クロスバイク②

前回に続き、クロスバイクの紹介”その②”です。

同じく、GT社(USA)の、トラフィック。

OIL式のディスクブレーキが装着される、上級機です。

フレームのパイプ形状がエッジが効いていて、見た目がカッコイイ~!

フォークは専用設計され、細身のデザインは、重々しさを感じさせません。

 

特記したいのは、

フロントのギヤが2枚(ダブル)である。・・・ということ。

クロスバイクと言えば、前3枚(トリプル)が主流であったが、

使い勝手と実用性を考え、このようになって来たのだと思われる。

この流れは、今回紹介している”GT・トラフィック”に限らず、

各社(他社)も採用して来ているから、

これからのスタンダードになって行くのだろうな~きっと。

タイヤは、700×38mm幅を装着。

道路の凹みや、歩道と車道の段差も気にならず、ガンガン行けるね。

この辺は、前回紹介した、トラフィック・コンプと同じ為、

説明が省きますが、やはり太いタイヤは、使い易いし、

お薦めしたい特徴で、性能です!。

 

昨今、骨が細い感じや、優しさをテーマにした物が増えたが、

なんていうか、「ハートにバキュン!」という物は減った気がします。

ぬるまっこい空間、右に倣えの整列感。飛び出さない良い子ぶりっこ。

(表現は悪く偏っているが、)これが高評価されるのはツマラナイ。

だからこそ、猛々しい(たけだけしい)とか、荒っぽいとか、尖がってるとか、

そういうものが見えるものに、魅力を感じてしまうのだ。

コジ付けて聞こえたら、申し訳ないが、

丈夫で美しいクロスバイク=”トラフィック”は、

飛び出しているマシンだと私は思っています。

 

GT:トラフィック 2020モデル

2×8段変速   カラー:ガンメタル

オイルディスクブレーキ

販売価格:63.000円

 

~~ 臨時休業のお知らせ ~~~~~~

10月9日(水)講習会参加の為、休業致します。

頻繁にお休みを頂き、申し訳ございません。

よろしくお願い致します。   店長

クロス・バイク

逞しい(たくましい)、クロスバイクを紹介します。

GT(アメリカ)から発売中の、クロスバイク=”トラフィック・コンプ”

オールブラックでまとめ、スッキリと精悍なルックスが、GOODです。

メカニカル(ワイヤー式)DISCブレーキを搭載。

雨天時でも、問題無く制動力を発揮します。

GTと言えば、この”トリプルトライアングルデザイン”が特徴で、

「剛性感と強度が良い」と言われております・・・。

まあ~それが「どれほど凄いのか?」は正直、私には解りませんが、

この骨太で、ガッチリしたデザインは、GTらしいスタイルで、私は好きです。

 

タイヤは700×38mm幅を装着!太めのタイヤがカッコイイ~!

迫力のあるファットタイヤですから、多少の凸凹や、

オフロードなんてへのかっぱ! ガンガン行けるのだ。

もちろん、街中の歩道と車道の段差なんて、まったく気にならないって訳。

ハイスピード仕様の、やわなクロスバイクが多い中、

このような”タフ&クール”なバイクの存在は、ぜひ注目したいものである!

”耐久性が高く、強いこと”・・・これがGTの正義だ。

 

休日の山道走りだけでなく、通勤通学にも実に良いのは、容易に想像できる。

ドロヨケを付けたり、キャリアを付けたりして、自分好みにカスタムしたら、

もっと愛着が湧くだろうなあ~。(ワクワク)

 

さあ~、トラフィックコンプで、秋の紅葉を見に行こう!

山道を、落ち葉の上を、ワイルドに走ろう!

絶景の場所で、美味いコーヒーを飲もう!

