メンテナンス

お久しぶりでございます。皆様、お元気ですか?

店長は元気です。間もなく”春の忙しさ”も落ち着きますので、

また、頻繁に更新していきたいと思います。

ぜひ、お付き合いくださいませ。

さて、

世の中、何とも聞き苦しく、また重苦しい話題が重なり、気分が滅入りますね…。

先日、「こういう時こそ、全ての事柄から目を背けず、考える事が大切なのだ。」と、偉い先生が語っておられました。

うん。正論ですね。…しかし、全部に気持ちを乗せていたら、とても辛くなってきます。

「見て・聞いて・判断して…。」その結果、「背負い・抱えられるものだけ」を自分の課題とすれば良いと、私は思います。

「はあ~?”現実逃避”ですか!?」と指されそうだが、そうじゃない。

何でも拡げ、食い散らかし、後味が悪い結果になる事って多々あるものです…。

一個人では、出来る事は限られます。

だからこそ、見つけた正しさ(正直さ)を持ち、背筋をビシっとさせ、踏ん張るのです…。

同士の皆様、共に歩んでまいりましょう~。

脳内BGM♪ 日曜日よりの使者

さて、今日の話題はこちら。”メンテナンス”

自転車のヘッドパーツ部分です。大変なことになっておりますね。

サビて張り付き、外れません…。

何とか外すことに成功。でもひどい状態です…。

うおおおおお。(-_-;) サビサビだ…。

この原因は”汗”💦。額から流れ落ちた汗の塩分が悪戯したというわけ。

うん。良いね。一生懸命乗ったからこその結果が、これだ。(*^^)v

これは仕方がないというか、乗れば当然の汚れであり、勲章だ

アチャチャ~😵 なにこれ!?

 

全て交換して、リフレッシュ!

ヘッドパーツ(ベアリング)は消耗品です。(^_-)-☆

定期的なメンテナンスをして、快適なサイクリングを楽しみましょう!

 

ゴールデンウイークのお知らせ。

GW中はず~っと営業しております。ぜひご利用くださいませ。

※(5月9日(月)まで無休です。)(*^^)v

 

メンテナンス

気が付けば、3月も終わりますね…。

進学、就職される方々は、新生活に向けて、何かと忙しいと思われます。

気分を新たに、また想いを切り替えて、青春を謳歌して下さいね。!(^^)!

皆様の明るい未来を、応援いたします。📯

さて、

今日は、自転車のメンテナンスの話です。

ハンドルが「♪ゴリゴリ…」するので分解してみると~~。

ベアリングがサビて、壊れておりました。(-_-;)

バラバラです…。ンっ?アレレ??本来あるはずの部品が足りません。

あちゃ~。このカップの内側に、錆びて張り付いておりました…。

このパーツは、構造的には、ワン(フレーム)にはまっているだけで、

普通は簡単にポロんと外れるのだが…これが取れなくて(外れなくて)、本当に困った。(>_<)

サビって、怖いんです。

アイデアと必殺技で、何とか、外すことに成功。(*^^)v

内部を処理し、新品のベアリングに入れ替えて、作業終了~!

 

さて、内部のサビた自転車を見ると(診ると)、私(店長)は嬉しくなります。

特にハンドル部分は、「一生懸命使った証」です。

ユーザー様の汗💦で、腐食するほど使っているんですから、

自転車も、喜んでいると思いますよ!(^_-)-☆💖

回転部が摩耗している…。ブレーキゴムが減っている…。

チェーンが伸びて(摩耗)している…。ギヤの歯が削れて細くなっている…。

ホイール(リム)の横が凹むほど、使っている…。などなど、

それらはどれも、一生懸命乗ったからこそ起きる、当然の現象です。(^_-)-☆

心底、自分を褒めてあげて下さいね。

皆様はライダーです。機材のことなど気にせず、ガンガン乗って下さい。

私はメカニック。皆様のバイクドクターです。メンテナンスも様々な問題も、解決いたします。

何かあれば、ご相談くださいませ。

全力で不安から安心にチェンジいたします。(^_-)-☆

 

~~ お知らせ ~~~~~

営業時間が変わりました。

8:00~20:00です。(夏時間)

ご利用お待ちしております。

細かくチェック!

大切な愛車。普段から、綺麗にしていても、奥の奥までは手が届かないものです。

マウンテンバイクの関節部。外してみると~

土が入っておりますね…。

触ってみると、「♪ゴリッ、ゴリッ」として、綺麗に回転しません。

全ての関節を外して、確認をします。(^_-)-☆

ここも、滑らかな回転はしておりません。

でも、逆側は、全く問題ないので~す♪

という事で、こちら側だけ交換します。

リンク部にあるベアリングもチェック&チェック!

まだ使用可能なものは、そのまま使い、

動きの悪いものは、全て交換しちゃいますっ!

リア・サスペンションの性能を100%発揮するために、

ここを見逃したり、交換を惜しんではいけません…。(‘_’)

「ベアリングが、なぜ傷むのか??」

関節部に使われているベアリングは、実は半回転ほどしか動いて(働いて)おりません。

つまり一部しか使われない為、回転にムラが生じ、摩耗し、その結果、傷み易くなります。

また、泥や水などの外的攻撃を受ける為、このようなトラブルは仕方がありませんね。

だって、荒野を走る⛰マウンテンバイク🚵ですから~( `ー´)ノ

思い切って交換するのも、オーナーの役目だと思います。(*^^)v

DISCブレーキのオイルも、ドロドロに変色してます。(-_-;)

新品(左)に比べると、こんな感じです。

定期的なメンテナンスをして、性能をキープしましょう~!

 

情熱のオーバーホール・レストア、随時受付中~!

