新入荷情報。

ピナレロ GAN DISC

IMG_4558

つや消しブラック+レッドのカラーリングが、鮮やかです!

IMG_4559

DISCブレーキ仕様です。

詳しくは、こちら http://www.takayamacycle.com/?p=9857

 

GIANT エスケープ RX1

IMG_4548

GIANT社で、クロスバイクの最高バージョンに位置する”RX1”

後のフレームパイプが薄く、曲がっている為、振動吸収性能に優れている。

さらに、”D-FUSE”と言われる、特殊形状のカーボン製シートピラーが、

後方にグニャリとしなり、走行時の乗り心地を極度に高めている。これは、凄い!

https://www.youtube.com/watch?v=qylOHWklGX8

シートの棒がしなる事は、実に良いのであるっ!この考え方は私も共感している。

店長の使っているシートの棒は、こんな感じです。↓

(過去の記事から http://www.takayamacycle.com/?p=6903 )

IMG_4551

軽量なカーボンフォークを採用している。

重量軽減だけではなく、振動吸収にも大きく貢献している。この本気度がいい

IMG_4549

コンポは、シマノ社のロードコンポ”TIAGRA”でアッセンブル。

ロードレーサーの部品を、そのまま使っているのだ。やはり、ここも凄くイイ!

IMG_4550

フレームの処理に注目!溶接個所が美しい~。

ケーブルは全て内装式となる。”美しさ”を追求する姿勢は、好感が持てますね。!(^^)!

IMG_4552

日常使いのクロスバイクですからね。隙間もバッチリ、確保されてます!

ドロヨケを付けたり、太いタイヤを装着したい時にも対応します。

 

さて、このエスケープRX1、

街乗りを主とした、”クロスバイク”のカテゴリーではありますが、

タカヤマサイクルとしては、ロードレーサーとしての位置として見ていますし、

フラットハンドル仕様のロードレーサー(フラット・ロード)と、呼びたいです。

もちろん、上で紹介したようなピナレロ(純粋なレーサー)に比べれば、

”戦闘能力”は落ちますが、そこそこの速度で走る事も出来るし、

なにより、耐久性の高さから得られる使い勝手の良さや、

気楽である事が良い方には、このRX1はジャストフィットなのです。

競技やイベント参加予定の無い者にとって

乗って軽く、持って軽く、乗り心地も良く、とにかく気楽!

・・・気楽だけれど、やっぱり速い!!(^^)!

この奥ゆかしさな感じが、たまらなく良いのですな・・・。

 

GIANT エスケープRX1

重量 9.9kg

カラー:アイスグレイ

販売価格 100.000円

 

 

 

春近し・・・

寒い毎日が続いていますが、皆様、お身体はいかがでしょうか?

風邪やインフルエンザで病んでいる方も居ると聞きますし、

季節柄、何かと気持ちも臥せてしまいます・・・。

温かい春が待ち遠しいですね。心身ともに、元気にまいりましょう!

IMG_4553

道端には、オオイヌノフグリが咲いていました。

まだ1月なのに、こんなに寒いのに・・・。

そうです・・・間違いなく、春はやって来るのですね。

なんだか、ワクワクしてきます。(*^_^*)

IMG_3593

さあ!そろそろ、自転車の準備を、始めていきましょうかっ!

”情熱のオーバーホール”、随時受付中です。御利用下さいませ。(2万円~)

IMG_4555

サスペンションのバネが、サビサビで、ギチャギチャです。

使用年数が長ければ、バネも疲労します。

時々、点検をしましょう。

 

IMG_3653

後車輪の軸(回転内部)がグリース不足ですなあ~ サビも発生してますね。

ここは、要チェックです!

IMG_4403

サスペンションのオイルが汚れていますね~。

オイル汚れは、摩耗した金属や土などが混ざり、起きる現象です。

本来のオイル(油)はトロトロ状なのですが、劣化すれば、サラサラしてきます。

そうすると、様々な不具合が出易くなりますので、

性能を維持するためには、「定期的な交換」が大切だと、認識して下さい。

IMG_3250

 

タカヤマサイクルは、皆様のメカニックです。

修理をはじめ、フレームの交換、コンポーネンツの組み換えも、

自転車に関わる事ならば、どんな内容でも、お手伝いいたします。

 

しかも、 「納期が速い!」これこそが当店の看板です。

依頼されること全てにおいて、「敏速対応」ですから、短期間でお渡し出来ます。

タカヤマサイクルは、職人気質(ショクニンカタギ)が強い店です。

その為、飾り立てるような、大手マニュアル通りの「丁寧な接客」が出来ず、

時々、「べらんめえ口調」になったり、説教っぽくなったりもしますが、

本人は、心底真面目に、お客様と向き合っています。(^_^;)

