サイコン・マウント

サイクルコンピューターを、ハンドルに取付ける”キット”の紹介です。

バーフライ社から、発売されている”4シリーズ”。

ナント、これだけの物がセットになっているので、

ほとんどの各社サイクルコンピューターや、カメラなどを装着出来るのだ。

こんな感じに、部品交換をし、対応させます。

レフトアーム(左から出る取付部品)のため、

DI2のディスプレーにも、問題無く装着が可能です。

サイクルコンピューター(写真はブライトン)の取り付け位置を、

もっと前方に出したい方は、バーフライ4・MAX。(アーム80mm)

もっと後方にしたい方は、バーフライ4・MTB。(アーム40mm)

写真の物(最もスタンダード)は、バーフライ4・MINI(65mm)

 

このような、サイクルコンピューターマウントは、各社から販売されていて、

実際問題、「何を買えば良いのか、チンプンカンプン?」という人が多いはず。

カメラ取付部品や、各社コンピューター、ランプ取付部品、これら全部が入ったバーフライキット。

悩みは無用。”一箱”買えば即OK! こんな感じで良いんじゃない。

http://www.noguchi-shokai.co.jp/barfly/index.html

 

販売価格:3800円(MAX・MTB・MINI)

レストア

以前、「レストアするぞ~!」と紹介した、ランドナー。

「時間が作れたら、やろう~」と思って、思って、思って・・・、

やっと作業を、開始しました。

かなり、傷んでますね~。

バーテープは、もうミイラです・・・。

ネジというネジは、サビて回らないし、途中で破断する物はあるし、

ハンドルステム(写真)は、固着し、抜けないし~・・・。(>_<)

まあ~旧い自転車を修理(レストア)するのですから、当然ですなっ!

必殺技で、外したぜ~!

そんな事で、やっと、ここまで分解が出来た・・・。

なるべく、オリジナルのまま、また年式の雰囲気を出しつつ、

完成を目指していきま~す!

※(このレストアは、お客様より依頼を受けたものではありません)

ペダル(続き)

お薦めペダルの紹介です。

当店の、定番商品 PRIMO”スーパーテンダーライザー”

表面が凹んだデザインにより、左右の隅が盛り上がる事(傾き)で、

ペダルがシューズに吸い付くのが、特徴です。

私自身(店長)の昔話になるが、

このスーパーテンダーライザーを使った時から、急激に操作テクニックが上達したのだ。

初めて「MTBに乗れているな~操っているな~」と実感したほどです。

ペダルに付いている傾斜と、スパイク(高いグリップ力)のお陰で、

リアタイヤのコントロール(持ち上げたり、左右に振ったり)が出来て、オモシロかった。

そしてなにより”ペダルとの会話=マシンとの一体感”という、大切な要素を、

しみじみ解らせて(教えて)くれた、特別なペダルです。

そんな事で、どうしても、お薦めしたい、絶品ペダルなのです。

幅にも注目!広いです!

縦横の長さが、しっかりあるので、きちんと踏めるのだ

MTBがお好きな皆さん、ぜひ一度、スーパーテンダーライザーを使ってみて下さい。

販売価格:3800円

 

MKS(三ヶ嶋)”グラファイトXX”

BMX用の、樹脂製ペダルです。

3種類の異種形状の突起物が、片面に21か所にあり、抜群のグリップ力を誇る!

また、上で紹介した”プリモ”と同じく、表面は凹み(傾斜)があり、

足全体で踏見込み易い設計となっている! GOOD !(^^)!