バラし、洗浄、ケーブル交換、グリースアップ

作業工賃:25000円~。

サビて、汚れた自転車もピッカピカに生まれ変わります。

どうぞ、ご利用くださいませ。

うれしいな

年明け早々、新たな気分にもかかわらず、

🥶寒波…。⛄大雪…🤧流行り病…。心配な話題ばかりで切ないですね。

とはいえ、塞ぎ込んでも、悩んでも、私達(各自)に出来る事は限られます。

日常の、「ただそれだけ」を、嬉しく思い、ご一緒に進んで行きましょう~。

脳内BGM♪ 「うれしいな!」 ブラザーズ5

♬「~~嬉しいな。ずっと仲間で 行きましょう~」!(^^)!

さて、今日オーバーホール(修理)の話です。

左右対向ピストン機構の、オイル式DISCブレーキです。

走行中、「♪ヒュ~ン・ヒュ~ン」とイヤな音が出てしまうトラブル。

どうも、DISCパッドが、片側だけ干渉しているようです。

右側のピストンが多く出ているのが判りますか?

ブレーキレバーを握ると、右側だけは動きますが、左側は全く動きません。

トラブル=異音の原因は、ピストンの固着。(-_-;)

乗っていれば(使っていれば)こういう事も、あるものです。👍

オイルも、汚れてますね~。 使っている証拠です!👍

色の違いが分かります。(写真はシマノ純正・ミネラルオイル)

交換の周期は、各自の使い方、また機材により異なりますが、

「定期的な交換が必要」とだけ、覚えておいて下さい。

特に、マウンテンバイク。🚵

時々、すっごい色(ドロドロの灰色)になっているものもあります…(-_-;)

※(灰色は超危険信号ですぞ!)

心配だったり、迷ったら、ぜひご相談下さいませ。(^_-)-☆

オーバーホール・旧車レストア、随時受付中です。

※汚れたまま、お持ち込み下さいませ。

以前も、お話しましたが、

オーバーホールを依頼される場合、

時々、お客様が、気を利かせて「洗浄したり、きれいに磨いて」などしてから

お持ち込みいただく事がありますが、汚れたままで構いません。

私はぜんぜん、気にしませんし、そういうものだと思ってます。

「汚れたバイクを持ち込み、数日後には、奇麗になってリフレッシュされている。」

これが、”有料のメンテナンス”本来の目的であり、意味だと思います。

全国の、ショップによっては、

”奇麗にしてから持ち込むのがマナー”というケースもあると聞きますが、

タカヤマサイクルでは、全く問題ありません。(^_-)-☆

普段の使い方や、汚れ具合から見えるダメージポイントも解ります。

そんな事で、皆様、深く考えず、気楽にお持ち込み下さいませ。

ご依頼、お待ちしております。

 

メンテナンス

寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしですか?

店長は、年末年始の暴飲暴食で、体重+2kg。お腹ポチャポチャになってしまった。(-_-;)

皆様はどうですか? 寒い🥶と、ついつい運動不足になりがちです。

「では外に出て…」と言っても、”路面凍結”もござます。

だって、朝はマイナス8℃…。🥶🤧 (と言い訳ばかり…)

いいんです。(#^.^#) 無理をせず、出来る時に、身体を動かしますから~。

皆様も、ゆっくり進めて行くことを、お勧めします。

そんな事で(どんな事で?)、

店長は今日も、ローラー台にて、の~んびりペダルを漕いでます。

気分は、高原&故郷のわくわくサイクリング。

脳内BGM♪ カントリーロード byジョンデンバー

さて、本題です。

オフシーズンには、自転車のメンテナンスをしましょう!

これは「作業台の下」の写真です。水が落ちているのが判ります。

自転車を分解していたら、「ビショビショ~💦」と出て来ました。

この部分からです。MTBの回転部(BBが入る場所)。

内部にも水💦が見えますね…。

 

これはBBの内部に入れるカップ。濡れてます。

何度も言っておりますが、

使っている(乗り込んでいる)自転車には、水が入るものです。

だから、入った水は、取り除いてあげましょう~。

リアデイレーラー。中央部の”SLX”の部分には、秘密が隠されているのだ。

ここを外すと…。

「スタビライザー」という機構があるのだ。

最近のMTBディレーラーには、このような構造を持つものが多く、

ここに泥や水が入り込むと、動きが悪くなったりして大変な事になる。

※(過去の事例)内部でサビて、動かなくなる。(>_<)

こうなる前に、確認&メンテナンス作業をして、性能をキープしましょう!

おおっと、周囲には泥汚れがありますね。OK~!乗っている証拠です。(^_-)-☆

でも内部までは、汚れていないから、シール性能は問題ないね。👍

防水防塵対策がバッチリ施されているという証拠。さすがシマノ。

あなたの自転車は大丈夫かな?どうかな…?心配ですね。

オフシーズンには、愛車のメンテナンスをお忘れなく。

サビつき、傷む前に、対処しましょう!

 

オーバーホール。旧車レストア。随時受付中です。

サビて、汚れた自転車でも問題ナッシング~。

あなたの自転車(宝もの)をリフレッシュさせしましょう!

ぜひ、当店にご依頼くださいませ。(25.000円~)

「自転車の持つ性能を、最大に引き出す!」それが、タカヤマチューンです。

 

もう一つ、お話を。

トライアル自転車も、こっそり?と、扱ってございます。

興味のある方は、ご相談くださいませ。

BMXやトライアル車は、通常の作業技術と異なるため、

「誰から買うのか?」が、大きな勘所です…。

 

あなたの自転車生活をもっと華やかに。

タカヤマサイクル店長:高山真