新生ジーティー(GT)

2021年モデルが動き始めました。

GT社(アメリカ)入門用のMTB”アグレッサー”

同シリーズ中、最上級モデルが、この”EXPERT”(エキスパート)

油圧式ディスクブレーキが標準装備されている。

GTと言えば、フレーム作りに”トリプルトライアングル”という工法が有名で、

剛性”こそ一番と謳っていた。

しかし、近年のGTは、少々考え方を変え、剛性云々よりも、”乗り心地”を重要視している。

上の写真(黄色いフレーム)は縦パイプと横パイプが溶接されているが、

下の写真(銀フレーム)は、溶接されていないのが判る。

その結果、横パイプ(正しくはシートステー)がより長くなるため、

”積極的にしならせる”という仕事をさせているのだ。

この工法を、”フローティングステー・トリプルトライアングル”と言うそうです。

どのくらいのクッションが効いているのか???

20センチの段差を降りた時(落ちた時)の衝撃で語るならば、

旧型は、「ドカンッッ!」

新型は、「パタンッ!」 である・・・。(#^.^#)

これがもし、悪路であったり、連続する凸凹であれば、

体感では劇的に違うことが、誰もが判るはずでしょう。

GT アグレッサー エキスパート

販売価格:60800円

 

こちらはGT AGGRESSOR RIGID(アグレッサー・リジッド)

最大の特徴は、フロントサスペンションではなく、

ノーマルフォーク(リジッドフォーク)が付く。

左右に”ネジ穴”が3コずつ(計6コ)あり、キャリアやグッズなどを装着できる。

この角度にも注目! 寝ているフォークが、直進安定性を高めるのだ。!(^^)!

 

クッション性や悪路走破性では、圧倒的に優位なサスペンション…。しかし、

一般走行時や、ツーリング時には、逆に邪魔な存在でもある。

だったら、いっそ外してしまえっ!と言わんばかりに、潔く?登場したのが、このモデルだ。

重量軽減と、メンテナンスゼロの優位性は、大歓迎である。

メカニカルディスクブレーキ(ワイヤー式)が装着されている。

カッコいい~!

さて、

世の中のMTB全般に言えることだが、

廉価版のサスペンションフォークは、重い。

また、きがく、ガタも出やすい・・・。

価格を抑えれば、仕方がない事情であるし、残念ながら、受け入れるしかない。

自転車を愉しむ上で、不必要なものを取り払い、さらに良くなるのであれば、

私はそれを歓迎したいと、いつでも思っているし、それこそが真の性能アップと言える。

一見、レベルダウンしたと思われがちだが、そうではないのだな・・・。

 

実際に、このバイクを走らせてみると、キビキビと走り、実に軽快だ。

前部が軽い(重くない)というのは、体感的にはものすごく大きいものです。

販売価格:51800円 

 

コロナ、大雨、不況 などなど、呼吸が苦しい状況下ではありますが、

今日の私たちに出来ることは、とにかく下を向かない事。

辛くても、少しだけ目線を上げて、まいりましょう・・・。

 

タカヤマサイクル 店長:高山真

GOGO店長号

どうにも心苦しい出来事ばかりが続き、

皆様心身ともに、お疲れであろうと、お察しいたします。

何かと思いどうりに事が運ばず、イライラすることもありますが、

どうぞ、心穏やかにお過ごしくださいませ。

 

今日は、店長の自転車を紹介します。

ブリヂストン・マークローザをベースに改造したマシーンがこれ。

リアブレーキは、ダイアコンペ社の”メタルリンクブレーキ”を装着。

嫌な音はせず、またガツンと効くところが、気に入ってます。

一目、DISCブレーキのように見え、カッコいいのだ。

この円盤は放熱板であり、長い下り坂では、その役目を発揮します。

岡谷の町に、ピッタリです。

外装の6段変速を、サムシフターで操作します。

「♪カチッ、カチッ」と軽い操作と滑らかなタッチ感が好きです。

※(指や手首に力が入らない人には、特におススメだぞ。)

この自転車の使い勝手とその性格上、6段がBESTと判断。

8段や9段など、多段になれば、理論上の性能アップは間違いないけれど、

「自分が使う」という事と、様々な角度から検証した結果、

シンプルな外装6段に決定したのだ。

フロントブレーキは、シマノ社のローラーブレーキを装着!