もちろん、横幅もあるから、幅広のスニーカーでも相性が良い。

 

さて、”樹脂”と聞くと、「安っぽさ」を想う人も居るかもしれないが、

軽さや耐久性、安全性(スネをぶつけた時のダメージ)も考えれば、

樹脂が悪い訳ではないし、樹脂のメリットの方が大きい場合もある。

このペダルは、MTBだけじゃなく、ロードレーサーにもクロスにも似合うはずだ。

MKS:グラファイトXX 

販売価格:4850円

 

さてさて、前回も、ペダルとシューズの相性に付いて、語りましたが、

改めて、ペダルを見直して頂きたいと思います。

そして靴底の種類にも、注目して頂きたいと思います。

固定された台の上で、ただ踏み込んで走るだけの人ならば、

そんな事柄は、何も考えずに良いのですが、

あなたが、道路(信号も段差もある一般道)を愉快に走りたいのなら、

ペダルは広く滑らないこと。シューズは柔らかく、靴底も平面で柔らかい物が良いでしょう。

これが、タカヤマサイクルが提案する楽しい自転車の乗り方であり、「踏み易いペダルとは」の、一つの答えです。

ペダルから伝わるマシンの挙動と、メッセージを、汲み取れれば、

「自転車との対話」が上手く出来るようになるし、愉しさや素晴らしさを感じる事が出来ます。

そうなると、想いが止まらなくなって来ます・・・。

「もっと、遠くへ…。もっと早く…。もっと力強く…。」

足を使ってギュンギュンギュン♪ 楽しい、自転車生活を送って下さいませ。

 

COFFEEあります (370円)

コーヒーを販売します。

♪ジャ~ン。美味しくて、珍しい”コーヒーパック”を販売します。

この絵のようにから、コーヒーが出て来ます。

これがあれば、場所を選ばず、淹れたてのコーヒーを楽しむ事が出来るのだ。

販売価格:370円(税込) 味は5種類

グアテマラ:やや強めのミディアムローストに、甘いキャラメルとダークチョコレートのような味わい豊かなコーヒー。

エチオピア:柑橘系の爽やかな甘みと酸味、程よい苦みが調和したクリーミーなフルボディのコーヒー。

ホンジュラス:ミディアムローストの焙煎により、さっぱりとした爽やかでフルーティな味わいを楽しむことができます。

コロンビア:柑橘系の生き生きとした香りと、アーモンドの様な風味があります。新鮮な酸味とザクロやサクランボのような石果のはっきりとした甘味があります。

ブラジル:非常に強いボディ感が特徴で、ローストの強いコーヒーが好きな方におすすめです。ナッツとダークチョコレートのようなリッチな風味が漂います。

飲み方(作り方)は、袋にお湯を入れて、数分で完成~!

実に簡単で実にオモシロくて旨いのだ!

サイクリングの途中、自分だけの一杯を楽しむのに、実に良いので~す!

※(アツアツのお湯(ポット)とカップを忘れずにネ~)

 

店長のお薦めコーヒーはコロンビア。普段は飲めない(飲まない?)味が、

特別感を演出し、贅沢な時間を味わう事が出来る。(かもしれない。)

そして、なによりも「この変わったオモシロい袋から、コーヒーを淹れる」というエンターテイメント性が、良いのだなあ~。>^_^<

もちろん、お湯が確保出来る所なら、何処でだってOK。

家ではもちろん、オフィスや作業場でも、至福の一杯が頂けます。

家で飲むなら、カップの底に、ザラメ糖を少々入れ、ゆっくりとコーヒーを注ぐ…。かき混ぜないのが、旨さのポイントだぞ!じわじわっと来る甘さの提案をじっくりと受け止めよう。

いかがでしょう・・・。この5種類のオモシロ珈琲。ぜひお試しくださいませ。

そうそう! この袋は、何度も使えるから、すぐに捨ててはダメです!

中味(コーヒー豆)を、市販のレギュラーコーヒー(新しい物)に入れ替えれば、”珍品のコーヒーメーカー”として使えちゃうのだっ!

どうですか?オモシロいでしょ!?