あなたの秋を、愉快にさせます。

 

GT トラフィックコンプ(2020 NEWモデル)

販売価格:54.800円

 

~~~ 臨時休業のお知らせ ~~~~

9月18日(水) 講習会の為、お休みします。

BMX

今日は、BMXの紹介です。

マングース: フラクション 

フル・クロモリフレームを採用した超軽量、最上級BMXだぞ。

オレンジ色のホイールが、カッコイイ~!

細部にこだわりを持つ

さすが、チームマングース仕様のBMX。ハブも違います!

部品点数を減らし、「少しでも軽く」を実現しているのだ。

取り付けや、調整方法が、他車と異なる為、

少々”専門の知識とコツ”が必要ですが、

回転部の性能は、特級です! 「うん、これは凄い!」

軽量で、回転部が凄いのだから、走りも滑らかで速いのだ。

ストリート・フリースタイル部門、最上級の魂を、ご体感下さい。

マングース フラクション 販売価格:80.000円

 

GT: スラマー

リーズナブルな、フラットランドのフリースタイルモデル。

紫色のフレームに、グレーのタイヤがクールです!

ハンドルが、グルグル回せる”ジャイロ・システム”がつく。

(当時、このハンドルが回るBMXに、どんなに憧れたか…。)

宙に浮いた瞬間に、「クルりんぱっ!」が出来たらカッコイイね!

まあ~、そこまで、派手なアクションは出来ないかもしれないが、

体重を後に移し、前輪部を抜重(重さを完全に抜くこと)が出来れば、

半回転や一回転ほどは、誰でも簡単に出来ちゃうのだ。

①速度は、2~3K/mh以下

②頭を後方へ30センチ動かす。※(ここで抜重作用が起こる。)

③その瞬間ハンドルを「シュル」っと回す。

④「おお~!やったぜ!\(^o^)/」となり、友人に自慢が出来る。

ね。簡単そうでしょ!?

アクロバティックな走りをしてみたい人に、お薦めしたいBMXです!

GT スラマー 39.800円

 

PREMIUM INSPIRD(インスパイアド)

フレームのグリーン色に、ブラウンパーツが良く似合う!

3ピースクランクを採用(右クランク+BBシャフト+左クランク)

Rハブに使われているベアリングは、カップ&コーン式を採用。

シャフトは、極太のφ14mmで、強度は抜群だぞ。

これから、BMXを始めたい方には、

ルックス、性能、価格とも、文句無しの一台です。

インスパイアド 販売価格:42.000円

 

最近、BMXは、ジワリジワリと、人気が出て来ています。

ロードレーサーや、MTBとは異なり、

長い時間や距離を走る事には、向かない自転車ですし、

作り込みも、「いかにもアメリカン」な感じ?が、強く、

販売店や、メカニックの腕が左右される製品でもありますが、

単純に”遊ぶこと”を凝縮したマシンの魅力は大きいです。

残念ながらBMXを、BMXとして乗り込む事は、

コースや、パークの有無などの関係で、環境上(事実上?)、

なかなか難しいのですが、

BMXを、粋な街乗りバイクとして乗る事は、

実に愉快でオモシロいのですし、私はそこを提案したいと思います。

もしもあの、BMX独自のポジションでは疲れてしまうならば、

イスを上げて、ソフトな物に交換すれば、快適です・・・。

 

以前もお話をしましたが、

専用コースじゃなくても、専用パークじゃなくても、

想像で、いやそれ以上で、遊べば(走れば)良いのですし、

逆に、「距離が走れないBMX」ならば、「家の周りで走る専用機」として、

帰宅後の短時間に、「凝縮したライドが可能」な訳です。

 

本場や、本来のBMXの在り方と比べれば、

私の語りは、少々無理や、難癖が付きそうですが、

遊び方は、自由であって良いのです。

秋の夜長を、BMXで楽しみましょう・・・。

秋の気配

すっかり、御無沙汰しております。皆様お元気ですか?

気が付けば、暦の上では夏は終わり、夕暮れ時間も早くなりました。

秋、ですね・・・。

季節を感じる花・・・

コスモスを見ると、心が穏やかになります。

私には、”優しい花”というイメージがあり、秋を代表する”名詞”です。

栗の木です・・・。良く見ると~

実が付いていますね。(*^_^*)

まだ緑色ですが、あっという間に、茶色になるのでしょう~。

見渡せば、どんどん秋が近付いているようです・・・。

ぜひ、季節の変化を探しに、出かけましょう!

あなただけの時間と景色を、楽しんで下さい。(^-^)

シマノ・バイカーズ

皆様、こんにちは。

お盆も過ぎ、朝晩は秋風を感じるように? なりましたね。

皆様、お元気でしょうか?暑さも、もう少しの辛抱です。

