足の置き場所

自転車の”足の置き場所”と言えば・・・ペダルである。

このペダルが、しっかりしているかどうか?で、操作性能が大きく異なるのだ。

そんなことで今日は、大きて踏みやすいペダルを、紹介します。

 

TIOGA

 

”TIOGA”から販売中の、プラスチック製の軽量ペダル。

横幅も大きく、とても踏みやすい。

この突起物が、靴底に食い込み、グリップ力を高めている。

樹脂製品だから、靴底を痛めることもないし、

万が一、踏み外しても、足へのダメージ(ケガや傷)が受け難いのもいいね。

価格が安いっていうのも良い。

このペダルの最大の特徴は、大きさ(面積)。特に横幅に注目!

裏から見ると、シューズの底がしっかりと隠れている。

横の長さがしっかりあるため、踏み込んだ時に力が逃げることはない。

小さいペダルでは、小指側が外れているため、体重が抜けてしまうのだ。

最近のスニーカーは、靴底が肥大化したデザインも多く、

特に、このような状態になってしまう・・・。

これでは、愉快なペダリング=サイクリングは出来ないです。

ペダル全体に体重を乗せて走れば、味わいも世界も変わるのだ。

すぐにでも走り方を上手くしたいならば、足元(ペダル)を見直そう~。

MKS

スカッとする、オレンジ色が、カッコいい~ !(^^)!

こちらは、三ヶ島(MKS)から販売中の”GAUSS(ガウス)”

最大の特徴は、軽量な樹脂製ボディに、金属製のスパイクピンがある事。

MTBやBMXライダーには、お勧めしたいペダルがこれ。(^_-)-☆

ピンが靴底に食い込み、絶対に足を踏み外すことはない。

悪く言えば、ずらしたくてもズレない…。そのくらい食い込む。

つぶれても、交換可能なネジ式の為、破損を気にせず、ガンガン攻め込めるね。

鋭く突っ込み、岩場にヒットしたって、ブルーにならずに済む。笑って次のセクションにGO~GO~!!

回転部は、シールドベアリング&ブッシュ式を採用し、強度と使い勝手が高められているのもグッド。

 

上で紹介した”TIOGA”と同じく、横幅がある。

見なければならないポイントはここ!

クランクから、どれくらい離れているのか?

また、取付部からの、横幅(寸法)も大事。

 

店長のロードレーサーも、MTBも、現在は大きな樹脂ペダルが付いている。

「スニーカーで走る機会が多くなった為。」なのだが、

結果的には、これがとっても楽しいのだ。

「ペダルを蹴飛ばしてこそ自転車」を再発見することが出来た。

もちろん、ビンディングペダルは高性能&高効率も実現できるし、

引き足を駆使したヒルクライムは、最高に気持ちが良いことも知っている。

速く走る事を目指している方には、専用シューズとビンディングをお勧めしたい。

 

じゃあ、どっちなんだよ???」と、つっこまれそうな、

なんともアマノジャク(天邪鬼)のような発言で、申し訳ないが、

改めて、楽しさの再発見をご提案したいのです。

型からはみ出すのではなく、型(過多)から抜け出すのです。

”もっと気楽に、もっと楽しく!”です。(^_-)-☆

 

外出禁止の中、サイクリングを提案することは、”最悪”なのかもしれませんが、

コロナが落ち着いた頃を想像し、元気にお過ごしください。

晴れた日曜日、早起きをして、人の居ない場所へワープする事の面白さは、

自転車ならではだと、私は思います・・・。

ボトルゲージ

丸い月。見ましたか? 優しい光が、癒してくれますね。

「未来は明るく、楽しいことばかりだよ。」と月より励まされました。

皆さんも、そう感じたのではないでしょうか…。

(脳内BGM♪ それが大事)

さあ、今日も元気よく、明るくまいりましょう~。(#^.^#)

 

本日、ご紹介したい商品は、こちら。

超軽量のカーボン製ボトルゲージに、ミックス・ラメカラーを採用。

角度により色が変わる、不思議なペイントを施した”BC-22”

あなたの自転車にも、必ず似合うはずです。

BOMA:BC-22

カラー:5色

販売価格:4800円

(全色、展示中です!)

 

 

ピナレロGAN

ピナレロ”GAN”の紹介です。

”ドグマF8”のエアロダイナミクスを受け継いだ、純レーシングマシン。

それが、”GAN”

ヘッド部は最も”空気の壁”に、影響を受ける場所。

この「空気を切り裂く挑戦的なデザイン」は、さすがです!

”GAN”の、最も美しく見える角度がここ。

整流効果を生み出す設計=”フラットバックデザイン”が実にカッコイイ。

また、一目で「あっ!ピナレロだ~!」と解るポイントでもあるね。

ドグマF8のテクノロジーを受け継いだ、GANは、伊達じゃない。

 

ハンドル部もカッコイイ!

