とか、コストだとか、時間で計算・・・など一つ一つ考えていたら、

修理、オーバーホールやレストア、改造など、絶対に受けられませんし、出来ませんっ!

じゃあ、なぜやるのか・・・。必要だから作るだけ。そして、お客様の喜ぶ顔・・・

それだけが、作る意味であり、目的です。

「店長が一人でやっている」から成り立つ、価格と品質であります。

作業途中に起きる問題など、「遇ってあたりまえ」ですし、どーって事ないのです!

 

しかし、これは、”正しい経営理論”からは大きく外れますし、

一番ダメなやり方とも言われています。いい加減な”どんぶり勘定”という事です。

 

でもさ、「・・・ダメで結構!」(ひらきなおり)

小さくても大きな仕事をしているお店って、世間には、いっぱいあるじゃん!

私(店長)の憧れる店は、スゲーなって、思える店は、

「出し惜しみせず、お客様に向き合っている店です!」

美味い料理を食べてもらうために、長い時間仕込みをする・・・。

ビールの泡を、美味しくするために、グラスを磨く・・・。

楽しい時間を過ごしてもらうために、何か工夫をしている・・・。

テレビのヒーロー達、ウルトラマンや、仮面ライダー、○○戦隊なんて、

自分に何の利益も無いのに、

己を犠牲にして怪獣と、戦っているですよ~。(凄いことだよね!)

それに比べたら、

タカヤマサイクルのやっている事なんて、当然の事であるし、

”屁”みたいなもんです。

・・・。

「うおりゃあ~~~~!」・・・叫んで、気合入れちゃう!

 

(話を戻して・・・)

先ほどの部品は、ここに使ったのでした。解るかな??

Fメカを、後方にずらす為の部品でした~!

大きく写すと、この位地が、なんとなく正しい事に気が付くでしょ!

部品が、”きちんと仕事をする為の位置#っていうのが大事なんですよ。

でもそんな理屈はどうでも良い。ユーザー様が使って、上手く動けば、それでいい。

うん。それだけだ。=^_^=

 

こうして、お客様から預かったミニベロ号は、

長い時間を経て、改造が終了~。大地に立つ事が出来たのでした~。

やったぜ~!y(^。^)y

 

”事に仕える”を、仕事というらしいです。・・・ならば、

タカヤマサイクルは、あなたの為になる事に、仕えます。

 

ご依頼、お待ちしております。

 

カスタムの続き。

先日、無理やり作った”14インチ&インター5”のホイール。

格闘数時間。自転車に無事に搭載しました!

ごく普通に見えるでしょ!

ギヤは16Tを選択。この自転車には、ちょうど良いギヤ比だ。

グリップシフトを選択。

もちろん、折り畳んだ状態でも、自立します。(ここ大事!)

スペシャル・トランジットMINIが、ここに出来ました~!

この自転車に、インター5を搭載した事は、大正解!

凄く自然なギヤレシオは、ミニベロにバッチリ合う。(結果論ですけど・・・)

 

カスタム(改造)は楽しいですね~。 費用は、確かに掛かるのだけれど、

自分の好みに仕上げるのは、素晴らしい事です。

作業をする側から見ると・・・大変ですけどね(笑) (+_+)

でも、ご依頼いただいたお客様の顔を思い出すと、

「・・・早く、きちんと仕上げなくちゃ!」という思いになります。

お客様、喜んでくれるかな?

 

カスタムは大変・・・というけれど、

世間で言う、「カスタム」は、グレードやメーカーこそ違うけど

互換性のある、”合う部品”を付ける事で、愉しんでいる事がほとんどでしょう~。

(いや、それが普通だし、それが正しいのです。)

今回のような、

合わない部品を合わせるのは、もはや”自転車屋の仕事”を越えています。

この話、決して「技術自慢」ではありません。

「その改造は安全性を確保出来るのか?危険性があるのでは?」・・と言われたら、

「・・・・。」である訳です。(-_-;)

 