販売価格:370円(税込)

ペダルの相性。

自転車を思い通りに、楽しく走らせる為の、最も重要な部品・・・。

それがペダルである。

自分の体重や、踏み付ける力をマシンに伝達させるのだから、

ここがダメなら、全部がダメになるという訳なのだ。

自転車趣味人やマニアの多くは、”ビンディングペダル”というシューズと合体する物を好みますが、その使う理由はズバリ”効率が良いから”である。

しかし、ビンディングという機構が絶対ではないし、皮靴や、運動靴で乗りたいという人も多いはず。(普段の店長もそうだよ。)

このペダルという部品、形や種類も様々で、いったい何を基準に選べば良いのだ? と悩む方が多いと思います。

とりあえずは色やデザインなど、「見た目のカッコ良さ」を優先してしまうだよね~。

これはこれで、間違いはない。ロードレーサーやクロスバイク等には、細身でシャープなデザインは似合うし、ステキだものネ~! >^_^< GOOD!

さて、

欲しいものを買う・使う事は、とても良い事なのだが、

時々見かける小型のペダル。こじんまりとした見た目は、本当にステキなのだけれど、

実は、意外にも使い難い上に、自転車を乗る楽しさを、失わせてるのです…。

解り易く説明すると・・・、

小さいペダル(写真)を使用しているマシンに、普通のスニーカーで、自転車を走らせると、

踏む面積が狭くて、上手にぺダリングが出来ないのだ。

さらに極端な例ではあるが、写真のように”特殊なペダル”では、踏む所は、面ではなく、点になる。

滑りやすいから、ペダルが上手に踏めない。しかも、安定しないから、足は外側になったりして、ガ二股(O脚)走りになってしまう。

トークリップを付けた、細めのカッコいいペダルや、

狭い幅の、小さめのペダルは、実にカッコイイし、自転車にも、ロードレーサーにも似合うだろう・・・。

しかし、

スニーカーで乗ってみると、内側の2/3でしか、踏めていないことが解る。

このペダルも、内側でしか踏めていない。

上の写真を見て、「いやいや、もっと内側に足(靴)を持っていけば良いのでは?」

と思う人もいるだろうが、実際には内側にはクランクがあるため、緩衝しない位置で、ペダルを踏もうとすれば、どうしても、このくらいの位置になるものなのだ。

私(店長)の場合、外反母趾で、靴も極端に幅広を使っている為、もっと外側になる。

しかも、ジーンズ等の裾がバタバタした物を着用する事が多いから、どうしても、外側を踏む事になる。その為、実際には1/2程度の面積でしか踏めていないのだ。(>_<)

「小指側にはさほど体重が掛からない・・・」と思われるかもしれませんが、そんな事はありません!

足裏全体で踏んだ方が、力が入って楽しいのです。>^_^<

だから、幅の無い(狭い)ペダルというのは、使い難いと言えるのです。

さらに注目したいのは、ペダルと靴の相性=グリップ力。

ペダルと足はガッチリ張り付いて、滑らない方が良いに決まってます!

このグリップさせる力、は本当に大切で、実際にMTBやBMXでは、イボイボの付いた大きめ(広め)のペダルを使った方が、テクニックが上達したように感じるほど、素晴らしいのです。

またスニーカー(靴)も柔らかい靴底(ソール)で、なるべく平面な物が良いですね。

専門的に言えば「後輪をコントロールする」事であり、様々なテクニックを使うオフロード走行では、絶対に必要な事柄なのだ。

まあ~、そんなアクロバティック(曲芸的)な走行や使い方はともかく、

自転車を、”スポーツ自転車”として語るならば、”マシンとの一体感”が最も大切な事になります。

まずは足の接地面積を、見直してみましょう。

もしも、現在、小さめのペダルを使っている方が居りましたら、

ぜひ一度、横に長いペダルを使ってみていただきたいと思います。

今、家にある一般車(プラスチックのタイプ)の物だっていい!

早速、交換してみて下さいっ!

足裏全体で踏めることが、こんなに気持ち良くて、また自転車に乗る事が、こんなに楽しい事だったんだと、再発見するでしょう。

という事で、

イマイチ、自転車が楽しめていないな~と思う人は、ぜひ、ペダルを見直して下さい。

これだけで、バラ色の世界が、待っています。>^_^<

※(お薦めペダルは、次回に紹介します。)

まだまだ寒くなります。お風邪などひかないように、

楽しい冬を、お過ごし下さいませ。