タカヤマサイクルホームページ

良いぜっ!Eバイク。


E-BIKE(イーバイク)は、良い(いい)バイクだ!\(^o^)/

IMG_5863

今年、大きな話題である ”E-BIKE”。(電動補助モーター付きの自転車)

試乗していただいた方々から、「絶賛の声」をいただいております。

IMG_5860

まずは、この力強さに、誰もが驚かれ、さらに、”様々な可能性”を想像させるそうです。

そう!ポイントは、

   「可能性」…。

 

くれぐれも、ロードレーサーやクロスバイクのような、「軽快さ」はありません。

「ドカンドカン」とした、ヘビー&パワー・・・これが、”E-BIKE”

この、パワーを、ねじ伏せる度胸と冷静さ、テクニック&スキルを持つ、

ファイターやスポーツマンにこそ、相応しい乗り物である・・・。(`´)

 

さて、ここで・・・、

先程も、一部、期待を裏切るような表現をしていますが、

ロードレーサーのような、楽しみは、このEバイクにはありません。」(+_+)

IMG_5090

ロードレーサーは、速度20→30km/hの、

空気を斬り裂く加速や、巡行が愉しいのだが、

このEバイクは、15~20km/hの低速が、最もパワフルで楽しく愉快なのだ。

つ・ま・り、「低速走行こそ」が、似合っている。

押し出される力強さが、どこまでも連れていってくれるという安心感が、

低速ゆえに、ゆったり、どっしり 味わう事が出来るのだな。

だから、高速が得意なロードレーサー所有の友人と一緒に走っても、

お互いに、ぜんぜんオモシロくない訳です。(-_-;)

ここ、くれぐれも、ご注意ください。

 

古典的正統派として、自転車をスポーツとして語るなら、

やはり、往来の自転車の、「人力だけ」による実走こそ、表に出る魅力です。

「身体のきしみ、拭き出る汗、心臓の音、筋肉の悲鳴…」、など、

そこから得られる”達成感”こそが、まさに充実感であり、

自転車を、スポーツとして語りたくなる訳です・・・。(^_-)-☆うん。

そこを、十分理解していただいた上で、

今、この”Eバイク”のオモシロさと可能性を、

声を大にして贈りたいのです。

 

タカヤマサイクルは提案します。お伝えします。

「魔法のじゅうたんが、ここに在ります」

ぜひ、試乗して下さい。

”E-BIKE”から放たれる、あなたへのメッセージと可能性を受け取って下さい。

(激坂道+オン&オフ 試乗モデルコースございます)

リアルスポーツEバイクの醍醐味を、あなたも是非!