タカヤマサイクルホームページ

GIOS MINI


完成度・・・それを表す単位はないが、

もしも、あるならば、かなり高い値(価)であるはず。

それが、この自転車である。

IMG_5511

GIOS(伊太利)PANTO(パント) ミニベロです。

細身のクロモリ素材で、水平のホリゾンタルフレームが、カッコいい。

TOPチューブも長く、20インチの小型自転車だが、

しっかりと乗り込む事が出来る。

エアロホイールも、心をくすぐりますなあ~。

IMG_5515

シートステー(縦パイプ)は、かなり斜め後方に寝ている。

身長がある人は、イスを高く(伸ばす)訳だが、高くすれば高くするほど、

ハンドルとイスの距離が長くなっていく。

180cmの長身の方が乗っても、窮屈感は、感じないほどだ。

IMG_5516

ヘッドチューブが、長い事もポイント!

ここが短いと、ハンドルが歪み易く、グラグラしてしまう。

「ミニベロだから仕方が無い」は、この”PANTO”には無い。

IMG_5513

Fディレーラーの取り付けも、Good!

アウターギヤと、メカの羽(TIAGRAと刻印されている部品)の隙間が、

先端部まで等間隔だ!

この”等間隔”って凄く大事で、変速性能に、とても影響があるのです。

有名メーカーの高価な自転車でも、いい加減なものが多々あるのだが、

GIOSのミニベロは、ここを見逃してはいない。(^_-)-☆

IMG_5512

ドロヨケが、ピシャリと合う作りも、好感が持てます。※(ドロヨケはオプション)

絶妙なクリアランスと、ロングアームのブレーキキャリパーが、

それを可能にしてくれています。※(多少の加工や追加部品は必要です)

 

ミニベロというのは、ミニ(小さい)べロ(自転車)です。

27インチなどの大口径自転車に比べて、小口径であるので、

”ミニベロ”と言われています。

小径にするメリットは、収納力。そして、可愛らしさ、変わり種、という

気持ちの上で「オモシロイ&気楽」が優先される自転車(ジャンル)です。

効率と、数字の上から考えれば、タイヤは大きい方が、何かと優れていますが、

ミニベロには、そんな事は、どうでも良いのです。

スポーツ自転車が好きだけど、「気張らずに乗りたいんだよね~」という人には、

ナイス・チョイスです。(=^・^=)

 

秘めた性能は、”粋”(いき)

この感じが好きな方々には、心底お薦めしたいのですなぁ~。

 

GIOS PANTO

メインコンポ:シマノTIAGRA 2×10速

マテリアル:4130クロモリ&カーボンフォーク

重量:9.7kg

販売価格:148.000円