後輪同様、一見、DISCブレーキに見えるところも採用の理由。

ふわっとした効き具合がこのブレーキの特徴で、内部にはアンチロックシステムがある。

ハンドルは、プロムナード型。そこに個性的なオポジットレバーを装着。

支点が逆側にあるのが特徴です。

 

他の装備としては、

スタンドは両立。安定性重視です。

大型のカゴを装着。日常の使い方(買い物など)に対応します。

タイヤは700×40Cのスリックタイヤ(ライトウエイ製)を装着。

柔らかさと滑らかさとグリップ力で、これをチョイス。

サドル(イス)は、超フカフカのクラシックデザイン。

いかがでしょうか?一般車でも、ここまで愉しくカスタム出来るのだ。

クラシックに見えるけど、内容は最先端?ですぞ。

皆様も、何かございましたら、声をかけてくださいませ。

夢や希望に叶うように、一生懸命、お手伝いさせていただきます。

”愛の自転車伝道師” タカヤマサイクル店長:高山真

お父さん、大好き!

「ありがとう!!

 大好きな お父さん!!」

恥ずかしくて、照れくさいけれど、

胸の中で(どこかで)、

「お父さん…大好き…ありがとう」を思い、

素直に伝えられたら、いいですね。(#^.^#)

今日も楽しく!

朝の空気は、美味しい😋です。

言い換えれば「新鮮な水か、野菜の味」でしょうか・・・。

比喩はともかく、その時間は間違いなく、気持ちが良いものです。

ただそれだけです。

気持ちがいい・・・、気分がいい・・・、なんかいい・・・。

上手く言えませんが、

なんかいいから、・・・良いんですよ。(#^.^#)

お客様のホイールを作る。「これで、良い走行が出来るかな?」

そんな事を考えているだけでも、気分が上がるし、気持ちも良いのです。

お客様の自転車を整備する。部品を磨きあげることに、夢中になる。

その向き合っている時が、とてつもなく気分が良いものなのです。

特殊な事ばかりが、目立つものですし、引き立つこと(映え)が称賛される今日です。

でもね、

称賛なんてものを望んで、何か行動をしていたなら、嘘ばかりになりますし、

そんなの嫌です。

もっと、普通に、もっと自由に、描いてまいりましょう。

朝陽や、夕日は本当に良いです。元気が出ますね。(#^.^#)

嘘が無いから、スッキリと受け入れられるのでしょう・・・。

さあ、今日も元気に、思いっきり楽しくまいりましょう。

高山

穏やかに。

山の色は、緑色です!

灰色のアスファルトばかり見ていて、”自然の色”を見忘れていました。

皆様はどうでしょうか?

これ、なんてこともない風景ですが、私は好きです。

時を感じる物置小屋と、畑の花…。情緒がありますね。

朝の活動は気持ちが良いです。朝陽を感じて過ごせば、気分もスッキリ!

 

改めまして、皆様にご提案です。

この素晴らしい時間に、ソロ(一人)サイクリングはいかがですか?

長い距離や沢山の時間は必要ありません。

10分間行ったら、10分間で帰って来る。

この20分が、すごく楽しいのです!

起きて、パジャマから着替えて、パッと行って、パッと帰宅。

この短時間の出来事=”充実感”を存分に味わえるし、

毎日続けたくなるものです。

サイクリングは、心身の健康は言うまでもなく、

煮詰まった悩みも、仕事のアイデアが出ない時にも、

なんとなく答えが出るから、不思議です。(#^.^#)

ぜひ、家にある自転車を引っ張り出して、外の空気を感じてみて下さい。

ご一緒に、目線をあげてまいりましょう!

「どうぞ、心、穏やかに。」 

”愛の自転車伝道師”タカヤマサイクル店長:高山真