「安全で快適に楽しく自転車と付き合っている皆様の姿」を想像し、

何がベストなのか?をお伝えしたいと考えています。

 

補助輪付きの子供車も、カゴ付きのお買い物車も、高価なスポーツバイクも、

全てにおいて、”一生懸命”な仕事をさせていただいております。

車種に構わず、「自転車の持つ最大の能力を引き出す!」

これが、タカヤマサイクルです。

 

IMG_4554

小さくても、皆様に愛される店を目指して、これからも精進致します。

 

 

アンカー RL6

アンカーのNEWモデルが入荷しました。

IMG_4539

アルミフレームを使った、ロングライド用モデル”RL6EX”

上級機の”RL9”(カーボンバイク)の素晴らしい乗り味を、

アルミ素材を使い、低価格で実現させたマシンが、こ・れ・だ!

IMG_4542

斜めに付いているパイプを”シートステー”と言います。ここに注目!

細身で、弓状に曲がっている事が、振動吸収性能に優れている事を証明している。

溶接部も美しい仕上がりを見せている。さすがは、ブリヂストン”アンカー”だな。

IMG_4541

さらに大きく注目したいのは、ダウンチューブ部の絞り込みである!

角と丸を絶妙に採用し(デザインし)、推進力に大きく貢献している。

性能も高いが、このデザイン性が、ナイスですっ! !(^^)!

IMG_4534

DI2(電子ケーブル)を通す穴もある。実に親切な設計だな。

IMG_4536

アウター受けは、ネジ固定されている為、簡単に外す事が出来る。

そして、この裏には、電子ケーブルを通す穴があるのだ。

細かい所にも手を抜かないこの姿勢は、さすが日本のブリヂストンである…。

IMG_4543

チェーンステーは、グッと太い物を採用している。

ペダルを踏むパワーを、そのまま伝達させる事に、貢献しているかな。

タイヤは、太めの28mm幅まで対応する。 ※(純正は25mmのタイヤが付く)

この辺りも、サイクリング車として、実に親切なものですなあ~。

 

先にも、少し触れたが、

この”RL6”は、「カーボンの乗り味をアルミ素材で追及したマシン」である。

往来のような、「アルミ車は、アルミの特性で良いのだ!」ではなく、

高級素材の上級機種と、同等性能を目指した自転車を、開発したわけだ…。

この自転車を試乗したベテランライダーは、

「まるでカーボンバイクかと思った!?」

と、口にしたそうです・・・。

 

RL6の誕生は、それだけ、凄い事であるのだが、

言葉を変えれば「潔くない徹底的な矛盾」をやってしまったのである・・・。

 

同社には”RS6”(アールエスシックス)という、アルミバイクがある。

これは、キュンキュンのロードレーサーであり、勝つためのアルミ車なのだ。

それに比べて、紹介しているRL6(アールエルシックス)は、

カーボンのしなやかさ=「ロングライドで疲れない…」をテーマにした、

レーシングの”RS”とは真逆の自転車である。

そこには、レーシングブランド”アンカー”の提案する、癒楽(ゆらく)の世界があり、

「サイクリングの愉しみとは~」というメッセージが聞こえて来る。

”長い距離と時間を快適に走れる事。初心者にも買い易く、敷居が低い事。”

ここにこそ、このRL6の存在意味があります・・・。

 

RL6は、フレーム単品で、90.000円

・シマノ105仕様で、180.000円(RL6 EQUIPE)

・シマノTIAGRA仕様で、155.000円(RL6 SPORT)

・シマノSORA仕様で、125.000円(RL6 EX)

カタログのラインナップは、上記のとおりである。※(税抜き)

 

その中で、今日紹介しているものは、最もリーズナブルなSORA使用のEX。

快適なサイクリングを、買い易い(安い)金額で始められる事は嬉しい…

一部のマニアから見ると、SORAを使っている事を指摘されるかもしれないが、

サイクリングを楽しさは、部品がどーこーではない。

 

さあ~RL6を始動させよう~! 心を解放させよう~!

大好きな”のりたまふりかけ”のおむすび とコーヒーを持って、

サイクリングに出発だ~!

目的地は、あの山の上まで。

ハンドルも高目で姿勢が良いから、腰痛持ちの僕には、実にフレンドリーだね !(^^)!

「サイクリング、GO~GO~GO~!」

少し荒れた路面でも、突き上げは少ないので、乗り心地は抜群。さすがはRL6だな。

わずかな勾配なら、立ち上がって、思いっきりペダルを踏んで走っちゃうもんね。

でも、グニャリと曲がるような「腰が無いバイク」ではないから、良く走って凄い~。

ルンルンルン♪

・・・とは言うものの、やはり運動不足の体では、坂道は、キツイし、ツラい・・・

だから、降りて、自転車を押しちゃうのさ。(・・・べつに、いいじゃん!)