残暑の季節を元気に過ごして参りましょう~!

 

さて、大変遅ればせながら、

7月末に行われた、シマノバイカーズに参加された皆様方。

お疲れ様でした。

あいにくの悪天候で激しい雨。滑り易い路面で、大変でしたね・・・。

それでも、参加者の皆さんは、泥んこになって、頑張りましたよ。\(^o^)/

大雨の中、交代しながら、ゴールを目指した、エンデューロ・・・。

コースは雨水に侵され、水たまりも多く、林の中はグチャグチャで、

「滑らないように、転ばないように…」と、

ずっと集中をし続けた結果、体が固くなり、(頭も痛くなり)

さらに泥の重さで、脚と体力の疲労も、想像以上であった事を報告します。

出走者を交代しながら走る競技の場合、

待機時には、濡れた身体の体温低下にも気を配らなければいけません。

真夏のレースとは言え、なかなか過酷なものとなってしまいました。(+_+)

”ピットの風景”


翌日の日曜日は、天候は回復し、夏の青空になりましたが、

降り続いた雨の為、土がさらに重い粘土状態となり、大変な状況でした。

ドロッドロで走り難いし、「ベストな走行ラインなんて、どこなの?」

などと、上手く走れない言い訳を、いつでも探している私でした。(>_<)

 

店長は、今回3つの種目に参加。

なんと、コースアウト&転落して、安全ネットに宙づりになるというハプニングも・・・。(^_^;)

(クモの巣に掛かった蝶の気持ちが解りました・・・。)

どんな悪天候でも、悪路であっても、条件は、参加者みんな同じです。

早い選手は、早いし、そうじゃない人は、やはり・・・ですが、(^_^;)

結果や順位はともかく、ゴールラインを抜け、

完走したライダーの満足そうな顔は、最高なのです。

友人と一緒に、ゴールラインを目指すこと・・・。

夜は、テントの下で、酒を酌み交わし、語らうこと・・・。

他の参加者の姿を見て、己を反省したり、奮い立てられたり・・・。

などなど、いろいろと、思うことは沢山ありますが、

なんだかんだ言っても、

仲間と一緒に走る(居る・集う)事は、最も楽しいのでありますし、

それが参加する、最大の理由です。(^-^)

今年も、大きなアクシデントも無く、レースを終了する事が出来たことは、

大変良かったと思います。

この大会を運営していただいた方々、スタッフの皆様方、有難うございました。

来年もまた、一緒に出場しましょう!

 

さて・・・、

私はこうして、年に一度だけ、レースイベントに参加しているのですが、

「速さの追求」に身を置ける事は、とても有意義だと思っています。

もちろん、私自身が「そういうことが好き」が一番なのですが、

特に、ショップとしての立場で言うのであれば、

完走できる機材(マシン)とセッティング(メカニックの技術)の感覚は高まるし、目も頭も養えるし、

また、「これからイベントに参加してみたい~」というビギナーの方にも、

「大丈夫だよ。安心して!」と堂々と、的確なアドバイスが出来ると、思っています。

もちろん、本業である「自転車を販売する」上でも、

「MTBには何が大切で、何が必要か?」など、説明もきちんと出来るし、

金額にかかわらず、たとえ安価でも、「きちんとした物とはこれです!」と言い切れますからね。

早く、ラクに、快適に・・・という基本を、多くの皆様に提供出来ると自負しております。

もちろん、私(店長)に出来ることなど、わずかではありますが、

”街の自転車屋”として、「愉しみの応援」は、

全国の有名プロショップと、肩を並べていると思っています・・・。

 

「キーワードは、きちんと」

いやいや、「僕はレースをやる訳じゃないから・・・」という言葉が聞こえてきそうですが、

もちろん、私も、レースだけが全てだと思っていません。(キッパリ)

ただ、そこに身を置く事により、見えてくる物がある とお伝えしたいのです。

”高額で高級品が本物”という安易な価値感では無く、

”きちんと稼動する機械”こそが、評価されるべきだと考えます。

「ゴールラインを越えること。」・・・この意味するものとは、

「あなたとマシンが、きちんとしていました。やったネ!」だと思う

だからこそ、日々のトレーニングも、機材の調整も、

手抜きだらけの適当”でいいはずがありません。

美味しいゴールラインを味わう為には、この辺りの思いを、

大きくする必要がありそうです・・・。

レースに限らず、日常の通勤や通学、サイクリング、買い物・・・etc。

それだって、安全に帰宅する=(ゴールする)とも言えますものね。

 

”愛の自転車伝道師” タカヤマサイクル店長:高山真