MOSTデザインのエアロ・ステム&ハンドルの存在が目立つのも良い。

乗車時には、危険で魅惑な「戦闘的なやる気」を感じさせ、

レーシングピナレロを駆っている意味を感じるのだ

マシンを所有する魅力を見せるのも、さすが王者ピナレロだ。

 

改めまして、GANの魅力を語るならば、

エアロ型のレーシングバイクとして設計された、”ドグマF8”のテクニカルソリューションを受け継いだマシンが”GAN”である。

マテリアルは、T600UDカーボンを使い、表記上では見劣りはするが、

その性能は、ハイエンドバイクにも見劣りしないポテンシャルを持つ。

ピナレロバイクの魅力は何と言っても、ハンドリング。

外に膨らみ易い場所、特に連続コーナーでは、

吸い付くようなハンドリングと安定した性能を感じられるぞ。

 

今期のGANは、リムブレーキ仕様だけ、の販売となり、

DISCファンや、検討中の方には、いささか淋しい発表となるが、

良い意味で、古典的なロードレーサーと考えれば、それはそれで、魅力だ。

完成車には、シマノ105コンポが付いているけど、

パーツを変えて自分仕様にカスタマイズするのも、いいね。

カンパニョーロやスラムなどに替えるのも王道だし、

あえて、旧型のパーツで組み直すのも、これまたマニアックだ。

最新でありながら、旧型パーツとも相性がいいというのも、

GAN魅力のひとつだと、私は思います。

長く付き合える自転車・・・ステキです。

 

2020 ピナレロ GAN

カラー:3色 ネイビー レッド マットブラック

販売価格:298.000円

 

~~~ 臨時休業のお知らせ ~~~

2月22日(土)

都合により、休業致します。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

店主

BMX・入荷

マングース(米)202年製のBMXが入荷しました~!

フリースタイルモデル ”LEGION L60”

ピカピカに光ったメッキのフォークが、クールです。>^_^<

 

リム幅は29mm(実寸)という、ワイドなものを使用。

そこへ、20×2.3インチというファットタイヤが付く。

ワイド&ファットの相乗効果で、タイヤが丸くなり、本来の性能を出してくれるのだ。

グリップ力と、乗り心地が向上されるだけではなく、リム打ちパンクから回避されるのも良いね。

ハンドルだって、光ってます! クラシックな感じイイね。

後輪のハブ(回転部)には、シールドベアリングが使われているぞ!

集合部は、スモークが掛かったカラーになっている。

エンド部もスモーキーだ。ちなみにヘッド部も、同じ感じです。

シャフトはφ14mm。足のせ(ペグ)を付けたらカッコイイぞ!

 

BMXの老舗であるマングース社の、安価なフリースタイルモデル

「ビーエムエックスはこうあるべき」などという、頭の固い事は抜きにして、

勝手気ままに、思うように遊ぶ、走る、飛ぶ?など、なんでも出来るのが、

このLEGIONの良い所です。

Fギヤは25T×Rギヤは9Tという小型の物を採用し、

階段や、段差などの障害物にも、ヒットし難いのがGOODです。

速度も、そこそこ出るから、ストリートライディングにも良いし、

丈夫だから、ジャンプ遊びにもイイね。

つまり、フリースタイルとは、何でもアリって事です。>^_^<

 

欠点と言えば、イスが低い(上げられないし、角度も変えられない)為、

街乗りを姿勢良く、快適に走行したいならば、別売りのロングピラーとソフトなイスを付ける事をお薦めします。

 

2020東京オリンピック種目にもなっているBMX。

スピード感、ワクワク感を一瞬にして味わう事が出来るBMX競技は、

とにかく見ていて楽しいのだ。

種目に捉われず、まちがいなく、あなたのハートを掴んじゃうからね。

実際には、動画のような走りは、なかなか出来ない?けれど、

そのマインドを持ち、BMXで街中を遊びたいですよね。

そんな事で今期、BMXを猛烈に、プッシュ&リコメンド!

 

マングース LEGION L60

(トップ長・・・520mm)

カラー:2色展開 グリーン / グレー

販売価格 32.000円

 

 

電動スポーツ

新しい、電動スポーツ自転車が発売されました。

ミヤタ(日本) EX-CROSS E (160.000円

リーズナブルな、”Eバイク・タイプ”という設定。(かな?)

後の軸にモーターを付けた、仕組みだ。(リアモーター)

”SR SUNTOUR”製品のモーターユニットを採用している。

ディスプレー部は、非常に見易く、シンプルで良いね~。

 

この電動自転車は、カゴ、ドロヨケ、スタンド、チェーンカバーなどが、

標準装備され、通勤通学にも、すぐに走り出せる設定だ。

 

実際に乗ってみると~、

漕ぎ出し時には、とても強いトルクを感じる・・・。しかし、

すぐにパワーダウンしてしまうのが、やや問題点である。

一漕ぎ目の、強過ぎるほどのトルクが、一瞬にして抜けるのは、残念…。

「もう少々“伸び感”があっても良いのになあ~」と感じたのが、

私のファースト・インプレッションでした。

 

これは、私(店長)が期待を大きく持ち、乗りこんだから思う感想であり、

普段、同社の上級機”シマノステップスを搭載した、リッジランナーEバイクに乗っているから感じた事も、かなり大きい事をお伝えしたい。

走りなれると、このバイクのコツというか、走り方が解った。

ディスプレーに表示されている、”速度とトルク表示”を見ながら、

スパスパっとギヤチェンジのタイミングを図れば、

それはそれで、オモシロイ乗り物でもある。「うん、これは♪ナイスです!」

この見極めと、テクニックを身に付ければ、かなり軽快に走れるのではないか?と思う。

 

実際に、勾配10%くらいで、速度が10km/hで走る状では、

「♪おいおい、良いじゃん!」と感じたし、その為の乗り物だと確信した

失速感は、普通の電動アシスト車と思えば、何も不満は無いし、

16万円という金額を考えれば、モンクはない。

そうりゃそうだ。倍以上の金額である、高価な”スポーツEバイク”と比べて同じ性能であったら、困るものね。

 

ミヤタ:EX-CROSS・E

最大トルク60NM

走行距離65km(TOURモード時)

重量:23.6kg

カラー:2色 ブラック シルバー

販売価格:160.000円