プロっていうのは、器用であったり、上手な作業の出来る人の事を言うだけではなく

「安全とその補償」までもセットで考えてこそ、その筋のプロフェッショナルなのです。

そういう事から考えると、タカヤマサイクルのやっている事は、全くの筋違いというか、

「プロじゃない!」という事になる・・・。もはやダメな部類かもしれません。

これを、毎度考えているのですが、依頼があれば、手を出してしまいます。

リスクもあります。大きな問題になるかもしれません・・・。

 

それでも、必要であるならば、”その気持ち”のお手伝いをさせていただきます。

私は、カスタムや改造は、

お客様と一緒に考えて、寄り添い、歩むものだと思っています。

 

こんな、タカヤマサイクルです。

これからも、よろしくお願い致します。

 

”愛の自転車伝道師”タカヤマサイクル店長:高山真

 

無理。でも、やるさ!

「望まれたら・・・応えたいです。」by店長

 

お客様のご希望により、小径車(ミニベロ)の改造したいと相談を受けた。

皆様もご存じのように、店長の性格上

「大丈夫です。ぜんぜん問題ないですっ!」とまた軽く返答してしまう・・・。

この、軽い口がいけないのだっ!(笑)

これで、また仕事が複雑になってしまう事になった。(自業自得)

 

14インチのリムに、”内装5段変速機”を組み込む・・・。

普通なら問題ないが、というか、普通じゃないから困ったのだ。

(でも、受けた以上は、投げ出しません。ぜってぇ作りあげます!)

 

リムのスポーク穴は20個。変速機(ハブ)のスポーク穴は36個。

「20と36で、え~っとその差が16で、つまりその~¥%$#‘*??」

合う訳が無いっ! 困った・・・でも、

 

でも、たかが、数字が合わないだけ。

理論は成り立つ。  うん。それだけだ。(・・・それだけか?)

 

スポークを、何度も作り直し、組んではバラし・・・また組んではバラし・・・

(格闘する事、数時間・・・)

その結果、バッチリ完成しましたあ~! イエイ (^。^)y

ハブ側の穴を間引き、無理やり作った”店長スペシャル・ホイール”

なんと、スポークの長さは、数種類にもなった・・・。

感を頼りに、こんなもんか? ここは、もう数ミリ短く、ここはもう少し長く~

いわゆる”その場所合わせ”で作業を進めて行くのだ・・・。

常識とか、バランスとか、完全に無視している訳で、

こんな”いい加減な作業”は、プロとして、はたして良いのか悪いのか・・・?

「う~ん・・・」(-“-)

 

そんな事はどうでも良い・・・。

望まれたら、それに応えるだけ。

店長の魂は、その目的の為に動くのでした~。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お客様へ

やっと、やっと仕事(作業)が追いつきました!

春の需要期も一段落し、通常の落ち着きを取り戻しつつあります。

仕事は、”スピードこそ命” と普段から言っているにも関わらず、

修理やオーバーホールに大幅な遅れがあった事に、お詫び申し上げます。

当店の事情を、ご理解いただき、

複雑な修理や、カスタム、レストア、サスペンションのOH等、

お待ちいただいていた方々の寛大さに、心から感謝申し上げます。

有難うございました。

これからは、”良いサービス & 素早い対応” を頭に入れ、

自分の仕事に、全力を注がせていただきます。

よろしくお願い致します。

また、ゆっくり楽しい話をしましょう。

ご来お待ちしております。

 

”愛の自転車伝道師” タカヤマサイクル店長:高山真

 

 

 

カスタム・ヘルメット

今年、店長が使うヘルメットです。

アルカンシェル・カラーの”コーフーWG1”(OGK)

どうでしょう~なかなかカッコイイでしょ!?

”貼屋ひこべえ”さんに作ってもらいました。

http://hariyahikobee.naganoblog.jp/

 

「世界に届け!岡谷」

”岡谷まゆみ”さんのホイールも作ってもらったんだよ~。

これを店長マシンに付けて、我が街、岡谷市をガンガンアピールしていきます!

 

今年もガンガン走るぞ~!