自転車と、上手に付き合いたいんだよね。だから、「無理はしないのだ… 」=^_^=

 

自分の成長と共に、部品のグレードアップなど楽しめるバイク。

長く付き合う事が出来る、本物のバイク。

競技ではない、自転車趣味人に、本気で贈る、アルミロードバイク。

それが、アンカー RL6

 いかがでしょうか?

 

アンカーRL6 EX

コンポ:シマノ SORA2×9段

カラー:2色 ブラック&スカイブルー  ブラック&レッド

重量:9.5kg

販売価格:125.000円

※女性用モデル”RL6W”もあります。

 

 

作るしかない。

・・・、「無い物は、作るしかない。」

IMG_4516

様々な相談を受ける・・・。

これは、特殊な自転車の、特殊な部品ですが、

諸事情により、メーカーからの取り寄せが出来ないのです。

それならば、何かを流用するか、作り上げるしかありません。

そう、「アイデアで勝負ですっ!」

・・・と大きく出たものの、実は、

「元々の部品が、どんな物でどんな形であったのか?」全く分からないのです。

その為、勘と経験を頼りに、試行錯誤を重ね、解決策を、捻り出す訳です・・・。

 

今回に限らず、このような着地点の見えない作業や事柄など、

途中で、投げ出したくなる時もあります・・・。

「受けなきゃ良かった~…断れば良かった~…」と、自分を責める時もあります。

「バカバカ、チクショ~、このアホ!~」と、ひとり言を口にしながらの”裏仕事”は、

実にカッコ悪く、情けない姿です。・・・人に見せられるモノではありません。

私は、神様ではありませんし、完璧な人でもありませんし、ただのブ男です。(-“-)

でも、受けた以上は、やりきる。それだけ・・・。

そう、ぐだぐだと、愚痴ってみても、やりきるしかないのです・・・。

解決策や、着地点は、必ず発見する。それがダメなら、自ら浮上させる。

 

トラブルを抱えた自転車が直り、ユーザー様が活き活きと走らせること。

修理の目的は、これだけである。

 

私は、街の自転車屋、タカヤマサイクルです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

お知らせ

IMG_4544

 

2月に、”諏訪養護学校・高等部”主催の、校外バザーが行われるそうです。

お時間がある方は、ぜひお足を運んで下さいませ。

♥2月10日 茅野駅前 ベルビア

♠2月11日 茅野会場 メリーパーク

♠2月11日 岡谷会場 レイクウォ―クOKAYA

詳しくは、こちら http://www.nagano-c.ed.jp/suwayogo/baza-chi.pdf

 

おお~。おっ?

ガンガン乗れば、それなりに、何かと、あるものです。

 

「変速が上手く決まらない・・・」という事で、入庫。

IMG_4447

ワイヤーの”ほつれ”がありますね~。これでは動くはずがありません。

「交換して、終了~!」・・・と思いきや、これだけでは解決しないのが、

機械というものである。

IMG_4462

ギヤを良く見れば・・・

IMG_4463

チェーンが浮いているのが解ります。(噛み合わせが悪いのである)

これは、チェーンが伸びてしまった結果です。

IMG_4464

外して、新品と比べてみましょう~。 (左が新品。右が使ったもの。)

IMG_4465

どんどん変わっているのが解りますねえ~。

IMG_4467

先端では、ここまで違っています。(>_<)

これでは、パシパシ決まるギヤチェンジが、出来る訳がありません。

 

自転車の仕組みとして、ギヤの歯部(凸)とチェーンの凹みが合わなければ、いけません。

伝達効率もそうですが、変速効率も低下します。

「チェーンの消耗」は、なかなか気が付かない”問題”ですので、

時々はショップにて、点検してもらう事をお薦めします。

 

ショップやメカニックとしては、この不具合は、すぐに判る不具合の原因なのだが、

ユーザー様には、気が付かないのが、普通です。

決して、鈍感(どんかん)という訳ではありません。

自分だけが使っているので、比べるものがありませんし、

また、徐々に悪くなって行っていくため、気が付かないのです。

それだけ、乗る事に、走る事に、ペダルを踏む事に、集中しているという証です。

 

あなたは、ライダー。私は、メカニック。不具合箇所を直します。

タカヤマサイクルは、我武者羅なライダーを応援します!

 

情熱のオーバーホール。随時、受付中~!

汚れた自転車も、ピカピカに仕上げます。

完全分解、洗浄、グリースアップ、ケーブル交換

納期は約7日間。料金は20000円~

ご来店、お待ちしております。